プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月ネット句会

こんにちは、むつきの会ブログ管理人のさとうです。
ネット句会を行います。

選句のやりかたとしては
うちの会員の作った俳句が
誰が作った俳句かわからないよう無記名で
リストに並んでます。

リストを見て、いいと思った句を5句選んで
このブログのコメント欄に直接書き込んでください。
投句した方は自分の作品は絶対に選ばないでください。

その中で一番いいと思った句を特選句として
特選句のみその句を何故選んだか、どこがいいと思ったか感想を書いてください。

あとの4句はその句のみ書いてください。
ですが、全部の句を感想を書きたかったら書いてもかまいません。

パソコンでこのページを見ている方は
気に入った句をコピー&ペーストするとやりやすいと思います。
携帯電話から見ている人は
メモ用紙を用意してメモして最後にコメント欄に書きこむのがいいと思います。

会員以外の方の書き込みも歓迎です。
気軽に選句してくれると嬉しいです。

締め切りは11月30日(土)です。
締めきり過ぎても選句は出来ますが
なるべく締め切りまでに選句してください。
締め切りが過ぎたらここで作者名を発表します
みなさんの選句をおまちしてます。

【俳句リスト】
新米を食し味わう心から
手土産の柿が集まる我が家かな 
ほどほどに紅葉賑わう山蘆かな 
山茶花の身を乗り出して蕾かな 
ふつふつと苦笑噛み殺す牡蠣フライ
閃いた俳句忘れて冬に入る 
冬蜜柑妻が欲せし数を買ふ 
定番のように編みたくなる毛糸 
ミニフィギュア賑わう居間の聖夜劇 
天高く永久に響かむレクイエム 
すす払い今年1年感謝する 
西友の灯せば灯る青リンゴ
見上げれば雲なき空に秋想う 
大盛りを好む女や冬隣 
バーベキュー滴り落ちる脂汗 
星の死を今知るごとく虫の闇
空の青透かす欅の冬近し 
リモコンを探す習慣冬隣 
フラッシュもゴールに集う運動会 
いつ来るの私のもとに春の日は 
白菜のとろけて冬の飯支度 
実を抱き風に揺れたる蕎麦の茎 
胴上げに一人涙の自棄ビール 
寒風に葉を赤らめた花水木 
ふくふくの橙野鳥の宴かな 
パンジーの色とりどりに凍てしかな
古(いにしえ)の魂秋思(しうし)国分寺 
仕事辞め毛糸編む君一日かな 
出遅れし初物秋刀魚骨残り 
クリスマスカードに見合う友の数 
遠き日の返事をしたる焚き火かな
菊見ると中学時代思い出す 
花梨の実母によしなしごとありや 
おおきいがちいさくみえて冬の空 
セロテープびういと伸ばし秋高し
子が泣いて叱る母店にポインセチア 
はらはらと涙のように桜散る 
人生に無駄使いあり木の葉髪 
枯葉舞う不在の人をまた思う 
スポンサーサイト

<< 3月有栖川宮記念公園吟行選句結果 | ホーム | 11月ネット句会作者名発表 >>


コメント

こんにちは、むつきの会管理人のさとうです。
ネット句会に投句してくれたみんなありがと。
いい句ばかりで迷いますが、以下の5句を選びます。

特選
定番のように編みたくなる毛糸
自分は男性だから判らないけど
定番、基本は大事。しかしそれじゃつまらない
平凡に作りたい気持ちを抑えつつ
毛糸編める時期になったことを喜んでいる様子が思い浮かぶ。

ふつふつと苦笑噛み殺す牡蠣フライ
私はカキフライ大嫌いです。それはさておき、
苦さとか嫌な人いると思うし苦笑いするような場にカキフライ
なんか微妙な雰囲気を想像して面白い句。

菊見ると中学時代思い出す
ああ、確かに可憐な女学生のイメージは菊かも。
イメージ的にすごく琴線にひっかかって好きです。

セロテープびういと伸ばし秋高し
びうい、がいいですね。子供の工作か何かを想像させる。
部屋の中で感じる秋。

ほどほどに紅葉賑わう山蘆かな
紅葉だらけだと逆に寂しくなってしまう。
凛としたたたずまいの山蘆を思い浮かべる。
ほどほどにの描写がいい。

以上です。
自分は全て鑑賞しましたが
特選句のみの鑑賞で構いません
みなさんの参加をお待ちしてます。

今回はしっとり感で選ばせていただきました。

特選
星の死を今知るごとく虫の闇

虫の闇が秋の季語。これまでお目にかかったことがなかったのですが、秋の闇の深さをより深く、情景的に詠んでいただきました。闇夜の虫という、音だけがたよりの生命の息吹。星の死と対比させたはかなさが、一層闇夜を広げてくれます。



遠き日の返事をしたる焚き火かな
共感ができる一句です。焚き火を見ていると、なぜか昔のことばかり心に浮かんできて、それがなぜか心残りの場面だったり、約束を守れなかった場面だったりするんですよね(苦笑)。

出遅れし初物秋刀魚骨残り 
「出遅れし初物」に勢いを感じる一句。待ってました!と食べてみたら、後は骨がだいぶ残ったという、秋らしい一コマ。

ふくふくの橙野鳥の宴かな 
宴ムードにふくふくの橙色が効いて、賑やかな感じが伝わってきました。


ミニフィギュア賑わう居間の聖夜劇 
聖夜劇としたところが捻りの一句。集ったフィギュアが劇を演じる、しかも聖夜に、というところがいいと思います。

いつもありがとうございます~
たかゆき


ネット句会選句

特選 手土産の柿が集まる我が家かな 
   
   きっと、友人の多い人なんでしょう。近くの親戚かも
   しれない。手土産が柿というのが気取りがなくていい
   ですね。〇〇さんは柿が好物だからちょっと持って行
   こうといった感じで貰っているうちに気が付いたら何
   個も柿が手元にたまっていたみたいな。晩秋のほのぼ
   の感が表現されているような。


   リモコンを探す習慣冬隣 


   パンジーの色とりどりに凍てしかな


   遠き日の返事をしたる焚き火かな

   
   セロテープびういと伸ばし秋高し

   私はこのコメント欄の入力の仕方がよく分からないので
コメントがぐちゃぐちゃになってるかもしれません。もしそうでしたら、すみません。
楽しんで選句させて頂きました。

◎手土産の柿が集まる我が家かな
柿は家庭的な果物ですね。柿が山となって中心に華やかに灯り、賑やかであたたかな団欒がみえて、うらやましいですね。


ほどほどに紅葉賑わう山蘆かな 
山蘆(俳人蛇笏の自宅)へ吟行へ行かれたのですね。見事な紅葉もよいけれど、風流人の庭ならほどほどがよい、ついでにいうなら人の出も。


ふつふつと苦笑噛み殺す牡蠣フライ
なんでしょうね。苦笑を押し殺すシーンなら、上司と定食でも召し上がっているのかしら、牡蠣フライって複雑な美味しさですよね。

冬蜜柑妻が欲せし数を買ふ
困りましたね、ミカンは一山とか一袋とかで買い求めますよね。奥様を愛していらっしゃるのですね、そういうことにしておきましょう。


仕事辞め毛糸編む君一日かな 
おめでたい退職か、嫌なことがあってやめたか色々想像しちゃいます。とりあえず一日家にいて僕の前で編み物をしている君は何を考えているのだろう。なんかドラマがありますね。


特選迷いました。五つに絞るのも苦しかったです。

選句いたします。

特選
白菜のとろけて冬の飯支度

冬はやはり白菜のお鍋ですね。
心身ともに温まる感じが良く出ていたと思います。



花梨の実母によしなしごとありや 

セロテープびういと伸ばし秋高し

西友の灯せば灯る青リンゴ

空の青透かす欅の冬近し

選句させて頂きました。良い句ばかりで、5句に絞るのば難しかったです。楽しませて頂き、有難う御座いました。

特選

人生に無駄使いあり木の葉髪

「木の葉髪」を「人生の無駄使い」に喩えているところが見事だと思いました。人生の中で何処となく感じる寂しさ、日頃、無駄にしている消費者の一人として、深く考えさせられました。リサイクル思考、やりくり上手に生活する訓練をしたくなりました。



手土産の柿が集まる我が家かな

今年は、柿の当たり年だったようですね。里帰り中、ほとんど毎日柿を食べていました。田舎のこともあって、近所から頂く柿のお裾分けが、レジ袋一杯の単位で、半端じゃない量でした。 

 
白菜のとろけて冬の飯支度

鍋の季節到来を感じました。鍋の中の白菜がほどよく煮えて、ふう~ふう~と口に頬張る食感が何ともいいですね。実家の家族と一緒に食べるすき焼き鍋は最高でした。やはり、冬は鍋料理!と実感しました。


遠き日の返事をしたる焚き火かな

焚き火をしていると遠い過去のことを思い出したりすることがあります。あの人は何をしているだろう、焼き芋の火加減はどんな感じだったかな、など。。焚き火には、色々な過去を思い出させてくれる魔法があるのかもしれません。


寒風に葉を赤らめた花水木

「葉を赤らめた」という表現が気に入りました。とても寒い一日だったのにも関わらず、澄んだ空気の中で、花と葉の色のコントラストが浮き立つ花水木を思い浮かべました。 


選句

選句いたします。選ぶの大変苦労しました。あえて下記の5句を選びました。
特選:遠き日の返事をしたる焚き火かな
焚火の火はそういえばいろいろ過去を思い出します。しみじみしていいですね。

他4句
白菜のとろけて冬の飯支度
ふつふつと苦笑噛み殺す牡蠣フライ
星の死を今知るごとく虫の闇
出遅れし初物秋刀魚骨残り

選句させて頂きます

特撰句
いつ来るの私のもとに春の日は

あまりにも切実でおかしみがあるのでこれにしました。

以下4句
新米を食し味わう心から
閃いた俳句忘れて冬に入る
白菜のとろけて冬の飯支度 
胴上げに一人涙の自棄ビール 

インターネット句会に、初めて参加させていただきました。5句選ぶのに、かなり苦戦しました。

特選

空の青透かす襷の冬近し
襷と言えば、箱根駅伝とすぐ浮かびました。今回もどんなドラマがあるのかが楽しみです。

他の4句

手土産の柿が集まる我が家かな 
寒風に葉を赤らめた花水木
おおきいがちいさくみえて冬の空
枯葉舞う不在の人をまた思う  
 
 



凍てついたパンジー

選句は悩みました。

特選

パンジーの色とりどりに凍てしかな

評:色とりどりのまま凍ててしまったパンジー。パンジーは寒さに比較的強い花で、土が凍っても平気で咲いています。色のまま凍てついてしまったパンジーの健気さがいたわしいです。

他四句

閃いた俳句忘れて冬に入る

冬蜜柑妻が欲せし数を買ふ

星の死を今知るごとく虫の闇

セロテープびういと伸ばし秋高し


セロテープの句も「びうい」がなかなか良かったです。

遅くなりました

今日で11月も終わりですね
1年の早さに驚いていますぅ
早速選句しますね

特選句
セロテープびういと伸ばし秋高し

ぴういがいいですねカタカナでなくひらがなのところが
何とも言えずいただきました

新米を食し味わう心から
新米って本当に美味しいんですよね心から味わう素敵ですね

閃いた俳句忘れて冬に入る
うんうんと頷ける句でした

バーベキュー滴り落ちる脂汗
男性が作られた句でしょうか暑い夏を思い出す句でした

白菜のとろけて冬の飯支度
これからの時期にぴったりの句ですね

皆さんありがとうございました選句とても楽しかったです




ネット句会選句

◎実を抱き風に揺れたる蕎麦の茎
一昨年大内宿へ行った時、宿場町に入る直前にあった蕎麦畑の風景を思い出しました。

フラッシュもゴールも集う運動会

白菜のとろけて冬の飯仕度

蛙選

みんなありがとう

ネット句会への参加ありがとう
下の記事に作者名をアップしました。
各自、自分の選んだ句が誰の作品か確認しておいてください。

今年の活動はこれで終了ですが
来年3月くらいになったら吟行を行います
みなさんよいお年を。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。