プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16年四月ネット句会作者名発表

ネット句会への選句ありがとうございました
作者名を発表します

春分の日に選びたる夫のシャツ 村蛙
前髪を切りたがる子や初桜 ゆうこ
小旅行河津桜と桜えび 彩
桃と黄のコントラストに春想う 彩
春寒し前に進める色を着る ユッコ
花を待つ木星はまだ月のそば 村蛙
窓を開け刺さる風かな春寒し 彩
腕時計どこかに落とし余寒かな ゆうこ
人麻呂忌水底の恨みこれからも 兎
人見れば 春一番に 身は一つ 蛙
埋もれ木の桜ひとひら雪に落つ 兎
居酒屋のメニューは変わる冴え返る さとう
カルピスを温めてみる余寒かな 村蛙
春寒しはよ仕舞いたし厚き服 ユッコ
桜木の中に満ちている桜 ユッコ
洗剤はミントの香り春めきぬ ゆうこ
春ショール鶴光のする浮気論  村蛙
二羽合わせ四十四(よよし)と囀る鳥の声 兎
春分も過ぎて辺りは暗くなる 蛙
水の色鯉より深き余寒かな やまねぇ
僻地行くバス発車せり冴え返る さとう
桜追い水筒を空にして歩く ユッコ
囀りとつつく米つぶ絵におさめ 彩
囀りを集めて次の稚児世話に たかゆき
病院へ今年は行かぬ桜道 蛙
亀鳴くや結婚記念日訪れる たかゆき
死に場所の桜求めて吉野山 兎
擦り切れた詩情の在り処桜餅 村蛙
君居るや 桜散る道 土の下 蛙
春寒しはよ仕舞いたし厚き服 ユッコ
桜木の中に満ちている桜 ユッコ
春寒し前に進める色を着る ユッコ
梅の香も知らずに猫はうずくまる 蛙
地球儀の剥がれさうなりさへづれり やまねぇ
囀りやおんなの騎手にひとだかり さとう
ふくらんだ蕾も縮む余寒かな 兎
サンダルの履き違いある花見かな ゆうこ
囀りの中なる午後の駅舎かな ゆうこ
囀りが目覚まし時計日曜日 彩
囀りをカーテンの外あまた聞く ユッコ
役所行く道まっすぐや四月馬鹿 さとう
落第か迷子になりし娘得る たかゆき
囀りや今静かなる洗濯機 たかゆき
ホルマリンに揺るるものあり花の雨 やまねぇ
駆け出でて神隠しの子桜狩 やまねぇ
風船と戯れ廻る娘声 たかゆき
桜追い水筒を空にして歩く ユッコ
囀りをカーテンの外あまた聞く ユッコ
さへづりやクレパスは色移しあふ やまねぇ
花冷えや母の謝罪に妥協案 さとう
スポンサーサイト

<< 16年四月ネット句会 | ホーム | 16年四月小石川後楽園吟行 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。