プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたの俳句はなぜ佳作どまりか

あなたの俳句は

こんにちは。俳句サークルむつきの会ブログ管理人のさとうです。
今日はお勧めの俳句本を紹介します。

あなたの俳句はなぜ佳作どまりか  新潮社 辻桃子著 1300円プラス税

タイトルから、もっとうまく作りなさい
ということかと思ったらそうではない

俳句は下手でいい「下手がいい」のではない
上手でありながら、下手のように感じさせる句がいい

下手、というと誤解も受けるでしょうが
下手のは下手のエネルギーがありパンチ力がある
その前提を置いたうえで添削している。

その一貫性がいい。いろいろな考え方があるが
いろいろな考え方があると混乱してしまうから。

日本人として生きてゆく中で
固定観念があることは当然だろうが
俳句の中では固定観念にとらわれてしまうことが
自分の作品をつまらなくしてしまうということ。

タイトルだけみるときついこと書いているのかな
と思うかもしれないけど
言いたいことがとてもよく伝わる本です。

スポンサーサイト

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

<< ひなちゃんの歳時記 | ホーム | 5月定例会予定 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。