プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月ネット句会

こんにちは、むつきの会ブログ管理人のさとうです。
ネット句会を行います。

やりかたとしては
うちの会員の作った俳句が40句並んでます。
リストを見て、いいと思った句を5句選んでコメント欄に書き込んでください。
投句した方は自分以外の作品を選んでください。
その中で一番いいと思った句を特選句として
特選句のみその句を何故選んだか、どこがいいと思ったか感想を書いてください。
あとの4句はその句のみ書いてください。
4句の感想を書きたかったら書いてもかまいません。

パソコンでこのページを見ている方は
気に入った句をコピー&ペーストするとやりやすいと思います。
携帯電話から見ている人は
メモ用紙を用意してメモして最後にコメント欄に書きこむのがいいと思います。

会員以外の方の書き込みも歓迎します。
選句するのも俳句の実力アップにつながりますよ。

締め切りは9月15日(木)です。
締め切りが過ぎたらその句の作者名を発表します。
気軽に書いてくれると嬉しいです。
皆さんの参加をお待ちしております。
また、9月11日(日)に都内で句会を行います。
5句持ち寄って行う会ですが、見学も歓迎です。
興味のある方はさとうameboss14@yahoo.co.jpまでメールください。



リスト
携帯も汗かき苛め虐められ 
紅きとて誘うつもりもない金魚
冷酒のラベル濡れゆく手酌かな 
柱時計しずまるまでの冷酒かな 
草むしり児らの成長祈るかな
家じゅうの切手集める暑さかな 
彼(か)の元へ路を照らして鬼灯よ 
宿題の朝顔並べ腹這ふ子 
虫の音や肌掴みとる熱風に   
意地張りて金魚掬いに加わらず
過去は過去割り切れぬこと冷し酒 
小さき靴入りまじりたる暑さかな 
扇風機文化も混ざる夜食会  
炎昼や餃子並べる店の奥 
角曲がるそこに広がる青田かな 
たれでせう薊の中を識る人は 
夏祭り宮殿下の屋台かな  
なめくぢら家などいらぬとつっぱって 
波音をアロハシャツより流しけり 
みぎひだりとしか言えないスイカ割り 
割り切れぬこと多かりし遠花火 
冷や酒や漂ふ香(こう)に頬染めて 
秋立つや故人の歌集開きゐし 
ざっくりと西瓜を切れば種こぼれ 
父の背に車のぼらせ夏座敷 
桶の中「休もう」ゆらりトマト呼ぶ 
暑き日の風に当たりて夜読書 
向日葵やトランクを引く人の群れ 
縁日を彩る無数の金魚かな 
平凡な日々の暮らしや韮の花 
スイカ割り犬が見ている走り出す 
余震来て金魚はなにを考える 
アイロンの底の光れる大暑かな
りんりんと暑きを癒す音色かな
摩天楼夜の屋台に光負け  
父からの電話待ちおり夜の秋 
金魚玉ゆく角ごとに揺れてをり
金魚提げふと見上げれば空に花 
冷酒の東北魂もらいけり 
滝壺の深き緑や溢れつつ

11.9.17追記
みんな、選句ありがとう。
作者名をアップします。
各自、自分の選んだ作品の作者が誰か、確認しておいてくださいね。


【作者名一覧】
携帯も汗かき苛め虐められ たかゆき
紅きとて誘うつもりもない金魚 さえこ
冷酒のラベル濡れゆく手酌かな さとう
柱時計しずまるまでの冷酒かな りこ
草むしり児らの成長祈るかな ケニー
家じゅうの切手集める暑さかな さとう
彼(か)の元へ路を照らして鬼灯よ さえこ
宿題の朝顔並べ腹這ふ子 りこ
虫の音や肌掴みとる熱風に   たかゆき
意地張りて金魚掬いに加わらず ゆうこ
過去は過去割り切れぬこと冷し酒 ゆきえ
小さき靴入りまじりたる暑さかな ケニー
扇風機文化も混ざる夜食会  たかゆき
炎昼や餃子並べる店の奥 りこ
角曲がるそこに広がる青田かな ゆうこ
たれでせう薊の中を識る人は さえこ
夏祭り宮殿下の屋台かな  たかゆき
なめくぢら家などいらぬとつっぱって さえこ
波音をアロハシャツより流しけり ケニー
みぎひだりとしか言えないスイカ割り さとう
割り切れぬこと多かりし遠花火 ゆきえ
冷や酒や漂ふ香(こう)に頬染めて じゅんこ
秋立つや故人の歌集開きゐし ゆきえ
ざっくりと西瓜を切れば種こぼれ ゆうこ
父の背に車のぼらせ夏座敷 りこ
桶の中「休もう」ゆらりトマト呼ぶ さえこ
暑き日の風に当たりて夜読書 じゅんこ
向日葵やトランクを引く人の群れ さとう
縁日を彩る無数の金魚かな じゅんこ
平凡な日々の暮らしや韮の花 ゆきえ
スイカ割り犬が見ている走り出す さとう
余震来て金魚はなにを考える ケニー
アイロンの底の光れる大暑かな ゆうこ
りんりんと暑きを癒す音色かな じゅんこ
摩天楼夜の屋台に光負け  たかゆき
父からの電話待ちおり夜の秋 ゆうこ
金魚玉ゆく角ごとに揺れてをり りこ
金魚提げふと見上げれば空に花 じゅんこ
冷酒の東北魂もらいけり ケニー
滝壺の深き緑や溢れつつ ゆきえ


スポンサーサイト

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

<< 9月定例句会選句結果 | ホーム | 白山神社吟行 >>


コメント

定例句会選句

こんばんは。むつきの会管理人のさとうです。
いい句ばかりで本当に迷いましたが以下の5句を選びました。

特選
宿題の朝顔並べ腹這ふ子
子供って大人の考え付かないことをしますね。寝転がったって鉢が見えるだけで意味ないけど、そんなの子供には関係ない。子供の様子がとてもよく描けてます。
これは実際に子供がいる人の作品もしくは子供を見て作った作品のような気がします。文句なしの特選です。 
小さき靴入りまじりたる暑さかな
夏休みで子供が集まって・・・ほほえましい光景だが、
親とすれば飲み物出したり気を使う・・季題の選択が絶妙です。
炎昼や餃子並べる店の奥
餃子、というところに食べる客がどんな人かや店の様子が想像されるいい句ですね
波音をアロハシャツより流しけり
アロハシャツが波音を流してる・・・さわやかな人、さわやかな風景が想像されていいですね。
冷や酒や漂ふ香(こう)に頬染めて
男性が冷酒好きで女性が彼の酒に付き合っている。好きな人の好きな物にすら惚れてしまう・・そんな光景、いいですね。

以上です。
せっかくなので特選以外の4句もコメント書きましたが、コメントは得選句のみでも構いませんよ。
みなさんの参加をお待ちしてます。

選句

たかゆき選
特選 宿題の朝顔並べ腹這ふ子 
夏らしい感じの「宿題」「朝顔」が「腹這ふ子」によって躍動感を得た心意気。地べたに並べられた朝顔が匍匐前進する赤子によって乱れる様が思い浮かぶ。

彼(か)の元へ路を照らして鬼灯よ 
鬼灯という形、色がなんとなく切ない乙女心を反映しているように思える句。

父の背に車のぼらせ夏座敷 
日常の中に見られた幸せをしっかりとらえたと思います。

滝壺の深き緑や溢れつつ
下五の「溢れつつ」が秀逸。実際は滝壺で水が混ざり合っているだけなのでしょうけれど。

意地張りて金魚掬いに加わらず
共感できる句。「金魚掬い」という夏らしい季語が効いている。


どうもありがとうございます。

定例句会選句

むつきの会の皆様はじめまして、ケニーといいます。
選句させてもらいます。

宿題の朝顔並べ腹這ふ子(特選)

(句評)
低学年でしょうか?必死になって、朝顔の研究に
没頭する姿が目に浮かびます。

割り切れぬこと多かりし遠花火 
冷や酒や漂ふ香(こう)に頬染めて 
父の背に車のぼらせ夏座敷
金魚玉ゆく角ごとに揺れてをり

選句ありがとう

たかゆきさん、ケニーさん
さっそくの選句ありがとうございます
みんなの選句待ってます。

ネット句会選句。

いい句ばかりで、迷いましたが次の五句にしました。

特選  紅きとて誘うつもりもない金魚

    季節柄、金魚という語から浴衣姿の若い女性
    が想像できます。お祭り気分を味わうために
    着飾っているのでしょうか。まだ恋を知らない
    少女、又は、恋を知り尽くした大人の女性とも
    受け止められて妙味があります。

   
    冷酒のラベル濡れゆく手酌かな

    宿題の朝顔並べ腹這ふ子

    みぎひだりとしか言えないスイカ割り

    金魚玉ゆく角ごとに揺れてをり

史上最大のネット句会

むつきの会のみなさんこんにちはぁ
ほんっとにたくさん句ですね~こんなにたくさんの句に触れたのは初めてで、そしていい句がたくさんで選ぶのに苦しみましたが以下の5句とさせていただきます

特選句
宿題の朝顔並べ腹這ふ子 

夏休みの宿題といえばやっぱり朝顔の観察ですよね
いろんな目線で観察している姿が目に浮かびとらせていただきました。

波音をアロハシャツより流しけり
アロハシャツってすごく涼しげでなおかつ色合いがとてもきれいなんですよねその色ではなく波音で表現している所が響きとらせていただきました

小さき靴入りまじりたる暑さかな
The夏休みっという感じの句ですね。先日実家に帰省した際、実家の玄関もこの句そのものでした。

冷酒のラベル濡れゆく手酌かな
暑さのせいでちょっとの間テーブルの上に置いておいただけでもビンが汗をかくんですよねその光景に納得しいただきました

みぎひだりとしか言えないスイカ割り
わが娘達の幼稚園でもスイカ割り大会があり、園児たちが面白いように「みぎーひだりー」としか言ってなかったんですよね。ほんとこの句の通りだなと思いいただきました。

選句も難しいですがほんっと勉強になりますね。
みなさん今後ともよろしくお願いします

選句させていただきました。

はじめましての人も多いかと思います。
前回の吟行からお邪魔させていただいている小山(おやま)と申します。
よろしくお願いします。


特選

金魚提げふと見上げれば空に花 

あぁ、お祭りいいなぁ。と思いました。
キンチョーのCMに出てきそうな、THE日本の夏、という感じで。
きっと浴衣なんだろうなぁ。
親子なんだろうなぁ。
情景が浮かんできて、迷わず特選にさせていただきました。


割り切れぬこと多かりし遠花火

今年は仕事中に花火の音だけ聞くことが多くて、
近所の花火大会も震災の影響でなくなって、
自分としてはすごく欲求不満だったんです。
ということで、すごく共感できました。

冷や酒や漂ふ香(こう)に頬染めて

きっと浴衣美人さんなんだろうと勝手に想像して萌えてます(笑)。

向日葵やトランクを引く人の群れ 

私の中でのイメージでは、
忙しなくみんなが歩いているモノトーンの空港で、
向日葵だけが鮮やかな色で…
魅かれました。

みぎひだりとしか言えないスイカ割り

それしか言えないって、すごくもどかしいですよね~。


すごく個人的な趣味で選ばせていただきました。
詠んだ方のイメージと違っていたらごめんなさい。

選句させて頂きます

皆様はじめまして。さとう様にご紹介いただき、初めて選句させて頂きます。

特選
冷酒のラベル濡れゆく手酌かな

どのような状況で手酌をなさっておられる一瞬なのか。静かに想像の広がる一句に感じました。

宿題の朝顔並べ腹這ふ子
角曲がるそこに広がる青田かな
余震来て金魚はなにを考える
父からの電話待ちおり夜の秋


選句ありがとう。

みんなありがとう。

takさんは私があるイベントに参加した際に
偶然出会った詩人の方です。
俳句の経験はない、とのことですが
さすがですね。
本当にありがとうございます。

選句させていただきました

むつきの会のみなさまこんにちは。
りこです。
暑い夏を振り返りつつ、選句させていただきます!

特選

冷酒のラベル濡れゆく手酌かな

「濡れゆく」という言葉に込められている時間の経過感が、手酌でひとり冷酒を楽しんでいるゆったりとした時間を感じさせて、いいなあ、と思いました。


小さき靴入り混じりたる暑さかな

親戚一同集まる機会が多いのも、夏の楽しさですよね。
大人の声に交じって小さい子どもたちの声も聞こえてくる、そのにぎわいが聞こえてくるようです。

滝壺の深き緑や溢れつつ

一読して、すーっと涼しくなるような気がしました。
渓流沿いの濃い緑が目に浮かびます。

みぎひだりとしか言えないスイカ割り

スイカ割りを見ているときの、
なんともいえないもどかしさを思い出します。

アイロンの底の光れる大暑かな

アイロンがけって、ものすごく汗をかくんですよね…
この光は、きらりと涼しげなものではなく、
薄暗がりで、鈍く光っている感じがしました。

選句も楽しいものですね~
ありがとうございました。

りこ 拝

こんばんは。
ご無沙汰してます。&はじめまして。
細く長く続けさせていただいてます。
よろしくお願いします。

特選
角曲がるそこに広がる青田かな

青々とした田が広がる風景に、ふいに出会った感動が感じられました。


父からの電話待ちおり夜の秋

向日葵やトランクを引く人の群れ

宿題の朝顔並べ腹這ふ子

小さき靴入りまじりたる暑さかな


いつもぎりぎりですみません。

選句させていただきます

皆さまこんばんは。仕事が鬼のように忙しく
点滴打ちつつ這ってでも働いております。

何分仕事がサービス業なので土日祝日は全て
出勤なので定例会も吟行も参加不可能な幽霊
部員ですみません。

なんとか選句だけでもさせていただきます。
特選

紅きとて誘うつもりもない金魚

金魚すくいにいるわきんではなく、
ひらひらとした尾びれが優雅な
大型の金魚を思い浮かべました。
そしてその揺れる紅いひらひらが
男心をひきつける妖しさとまだ
少女らしい硬い蕾を兼ね備えた
女性に思えて非常に艶めいた句
だと思います。エロスを感じて
迷わず特選に選びました。

次点句

波音をアロハシャツより流しけり

今年は節電対策で冷房もあちこちで
控え目、クールビズが推進されている
せいもあり、アロハの男性も多かった
ですね。アロハシャツから波音・・・
なかなか思いつかない発想で、非常に
爽やかさを感じ選びました。
 
金魚提げふと見上げれば空に花

夏まつりの風景を見事に切り取った
佳句だと思います。花火にするか
金魚にするかで迷うところですが
両方を1句にまとめたところに力量
を感じますね。

冷酒の東北魂もらいけり

あの大震災からはやもう半年が過ぎました。
遺体と対面でき、新盆を迎えられた方もい
れば、まだ行方不明のまま探し続けている
方も多くいます。それでもなんとかはいあ
がろうとする人間の強さと、鎮魂の献杯を
兼ね備えた佳句だと思います。
 
宿題の朝顔並べ腹這ふ子

私は小学校1年生の時の宿題が朝顔の
観察でしたね。ほんとはあざやかな
水色の花が咲くのを楽しみにしていた
のに、大人びた濃緋色でした(涙)
その頃のセピア色したノスタルジーを
感じたので選びました。ところで私は
夏に蚊に刺されると朝顔の葉を揉んで
すりつけて貼っていたんですが、誰か
やっていた人いますか?祖母が教えて
くれた特効薬だったので、子供の頃は
あちこち刺されるから青臭い子供でし
た(笑)

以上です。さとうさん、いつも連絡
ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。