プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

16年四月ネット句会

こんにちは、さとうです。
遅くなってすみませんm(__)m
ネット句会を行います
自分の選んだ句以外から5句選んで
うち、一番いいと思った句の1句を特選として
特選のみ感想を述べてください

コメント欄に直接書き込んでください
5句全部感想書きたい人は
5句全部感想書いても構いません

締め切りは今月いっぱい、4月30日にします
締め切り後もコメントできるようにしてありますが
なるべく締め切りまでにコメントしてください

通りすがりの方の選句も大歓迎です!
一人でも多く選句してくれると嬉しいです。
よろしくお願いします

春分の日に選びたる夫のシャツ
前髪を切りたがる子や初桜
小旅行河津桜と桜えび 
桃と黄のコントラストに春想う
春寒し前に進める色を着る 
花を待つ木星はまだ月のそば
窓を開け刺さる風かな春寒し 
腕時計どこかに落とし余寒かな 
人麻呂忌水底の恨みこれからも 
人見れば 春一番に 身は一つ 
埋もれ木の桜ひとひら雪に落つ 
居酒屋のメニューは変わる冴え返る 
カルピスを温めてみる余寒かな
春寒しはよ仕舞いたし厚き服 
桜木の中に満ちている桜 
洗剤はミントの香り春めきぬ
春ショール鶴光のする浮気論  
二羽合わせ四十四(よよし)と囀る鳥の声 
春分も過ぎて辺りは暗くなる 
水の色鯉より深き余寒かな
僻地行くバス発車せり冴え返る 
桜追い水筒を空にして歩く 
囀りとつつく米つぶ絵におさめ 
囀りを集めて次の稚児世話に 
病院へ今年は行かぬ桜道 
亀鳴くや結婚記念日訪れる 
死に場所の桜求めて吉野山 
擦り切れた詩情の在り処桜餅
君居るや桜散る道土の下 
春寒しはよ仕舞いたし厚き服 
桜木の中に満ちている桜 
春寒し前に進める色を着る 
梅の香も知らずに猫はうずくまる 
地球儀の剥がれさうなりさへづれり 
囀りやおんなの騎手にひとだかり 
ふくらんだ蕾も縮む余寒かな
サンダルの履き違いある花見かな
囀りの中なる午後の駅舎かな
囀りが目覚まし時計日曜日 
囀りをカーテンの外あまた聞く 
役所行く道まっすぐや四月馬鹿 
落第か迷子になりし娘得る 
囀りや今静かなる洗濯機 
ホルマリンに揺るるものあり花の雨 
駆け出でて神隠しの子桜狩
風船と戯れ廻る娘声 
桜追い水筒を空にして歩く 
囀りをカーテンの外あまた聞く 
さへづりやクレパスは色移しあふ
花冷えや母の謝罪に妥協案 
スポンサーサイト

<< 2016年6月浮間船渡吟行 | ホーム | 16年四月ネット句会作者名発表 >>


コメント

ネット句会選句

いろいろ重なって遅くなってごめんなさいm(__)m
さとう選

特選
春分の日に選びたる夫のシャツ
季語の選択がいいですね
仲の良い夫婦なんだなぁと想像させる句

腕時計どこかに落とし余寒かな
心は寒いでしょうが、
とんでもないことをしてしまった後にふと季節を感じることありますね

亀鳴くや結婚記念日訪れる
亀鳴くという実際にはないことと結婚記念日
日々生活が大変で結婚記念日もその中の一日なのかと想像しました

囀りの中なる午後の駅舎かな
本当は急いでいたり列車遅れたりしているかもしれませんが
駅舎が囀りの中にあってそこに自分もいる・・・いいですね

囀りをカーテンの外あまた聞く
作者は体調崩して寝ているのか?
それでも聞こえ来る囀り・・・家と外の対比がいいですね

以上です
自分は5句全部鑑賞しましたが
特選句のみ鑑賞でもいいですよ
皆さんの選句お待ちしてます

特選
さへづりやクレパスは色移しあふ
新鮮な表現だと思いました。

春分の日に選びたる夫のシャツ

埋もれ木の桜ひとひら雪に落つ 

梅の香も知らずに猫はうずくまる 

囀りやおんなの騎手にひとだかり 
 

ネット句会選句

  特選 擦り切れた詩情の在り処桜餅

     普段の生活に追われ詩嚢も枯れているところに桜餅に
     一息ついて自分をやや取り戻しているような。


     カルピスを温めてみる余寒かな

     水の色鯉より深き余寒かな

     囀りや今静かなる洗濯機

     さへづりやクレパスは色移しあふ

謹んで選句いたします

特選◎桜木の中に満ちている桜 
枝の下へ入れば、桜は幹から枝から押し出すようにあふれ咲いている。外から何となく見れば単なる満開であるが、桜の懐に入って、桜の見事な生命力を読者に再現させてくれます。素晴らしい!

前髪を切りたがる子や初桜
おしゃまさんですね。ちょっとしたこどものお洒落心に初桜の季語がよく合います。

桜追い水筒を空にして歩く 
桜狩ですね。良いお天気だったのでしょう。空にしたという言葉で無心に楽しんだことが伝わります。

病院へ今年は行かぬ桜道 
いつも病院へ通う途中で見ていた桜。今年はただ眺めることが出来ます。回復されたと読みたいですね。

役所行く道まっすぐや四月馬鹿 
役所へ行く用事は面白いものではない、道もただまっすぐで、こうまでくそ真面目だと何となく馬鹿馬鹿しい気分でもありますね。

今回はまたレベルが上がってきた気がします。選評も楽しく書かせて頂きました。ありがとうございます。

4月ネット句会選句

特選 囀りをカーテンの外あまた聞く

   鳥の囀りで目をさましたところ、その囀りが少しにぎやかで  かえって穏やかな朝を実感したということでしょう。「あまた」が効いています。

   前髪を切りたがる子や初桜
   水の色鯉より深き余寒かな
   桜追い水筒を空にして歩く
   春寒しはよ仕舞いたし厚き服

特選
囀りの中なる午後の駅舎かな
囀りと駅舎がとてもマッチしている句。のどかな情景が思い浮かびました。
駅のホームはいつもうるさいですが、駅舎だとまた違った趣がありますね。


擦り切れた詩情の在り処桜餅
桜餅のべとべとした質感と、あり処の組み合わせが面白いと思います。


さへづりやクレパスは色移しあふ
色が溶け合う様が、さへずりと重なりました。

梅の香も知らずに猫はうずくまる 
梅の香に出会えた嬉しさ、貴重さを、猫が落ちを付けてくれたほんわりした句です。

病院へ今年は行かぬ桜道 
桜道。人はふと何かを思い、そしてある人は強い意思をもったりしますね。

サンダルの履き違いある花見かな
花見のにぎやかな様がサンダルに集約された句です。

いつもありがとうございます。

選句します。
特選 春寒し前に進める色を着る

春はまだ寒い。でも思い切って新しい気持ちで進める色の服をきるということでしょうか。「前に進める色」がいいです。

ほかの4句
水の色鯉より深き余寒かな
 水の色が深いとぞくっとしたりしますね。
亀鳴くや結婚記念日訪れる
 亀はあまり泣かないですね。珍しく結婚記念日を思い出したということでしょうか。
囀りの中なる午後の駅舎かな
 これは情景が浮かんでいいと思いました。
死に場所の桜求めて吉野山
 ちょっと思いつめた句です。でもこの世で最後に見ておきたい桜ということでしょうか。吉野山の桜は見事ですね。

先日、小石川後楽園の吟行に参加させていただきました。
松澤と申します。みなさまどうもありがとうございました。
僭越ながら選句させていただきます。

特選
花を待つ木星はまだ月のそば
時間の経過、季節の移ろいを天体で表現されているところに惹かれました。

人見れば 春一番に 身は一つ

埋もれ木の桜ひとひら雪に落つ

梅の香も知らずに猫はうずくまる 

サンダルの履き違いある花見かな

4月ネット句会選句

またまた通りすがりで失礼します。
他の方のコメントを見ていると、私の鑑賞はまだまだ直接的過ぎるのかな?とも思ったり。

病院へ今年は行かぬ桜道 
・想像の余地が多く楽しいと感じました

前髪を切りたがる子や初桜
桜追い水筒を空にして歩く 
囀りの中なる午後の駅舎かな
駆け出でて神隠しの子桜狩

四十四とか詩情も気になりましたが、私の鑑賞力が足りず…

遅くなってすみません

特選○水の色鯉より深き余寒かな
観察眼とはこういうことを言うやだなというお手本のような句だと感じました。
鯉ではなく水を見ているというのも面白いと思います。

○梅の香も知らずに猫はうずくまる 

○囀りや今静かなる洗濯機 

○ホルマリンに揺るるものあり花の雨 

○さへづりやクレパスは色移しあふ

次点(力作揃いで結構迷いました
サンダルの履き違いある花見かな
囀りの中なる午後の駅舎かな
役所行く道まっすぐや四月馬鹿

通りすがりで選句させていただきます。

特選 さへづりやクレパスは色移しあふ
   明るい季語に、内容がぴったりだと思います。

   前髪を切りたがる子や初桜
   春寒し前に進める色を着る
   ホルマリンに揺るるものあり花の雨
   囀りの中なる午後の駅舎かな

楽しませていただきました。ありがとうございました。

選句ありがとう

みんな選句ありがとう。
GW中にはアップするんで
ちょっと待ってくたさいねm(_ _)m

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP