FC2ブログ

プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

8月ネット句会

こんにちは、佐藤です。
夏負けして遅れてしまいましたm(__)m
こんにちは、さとうです。
ネット句会を行います
自分の選んだ句以外から5句選んで
うち、一番いいと思った句の1句を特選として
特選のみ感想を述べてください

コメント欄に直接書き込んでください
5句全部感想書きたい人は
5句全部感想書いても構いません

締め切りは9月15日(金)です。
締め切り後もコメントできるようにしてありますが
なるべく締め切りまでにコメントしてください

通りすがりの方の選句も大歓迎です!
一人でも多く選句してくれると嬉しいです。
よろしくお願いします

リスト
髪洗ふ当直勤務明けの朝
声高く「一、二のぴょん」で海水浴
向日葵やカメラ向ければモデルめき 
蒼に映え寺屋根飾り大暑かな 
地獄なら始まっている熱帯夜
飛べば影荒るる炎暑の烏かな 
向日葵の迷路で引き返せないまま 
雨上がり 爺ィのトマト 色付きて 
向日葵や手庇に待つバス遅し 
荒れた庭 向日葵三輪 緑毛玉 
南極の氷山を割りし酷暑過ぐ 
かなたより夜汽車の響き熱帯夜 
人鳥のごとくに迷ひビアホール
着物にて営業もする暑さかな 
暑がりの連れ合いといてこちらまで 
炎天下犬はケンカの最中かな
向日葵や手荷物はみな衝動買い 
闘球の人間きなこ餅夏合宿 
月光や思ひ出したるパスワード 
ガラス越し子らの瞳に大暑かな 
恐竜展尾からは晩夏帰路は雨 
進まざるダウンロードや熱帯夜 
雨上がり空にも滲む四葩かな
蝉なくや 犬にひかれて 池の端 
湯上がりや子はすっぽんぽんの洗い髪 
二枚ある不在票かな夜の秋
子のひまはりクレヨンをつぶさむばかり 
自らにやつあたりする髪洗う 
向日葵に映る戦火の隅の聲 
齢六十親子旅行と夏の雲 
ソーダ水はや機上の人なる師
汗止まる 痛み 夏の光の矢 
キューピーにアトムにもして髪洗ふ 
蝉しぐれ真夜に聞いてるひとりかな 
向日葵や君走り来る地平線 
我が肩に凭れてきたり洗ひ髪 
向日葵や三人笑顔納まらず 
一段抜かしで上るきざはし涼新た 
水平線入道雲を押し返す 
向日葵のごと半袖の女子高生 
竹林や 暑さ緩まし 抜ける風 
向日葵のにっこり顔の天下なり
向日葵に恋する君はカメラマン
また一人歴史と逝くや夏の雹
天変に耐え地に出ずる素数蝉 
厚物の夜濯ぎをして空仰ぐ 
老いたるや 髪あらふたび 鏡見て 
髪洗い夜風に任せ歩きたり 
髪洗う心変わりを告げし夜
夏負けの母の食べ物父喰らう 
夕焼けや素を使わぬ麻婆豆腐 
スポンサーサイト

8月ネット句会作者名発表

こんにちは、さとうです。
投句や選句してくれたみんなありがとう
作者名を発表します

髪洗ふ当直勤務明けの朝 空
声高く「一、二のぴょん」で海水浴 空
向日葵やカメラ向ければモデルめき 遊草
蒼に映え寺屋根飾り大暑かな たかゆき
地獄なら始まっている熱帯夜 村蛙
向日葵の迷路で引き返せないまま 村蛙
雨上がり 爺ィのトマト 色付きて 蛙
荒れた庭 向日葵三輪 緑毛玉 蛙
南極の氷山を割りし酷暑過ぐ 兎
かなたより夜汽車の響き熱帯夜 ユッコ
着物にて営業もする暑さかな さとう
暑がりの連れ合いといてこちらまで ユッコ
炎天下犬はケンカの最中かな 裕子
向日葵や手荷物はみな衝動買い さとう
闘球の人間きなこ餅夏合宿 兎
月光や思ひ出したるパスワード 遊草
ガラス越し子らの瞳に大暑かな たかゆき
恐竜展尾からは晩夏帰路は雨 空
進まざるダウンロードや熱帯夜 遊草
雨上がり空にも滲む四葩かな 村蛙
蝉なくや 犬にひかれて 池の端 蛙
湯上がりや子はすっぽんぽんの洗い髪 兎
二枚ある不在票かな夜の秋 裕子
炎天下犬はケンカの最中かな やまねぇ
自らにやつあたりする髪洗う さとう
向日葵に映る戦火の隅の聲 空
齢六十親子旅行と夏の雲 たかゆき
ソーダ水はや機上の人なる師 村蛙
汗止まる 痛み 夏の光の矢 蛙
蝉しぐれ真夜に聞いてるひとりかな 裕子
向日葵や君走り来る地平線 空
我が肩に凭れてきたり洗ひ髪 遊草
向日葵や三人笑顔納まらず たかゆき
一段抜かしで上るきざはし涼新た 遊草
水平線入道雲を押し返す たかゆき
向日葵のごと半袖の女子高生 ユッコ
竹林や 暑さ緩まし 抜ける風 蛙
向日葵のにっこり顔の天下なり 兎
向日葵に恋する君はカメラマン 裕子
また一人歴史と逝くや夏の雹 村蛙
天変に耐え地に出ずる素数蝉 兎
厚物の夜濯ぎをして空仰ぐ ユッコ
老いたるや 髪あらふたび 鏡見て 蛙
髪洗い夜風に任せ歩きたり ユッコ
髪洗う心変わりを告げし夜 裕子
夏負けの母の食べ物父喰らう さとう
夕焼けや素を使わぬ麻婆豆腐 さとう

| ホーム |


 BLOG TOP