プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月ネット句会

こんにちは、むつきの会ブログ管理人のさとうです。
ネット句会を行います。

やりかたとしては
うちの会員の作った俳句がリストに並んでます。
リストを見て、いいと思った句を5句選んで
このブログのコメント欄に直接書き込んでください。
投句した方は自分以外の作品を選んでください。

その中で一番いいと思った句を特選句として
特選句のみその句を何故選んだか、どこがいいと思ったか感想を書いてください。

あとの4句はその句のみ書いてください。
あとの4句の感想を書きたかったら書いてもかまいません。

パソコンでこのページを見ている方は
気に入った句をコピー&ペーストするとやりやすいと思います。
携帯電話から見ている人は
メモ用紙を用意してメモして最後にコメント欄に書きこむのがいいと思います。

会員以外の方の書き込みも歓迎します。
気軽に選句してみてください。

締め切りは9月2日(日)です。
締め切りが過ぎたらここで作者名を発表します
みなさんの選句をおまちしてます。


赤黒の金魚抱えて終電車
醤油またしまい忘れる冷奴 
扇もて繁くあおぐもぬるき風 
見つめられ姿赤らむ金魚かな 
空色の日傘かざして白きシャツ 
分譲の住宅チラシ冷奴
お互いに扇を持ちしヘボ将棋 
いまは幸せと君にいいたい金魚かな 
帰るなりステテコ履いて冷奴 
柔道の礼を説くきみ冷奴 
寝技冴え金魚はゆうらり泳ぎいる
扇持つ姿も凛々しサラリーマン 
足指の一本ずつが笑う海 
食欲のなくて頼みの冷奴 
この街の水の味する冷奴 
ひすい色した池じゅうに金魚かな 
旗三本白も上がるる冷奴 
冷奴 塩ひとつまみネギはらり
お手伝い手より大きし豆腐かな 
扇子持ちはしゃぎ踊るや童たち 
冷奴大中小と切り分ける 
金メダル語りしわれら秋扇 
割れなくて等分に切るスイカ割り 
冷奴昼間の疲れ癒しけり 
BURBERRYをブルベリとよむ暑さかな 
日は西にいま合歓の花ほどきつつ 
朝に灯を消したる如き金魚ゐて 
黒服に握りしめたる扇子かな 
先人の扇あまたに学び小屋 
父に似て骨ばりし手や冷奴
絵はがきのきりん届いて夏の雲 
鉢の中 泳ぐ金魚に 涼感ず 
縁日の土産話の金魚すくい

9月8日追記
作者名を下記にアップします。
各自、自分が選んだ作品の作者が誰か確認しておいてくださいね。

 赤黒の金魚抱えて終電車 りこ
醤油またしまい忘れる冷奴 さとう
扇もて繁くあおぐもぬるき風 ひろの
見つめられ姿赤らむ金魚かな じゅんこ
空色の日傘かざして白きシャツ さとう
分譲の住宅チラシ冷奴 やまねぇ
お互いに扇を持ちしヘボ将棋 さとう
いまは幸せと君にいいたい金魚かな やまねぇ
帰るなりステテコ履いて 冷奴 ひろの
柔道の礼を説くきみ冷奴 たかゆき
寝技冴え金魚はゆうらり泳ぎいる たかゆき
扇持つ姿も凛々しサラリーマン じゅんこ
足指の一本ずつが笑う海 りこ
食欲のなくて頼みの冷奴 るん
この街の水の味する冷奴 りこ
ひすい色した池じゅうに金魚かな るん
旗三本白も上がるる冷奴 たかゆき
冷奴 塩ひとつまみネギはらり るん
お手伝い手より大きし豆腐かな じゅんこ
扇子持ちはしゃぎ踊るや童たち るん
冷奴大中小と切り分ける りこ
金メダル語りしわれら秋扇 たかゆき
割れなくて等分に切るスイカ割り さとう
冷奴昼間の疲れ癒しけり じゅんこ
BURBERRYをブルベリとよむ暑さかな さとう
日は西にいま合歓の花ほどきつつ やまねぇ
朝に灯を消したる如き金魚ゐて やまねぇ
黒服に握りしめたる扇子かな るん
先人の扇あまたに学び小屋 たかゆき
父に似て骨ばりし手や冷奴 やまねぇ
絵はがきのきりん届いて夏の雲 りこ
鉢の中 泳ぐ金魚に 涼感ず ひろの
縁日の土産話の金魚すくい じゅんこ



スポンサーサイト

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

<< 10月吟行のお知らせ | ホーム | 6月清水谷公園選句結果 >>


コメント

ネット句会選句

みなさんこんばんは、むつきの会管理人のさとうです。
いい句ばかりで迷いましたが、以下の5句を選びました。

特選
赤黒の金魚抱えて終電車
終電車だと、喜んでくれる子供は寝ているだろう
妻も寝ているだろうか?しかしそれを大事そうに抱える
家族思いの父の姿が思い浮かぶ

帰るなりステテコ履いて冷奴
男性の日常、男性にはふつーのことだけど
奥さんは冷奴を出しつつ、冷めた目で見ているリアル。

絵はがきのきりん届いて夏の雲
やさしく包みこんでいるような情景がいいですね
絵はがきを出した人の人柄が伝わるようです。

扇子持ちはしゃぎ踊るや童たち
扇子は大人が持つもの、なんて先入観がありましたが
この句の明るい情景はいいですね。

分譲の住宅チラシ冷奴
冷奴ってゴミゴミした中で食べていたりします
分譲のチラシ、って片づけるのも面倒なんですよね。リアリティを感じます。

以上です。
私は5句全部感想を書きましたが
特選句のみでかまいませんよ
みなさんの選句をお待ちしてます。

この街の水の味する冷奴:伝わるものがあるなあと思いました。
扇持つ姿も凛々しサラリーマン
空色の日傘かざして白きシャツ 

選句

・扇持つ姿も凛々しサラリーマン
  街行くサラリーマン。汗をかきかき、扇子を扇ぎ、得意先を
  走り回る姿は戦士です。
 

 ・醤油またしまい忘れる冷奴
  
 ・この街の水の味する冷奴 

 ・冷奴昼間の疲れ癒しけり 

 ・赤黒の金魚抱えて終電車

選句ありがとうございます

氷子さんはじめまして
むつきの会管理人のさとうです。
選句ありがとうございます。

30代が中心の俳句会として活動してます
秋には都内で吟行を計画しています
お近くでしたら是非。

特選 お互いに扇を持ちしヘボ将棋 

お互いにヘボなくせに、男の見栄がぶつかり合う盤面。
テレビ番組の名人たちのように様になるはずもないが、
自分たちの打った駒一手一手に扇で思考を深める。
扇をだしたことで、いろいろな情景を想像させてくれる句。
ありがとうございます。


黒服に握りしめたる扇子かな 
黒服と扇子の対比が妙。どちらも声なきオブジェクトながら、
2つがより人物の印象を深めていると思います。


日は西にいま合歓の花ほどきつつ 
合歓(ネムノキ)とは、なかなか見慣れない花を詠んでくれました。
それだけでも○。いろいろ確執があって、いまようやくお互いに
分かり合える状況まできた、というふうに受け取りました。
合歓の木で調べたら、中国では夫婦円満の象徴とされていることらしいですね。
奥深い句です(笑)。

醤油またしまい忘れる冷奴
「あ~、またやってしまった」。こういった共感を冷奴で落ち着けた
句だと思います。日常生活のなかで思っていた感情をうまくまとめ上げた
句だと思います。
 
赤黒の金魚抱えて終電車
お祭の帰りでしょうか。満足して帰る華やかな光景が浮かんできました。



選句させて頂きます

・特選句
お互いに扇を持ちしヘボ将棋

句から想像される情報量が素晴らしく多い、いい句だと思いました。

以下、4句を選ばせて頂きました。

見つめられ姿赤らむ金魚かな
扇持つ姿も凛々しサラリーマン
割れなくて等分に切るスイカ割り 
BURBERRYをブルベリとよむ暑さかな 

よろしくお願いします

こんにちは。今回は激戦ですね。オリンピックがあったせいかな?


特選
絵はがきのきりん届いて夏の雲

きりんがひらがなのせいか、子供の絵に思えます。夏の雲をバックにハガキからにゅ~っとキリンが首を伸ばしてくる絵が見えてきて、とても楽しい御句でした。大好きです。


この街の水の味する冷奴

多くは井戸水などを使ってその土地ならではの水の味なんですね。馴染んで当たり前になってしまった我が町を再認識しようとする心優しい秀句と思います。


お手伝い手より大きし豆腐かな

豆腐はもしかして季語にはならないかもしれないけど、でもそれをぶっ飛ばしてかわいらしい。おとうさんに作ってあげる冷奴かな?小さな手に壊れそうなお豆腐が危なっかしい。


旗三本白も上がるる冷奴

オリンピックネタですね。なんだか意味がわからないところが面白い。まさか冷奴に旗立てたとも思えないし、家族で冷奴がいい!と旗が上がったわけでも…う~ん、このふにゃふにゃ感が冷奴。という訳で判定は覆りません。


赤黒の金魚抱えて終電車

赤黒がミソのような気がします。赤いだけの金魚なら幸せの象徴。ブチなのか、黒い金魚も混ざっているのかはわからないけど、終電車で少しだけ複雑なものを胸に抱えて疲れて帰る。でも金魚のせいか、それも人生、悪くはないかと思わせてくれます。深い!


皆様、ありがとうございました。選句は面白い。

遅くなりました

遅くなってすみません…
四年ぶりの新生児はやっぱり大変ですー
そんなこんなで選句
せていただきます

特選
お互いに扇を持ちしヘボ将棋
情景が浮かびますね子供の頃祖父が縁側で
将棋をしていた姿を思いだし懐かしくなりました

扇持て繁くあおぐもぬるき風
今年の夏は本当に暑くて、あおいでもあおいでも生ぬるーい風しかこないんですよね
納得の一句でした

食欲のなくて頼みの冷奴
この句もついうなずきたくなる一句でした
暑くてさっぱりしたものが食べたくなりますよね冷奴は栄養価も高いし我が家の食卓にもよく並びます

鉢の中泳ぐ金魚に涼感ず
金魚鉢って見ているだけで涼しくなるんですよね夏にしか出来ない一句だなと思いました

醤油またしまい忘れる冷奴
お醤油ってしまい忘れちゃうんですよねー
日常的な一句でほっこりしました

みなさんありがとうございました


選句

特選  赤黒の金魚抱えて終電車

    夏祭りの帰りでしょうか。遅くまで遊んでしまった
    はしゃいだ気持ちの余韻が、持ち帰る金魚に感じられ    ます。


   この街の水の味する冷奴


   醤油またしまい忘れる冷奴


   絵はがきのきりん届いて夏の雲 


   冷奴 塩ひとつまみネギはらり


   いい句が多くて、迷ってしまいました。

   冷奴の句が三句もあるのも、時節柄ですね。  

作者名アップ

投句や選句をしてくれた皆さま、ありがとうございました。
作者名をアップしました。

各自、自分の選んだ句の作者が誰か確認しておいてくださいね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。