プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15年4月向島百花園吟行選句結果

むつきの会15年4月向島百花園吟行
参加者 村蛙、蛙、兎、ひで、さとう

村蛙
鳥の目に目蓋のなくて春うらら ○兎
路地からのスカイツリーや花(はな)馬酔木(あしび) さ、蛙、兎
草笛を並んで吹きし老夫婦 蛙、ひ
一口に緑と言へど物芽かな 蛙


まだ散らず釣瓶の先の花うこん ○村、ひ、兎
山吹に巡り飛び交う蝶のはな ひ
黄てんてん一片添える八重桜 兎
頑に身を閉じ肥ゆる松の花 村
おずおずと頭見せるや昼の筍(たけ) ひ


タンポポは吾妻男ぞぴんと立つ ○さ、村
山吹の後光いただく忍塚○蛙
虫のせて何処へ流れる花(はな)筏(いかだ) ○ひ さ、蛙
君がため摘んでやりたし桜草 さ

ひで
さえずりにお里の野山想いけり さ

さとう
息の間に少し音して草の笛 村
春風や手の歳時記のたなびいて 村、兎
スポンサーサイト

<< 6月ネット句会選句結果 | ホーム | 2014年11月定例句会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。