プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俳句鑑賞会、竹下しづの女

こんにちは。俳句サークルむつきの会の佐藤です。

今回は竹下しづの女の俳句について勉強会を行いました。



意見が分かれ、とても面白い勉強会でした。

各自の竹下しづの女の好きな句とその感想です。



ゆうこ

灯りぬ花より艶に花の影

花よりもその影をなまめかしいと感じているのは、夫を亡くし、働きながら子を育てている、恵まれない境遇に負けまいとするしづの女の気骨が感じられる



じゅんこ

苺ジャム男子はこれを食う可らず

苺ジャムは食べちゃダメ・・・

昔の人は甘いものが苦手だったのか?私の周り、特に主人は甘党であり、時代を感じる。

苺ジャムが高級なものだったからか・・・考えさせられる句である。



さとう



短夜や乳ぜり啼く子を須可捨焉乎

いくら自分の子でも毎回毎回うんざりしてしまう。

人としての素直な気持ち、やりきれなさが

漢字表現によく表れている。
スポンサーサイト

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

<< 5月定例句会選句結果 | ホーム | 次回の予定 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。