プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年8月ネット句会選句結果発表

ネット句会への選句ありがとうございました
作者名を発表します
各自、自分の選んだ句の作者は誰か確認しておいてくださいね。

ナイターの女神はみんな赤きシャツ 村蛙
スヌーピーなき子供らの夏休み ぼぶ
川の字も崩れがちなり熱帯夜 彩
録音の笑いのテレビ熱帯夜 さとう
足裏に米粒刺さる熱帯夜  ゆうこ
西瓜食い種を飛ばして遊ぶ子ら マウス
汗涙ひとの成分熱帯夜 村蛙
均等の魔法や妻は西瓜切る ぼぶ
差し入れのスイカ味わう暇もなく ゆうこ
八月の水中回廊くぐりをり 村蛙
冷奴手抜き料理も幾日か あさこ
ナイターになって戸惑う球児たち ユッコ
ぬか漬の色よく夫はナイターに やまねぇ
冷や汗もたとえば闇夜の胆試 蛙
熱帯夜君の口癖思い出す ゆうこ
お裾分け西瓜の行ったり来たりして マウス
えいやっとスイカ丸ごと買う勇気 ユッコ
夜更けまで続くカラオケ熱帯夜 たかゆき
日の際へ西瓜の種を飛ばしけり 村蛙
絞りたき子の紙おむつ熱帯夜 たかゆき
ナイターのカクテル光線万華鏡 ユッコ
夕立ちて静かに暮るる生活(くらし)なり 原
遠き日の従兄弟と分けり西瓜かな あさこ
自動ドア開くたび聞こゆ蝉の声 ゆうこ
脇役の減るたび目覚め熱帯夜 やまねぇ
子らのなき校舎の蝉や夏休み 原
取りに来てお鍋のスイカ五時にまで ゆうこ
女子のなかひとり男性スイカ割り さとう
漸くに試験終えたり赤西瓜 たかゆき
詰め筋に西瓜の種や日曜版 やまねぇ
貫禄の米寿の女人(にょにん)風炉点前 あさこ
星合うて恋は次元の狭間かな 村蛙
扇風機首振り子守りの熱帯夜 原
ipad見ては片手に西瓜もつ たかゆき
妻の愚痴さえも無くなる熱帯夜 マウス
ナイターの売り子走りも終盤に マウス
子らの声町より消えて夏往きぬ 原
爪を切るときは真顔の夏の夜 さとう
夏だからスイカの味のグミを買う ユッコ
君と観る恋心抱く花火かな あさこ
夢の中ダイブしまくる熱帯夜 マウス
嵐去り女房帰還の初夏の朝 蛙
ナイターや親子ではしゃぐツーアウト 彩
熱帯夜叶わぬことの夢を見る ユッコ
白靴や初恋いつも汚れなし ぼぶ
スイカ割りレジャーシートの落とし穴 彩
よっこらしょ坂越え下る夏の風 蛙
妻帰る尾を立てあと追う猫二匹 蛙
引退の野球部員や虹かかる ぼぶ
網戸よりナイター聴こゆる故郷(さと)の夜 原
船橋屋舌にはかなしかき氷 あさこ
初ナイターブルーの歓声目を丸く 彩
種飛ばす子等は翌年願いけり 彩
さる人と夕立の傘初対面 蛙
初夏や活字を追へる虫のあり ぼぶ
一歩目で笑う奴いてスイカ割り さとう
靴下の跡の痛みや髪洗う さとう
ナイターとクラビノーバ競演す たかゆき
熱帯夜目鼻鏡に忘れこし やまねぇ
ストロマトライトの海や西瓜冷ゆ やまねぇ
スポンサーサイト

<< 14年8月ネット句会 | ホーム | 6月芝離宮吟行選句結果 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。