プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

16年定例句会選句結果

2016年11月27日 定例句会 兼題なし(自由)
参加者:村蛙、兎、蛙、若菜、さとう
ネット投句&選句 たかゆき、やまねぇ、ユッコ

村蛙
天鵞絨(びろうど)の猫の手に似て柿落葉 蛙
枯野行く青年の皆太宰めき ◎や


秋空や補助輪はずす日の来たる 若、た
端ちぎれ虚空にはためく安全旗 た、ユ


秋雨や道行く人の肩細く 若、兎
これよりは後ろ振り向く師走かな ◎た、若、兎、さ
遠き日やむかご皮剥く母の指 た、や
霜月や柱の陰に太る月 貴

若菜
マフラーの中に呟く名前かな ◎蛙、◎村、◎さ、ユ
蜜柑の香里は達者と知らせけり ◎兎
寒晴れや行列長きバーガー屋 さ、や
冬晴れやメール使えぬ父の文 さ

さとう
忘年会家の都合で拒みます 若
家事やれと家族揉めあう寒日和 蛙

たかゆき
ミニSL乗る子も動く紅葉川 や

やまねぇ
誰も知らぬ野良猫の歳ひなたぼこ ◎若、蛙、村
逆上がりできるまでやるカーディガン ◎ユ、蛙
日向ぼこ涙に少しとろみある 村、ユ
水鳥のなくて映れる空の鳥 ユ

ユッコ
毛糸編む健気な女にはならず 兎、村
掌の菓子を溶かして眠しハロウィーン 兎
襟巻の色確かめる鏡の中 さ、や
突然に心波立つ虎落笛 た
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP