プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俳句鑑賞会 芝不器男

句会と共に俳句鑑賞会を行いました。

各自の芝不器男一番好きな句について発表します。

ゆうこ
新涼に山芋売りの来たりけり 芝不器男

一筆書きのようにさらりとした句。それが新涼という季語によく合っている。
山芋に適度な生活感があり、厭味を感じさせない。

たかゆき
永き日のにわとり柵を越えにけり 芝不器男

「にわとりが柵を越えた」だけではちょっとも面白くないですね。
上五で「永き日の」と言うことで詠み人の感じる一日の出来事があり
いつも見ている情景に何か感慨深い心持ちを抱いたのではないでしょうか
にわとりが越えていった余韻が残る句だと思います。

さとう
南風の蟻吹きこぼす畳かな 芝不器男

夏に蟻が畳の上に上がってくるのは
田舎ではよく見る光景だが、吹きこぼすと表現したのが面白い。
南風という季語で蟻の様子が伝わってくる。

どういう形で勉強会を行ったのか
詳しくは次の記事に書きましたので、そちらをご覧下さいね。
スポンサーサイト

<< 俳句鑑賞会について | ホーム | 5月定例句会選句結果 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。