プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16年四月小石川後楽園吟行

こんにちは、さとうです。
アップが遅くなってしまいごめんなさい
4月の吟行の選句結果をここに記します

2016年4月3日小石川後楽園吟行
参加:村蛙、兎、蛙、彩、楽喜、まつざわ、さとう

村蛙
カフェオレを片手にふらり花見とす ○さ
春の鯉貪欲なるは生きるため ○兎、彩
花巡りレフ板となる曇り空 蛙
各国の言葉飛び交う春うらら 有


押しかけて家の中から花見かな 蛙
風流の初めのはじめ田の返し ま、村
春(はる)の湖(うみ)突き出す水戸の一つ松 さ
桜花枝垂れて地への恵みかな 楽


雨上がり次第に温む春の息 兎、村
水に映え苔に花咲く山桜 彩、楽

大平彩
名を知らぬ小さき赤に風が吹く 兎
新緑や時の流れか幹太し ま、さ、楽
雨上がり花の薄紅絵の如し ○楽、ま
名を知らぬ小さき赤に風が吹く ま、楽

楽喜
ドーンと建つ東京ドーム桜かな ○彩

まつざわ
靴の音(ね)に帚(ははき)混じりし花の塵 兎、蛙、村
春雨に鏡曇りし大泉水 蛙、村、さ

さとう
人嫌う道のありけり春の泥 ○村○蛙、○松、兎
韓国語らしき言語に桜かな 彩
ビルあって人集
スポンサーサイト

<< 16年四月ネット句会作者名発表 | ホーム | 12月ネット句会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。