プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月ネット句会

こんにちは、むつきの会ブログ管理人のさとうです。
ネット句会を行います。

やりかたとしては
リストを見て、いいと思った句を5句選んでコメント欄に書き込んでください。
その中で一番いいと思った句を特選句として
特選句のみその句を何故選んだか、どこがいいと思ったか感想を書いてください。
パソコンでこのページを見ている方は
気に入った句をコピー&ペーストするとやりやすいと思います。

会員以外の方の書き込みも歓迎します。
締め切りは6月6日(日)
締め切りが過ぎたらその句の作者名を発表します。
気軽に書いてくれると嬉しいです。

リスト
一ヶ月季節違えた雨燕
薫風や偽物を置く観光地
ガラス器を洗い上げたる立夏かな
たんぽぽの絮単線の線路行く
タンポポのくきをまるめて水車小屋 
低く飛ぶ燕の天気雨模様 
つばくろや撫でられ染まる紅き喉 
風呂場からあわててる声夏近し 
便りなく無事だと願う皐月かな 
知らぬどち挨拶交はす春の月 
思い出の早三年や花水木 
タンポポの珈琲飲んで胃労わる 
薫風や遥かに漁村見下ろして 
鼓草恥らう恋の音刻む 
つばくろや第二金曜特売日 
燕の子われもわれもとのど伸ばし 
洗ひ髪そのままに読むメールかな 
踊り子の小さき手のひら薄暑光 
蒲公英の絮いつまでも溝にあり 
タンポポをかざして光る放射線
新茶汲む昨日の夕刊まだポスト 
眼鏡越し絆深めし五月晴れ 
展望台から海三方へ夏来る 
通勤の駅の改札燕とぶ  
花びらの渦巻いており春疾風 








追記
皆様、選句ありがとうございました
6月12日作者名をアップします。
また、締め切りは過ぎましたが
下のリストを見なければ今回は締め切りに間に合わなかった方も
選句できると思います。
また、感想などコメント欄に自由に書いてくれても構いません。


一ヶ月季節違えた雨燕 わたなべ
薫風や偽物を置く観光地 さとう
ガラス器を洗い上げたる立夏かな ゆうこ
たんぽぽの絮単線の線路行く ゆきえ
タンポポのくきをまるめて水車小屋 ゆか
低く飛ぶ燕の天気雨模様 ゆか
つばくろや撫でられ染まる紅き喉 わたなべ
風呂場からあわててる声夏近し さとう
便りなく無事だと願う皐月かな さとう
知らぬどち挨拶交はす春の月 ゆうこ
思い出の早三年や花水木 ゆきえ
タンポポの珈琲飲んで胃労わる わたなべ
薫風や遥かに漁村見下ろして ゆきえ
鼓草恥らう恋の音刻む わたなべ
つばくろや第二金曜特売日 さとう
燕の子われもわれもとのど伸ばし ゆか
洗ひ髪そのままに読むメールかな ゆうこ
踊り子の小さき手のひら薄暑光 ゆきえ
蒲公英の絮いつまでも溝にあり さとう
タンポポをかざして光る放射線 ゆか
新茶汲む昨日の夕刊まだポスト ゆうこ
眼鏡越し絆深めし五月晴れ わたなべ
展望台から海三方へ夏来る ゆきえ
通勤の駅の改札燕とぶ  ゆか
花びらの渦巻いており春疾風 ゆうこ


スポンサーサイト

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

<< 6月舎人公園吟行選句結果 | ホーム | 舎人公園吟行のお知らせ >>


コメント

ネット句会選句

こんばんは、むつきの会ブログ管理人のさとうです
いい句ばかりで迷いましたが以下を選びました。
特選
洗ひ髪そのままに読むメールかな
女性の髪を洗う姿からいろいろな事を想像させますが
洗い髪のままたわいもないことをしている
それも日常なのでしょうね。

たんぽぽの絮単線の線路行く
新茶汲む昨日の夕刊まだポスト
タンポポをかざして光る放射線
タンポポの珈琲飲んで胃労わる

以上です
みなさんもぜひ選句してくださいね
おまちしてます。

ネット句会選句

こんばんは
二月の吟行に出席したわたなべです。
選句させてもらいます

◎(1)特選:
薫風や偽物を置く観光地
※どんなに有名な観光地も
パロディ品を越えて偽物と
あからさまで嫌なものも
薫風でオブラートに感じて
イイなと思いました。

(2)薫風や遥かに漁村見下ろして
※漁村のある潮風と薫風の二つが
合わさって爽やかさが伝わり
素敵だなと思い選びました。

(3)通勤の駅の改札燕とぶ
※通勤時は忙しく周りが見えにくい
そんな時に思わずふと愛らしい燕
の飛ぶ姿をあげるというのがとても
インパクトが強く対称的で面白い
と思い選びました。

(4)低く飛ぶ燕の天気雨模様
※本当に異常気象の激しく
まるで梅雨のようにさえ
感じた最近の空模様も
燕の存在でむしろ味わい
たくなるイメージを見受け
まして選びました。

(5)タンポポのくきをまるめて水車小屋
コレはタンポポで作られた
のでしょうか。是非見て
みたいものです。水車小屋
の心潤す風景をタンポポで
作って描いたと思うと一層
皐月独特の爽やかさが強まり
イイなと思い選びました。

ではでは~♪

選句のみになってしまい、すみませんがよろしくお願いいたします。

洗ひ髪そのままに読むメールかな

この句は、女性かなと思いました。恋する相手からでしょうか?色気も感じて素敵な句だと思います。

ガラス器を洗い上げたる立夏かな
たんぽぽの絮単線の線路行く
風呂場からあわててる声夏近し
タンポポをかざして光る放射線

以上です。俳句で季節を感じるのは素敵だなと改めて感じました。

こんばんは。ゆきえです。

特選
ガラス器を洗い上げたる立夏かな

 ガラスの器は寒い時期には使うことが少なくなるが、
暑くなってくると出して使おうと思うようになる。
器に季節を感じ、そしてその器を洗いながら、夏を
心待ちにしている感じがする。


洗ひ髪そのままに読むメールかな
タンポポをかざして光る放射線
通勤の駅の改札燕とぶ
花びらの渦巻いており春疾風

以上です。

ネット句会選句。

特選  風呂場からあわててる声夏近し

    家族の誰かが、入浴中に家人を呼んでいる。
    「おーい、シャンプー切れてるよ」、とか
    「タオル忘れた」とか。
    ほのぼのとした、日常に一こまにやがて来る
    明るい季節を予感させる佳句だと思います。


   薫風や偽者を置く観光地
   展望台から海三方へ夏来る
   便りなく無事だと願う皐月かな
   タンポポをかざして光る放射線

以上です。

選句

●(特選)薫風や遥かに漁村見下ろして 
+情景がありありと浮かんでくる句で、とても壮大な景色がみえます。薫風の自由さと、その彼方下に生活の根を下ろす漁村の対比があって、いいなぁと思いました。気持ちよい気分になりますね。

知らぬどち挨拶交はす春の月 
+「春の月」だから成り立つ句です。出会い別れの多い春に、「知らぬどち」という方言の効いた言い寄りが妙。ぎこちない出会いが、くすりと笑わせてくれます。

思い出の早三年や花水木 
+あぁ、懐かしい花水木の句会。月日が経つのは早いですね。同じ感慨をもった句友に一票。花水木の背の高さで、時の経過との組み合わせも良いと思います。

鼓草恥らう恋の音刻む 
+タンポポは恋の草でもあるんですね。。。道ばたに何気なく咲いているタンポポ。我々の恋も、そんなタンポポと同じく、何気ないところから始まるような気がいたします。

つばくろや第二金曜特売日 
+つばめという季語のもつ爽快さが「特売日」と言い得て妙。売り手の勢いみたいな気合いが「つばめ」に乗り移っているようです。


以上、どうもありがとうございます。

特選 便りなく無事だと願う皐月かな

   少し前の環境の変化も落ち着き、ふと元気かな?と思う、瞬間なのかなと思いました。
   誰かの無事を願う、そんな優しさと、自分も落ち着いた生活を送っているという、平凡な中にホ      ッとしている1コマのように思いました。


   タンポポの珈琲飲んで胃労わる
   洗ひ髪そのままに読むメールかな
   ガラス器を洗い上げたる立夏かな
   風呂場からあわててる声夏近し


   宜しくお願いします。

 


ネット句会選句

こんにちは。らいなすです。選句だけになって
しまい、すみません。やっと就職が決まりまし
たが、土日祝日休めませんので、今後はずっと
欠席投句とネット句会での参加となると思い
ます。

★特選
ガラス器を洗い上げたる立夏かな

きらきらひかるガラスの器、そうこれからが
大活躍の時です。台所に差し込む美しい夏の
初めの陽の光が目に浮かび、清々しく爽やか
な句だなと思って選びました。

★次点句
たんぽぽの絮単線の線路行く
燕の子われもわれもとのど伸ばし 
洗ひ髪そのままに読むメールかな 
薫風や偽物を置く観光地

以上です。よろしくお願いします。

作者名アップ

作者名アップしました
各自、選んだ句の作者が誰か確認してくださいね。

また、リストをそのままにしておきましたので
下の作者名を見なければ
まだ選句していない人も選句してくれても構いません。

また、自由に感想を書いてくれても構いませんよ。
投句してくれた皆様、選句してくれた皆様、ありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。