プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

俳句鑑賞会について

俳句の勉強会を行いました。
先人の名句を読んでいて
いい句、悪い句
好きな句、嫌いな句
あると思います。

著名な俳人の俳句だから全ていい
と思うのではなく、
好きな句、嫌いな句、わからない句
を発表しあう事で
俳句を学んでゆきます。

これは私の俳句の師がかって行っていた俳句の勉強会を
形を変えて行っています。



勉強会のやり方

必要なもの、B5程度の大きさの紙2枚(裏紙で可)、定規

家で勉強してくる必要はありません
当日、その場で勉強します。

幹事(私)があらかじめ、勉強する俳人を決めます。
私がその俳人の代表的な句を40句程度書かれたリストを作成します。

句会当日、幹事からリストを受け取ったら
俳句リストの上段に
一段自分が選句しやすいように記入欄を作る。(仮記入欄)
下段に自分以外の参加者人数分記入欄を作る。

リストの俳句を見て、特に好きな句は◎好きな句は○、
嫌いな句は×、意味やよさのわからない句は?を上段の仮記入欄に記入する

仮記入欄に記入したら
特に好きな句(◎)を一句
好きな句(○)を二句
嫌いな句(×)を三句
意味がわからない、よさがわからない句を最大5句まで
(わからない句がない時はゼロでいいです)
に絞ります、

数を絞ったらその句を全て
手元の別のメモ用紙に記入して
その記入した紙を隣の人に廻します。

隣の人から他の人のピックアップした紙が廻ってきたら
自分の俳句リストにその人の名前とその人の好き嫌いな句を◎○×?で記入し、
リストを作ってください

さらにもう一枚、別の紙に
自分の名前と俳人名と、特に好きな句とその感想を記入して幹事に渡してください
(ブログ更新用です。)

全員分書き終わったら、照らし合わせます。
リストの右の句から順番に
◎、○、×、?のついている句のところで
私がまず、その句を選んだ人に
その句の情景や好き嫌い、わからない理由を聞きます。
思うところを述べてください
そして、別の人にその人の選んだ句についてどう思うか聞きます。


この時、面白い事に自分の好きな句が他の人の嫌いな句であったりします。
人はそれぞれ
だけど、その人が何故その句を取ったのか、耳を傾けてください。

なるほどな、と思えればそれはそれでいいし
理解できなくても、そういう意見もあるんだと受け取ってください。

印のついた全部の句について意見交換します。

今回、ある句で好きと嫌いで意見が分かれたのですが
聞いてみると嫌いというのは男性で好きといったのは女性だったのです。
やはり、男性と女性では感性が違うのだな
としみじみ感じましたね
(もちろん、どっちがいい、悪いではありませんよ)


勉強会の意義は

①自分がどういう句が好きなのか嫌いなのかを知る
②人前で発表する事でコメント力をつける
③人の意見を聞くことで、自分とは違う見解を知る。
④リストにする事で人との見解の差がわかりやすい

ということです。

次回は7月に橋本多佳子について勉強したいと思ってます
この勉強会はむつきの会だけのオリジナルです
興味を持った方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)までメールくださいね。
スポンサーサイト

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

<< おすすめ歳時記 | ホーム | 俳句鑑賞会 芝不器男 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP