プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

12月ネット句会

こんにちは、さとうです。
遅くなってすみませんm(__)m
ネット句会を行います
自分の選んだ句以外から5句選んで
うち、一番いいと思った句の1句を特選として
特選のみ感想を述べてください

コメント欄に直接書き込んでください
5句全部感想書きたい人は
5句全部感想書いても構いません

年末年始は忙しいと思いますので
締め切りは1月16日(土)にします
締め切り後もコメントできるようにしてありますが
なるべく締め切りまでにコメントしてください

通りすがりの方の選句も大歓迎です!
一人でも多く選句してくれると嬉しいです。
よろしくお願いします

リスト
雨上がり子等も喜ぶ小春かな 
小春日やソロチェロ奏者の優しき手 
熱燗のもう一本が十本に 
湯豆腐のポン酢が嫌い父怒る 
そこだけは小春日和の猫の腹 
猫のように君が喜ぶ小春かな
大根を齧り熱燗舐めるなり 
屋台酒メガネ曇らす煮大根 
死に飽きて大部屋役者着ぶくれぬ  
引退の時近づきて小春なり 
ガラス越し向かう落ち葉が魚に見え 
落ち葉なる天のふみ読む小道かな 
ふろふきやお銚子白木のカウンター
鱈の身は豆腐に隠れ鍋の底 
水炊きや昼の諍い何処へと 
すき焼きが牛丼用の肉であり 
鍋奉行講釈はよい葱入れよ 
ねんねこに青き目ありて司祭めく 
枯葉飛ぶ飛ぶいよよ絹玉めける犬  
曇天に冬ごもりせり古き家
牡蠣鍋や別れ際にもほかほかと
まだ子犬散歩も落葉蹴散らして 
ふうふうと君が鍋吹くやわき音 
小春日や日々の怠けも休業日 
小さき手に重ねる落ち葉冷たけり
白菜の茎シャクシャクと朝の卓 
陽だまりを猫を取り合ふ小春かな 
息白し帰路窓ごとに暮らしあり 
有馬記念絶対買います君は言う 
いびつなる手捻りのカップ冬隣
名勝の滝を抱えて冬紅葉 
湯豆腐の揺れやみ友の恋人来  
冬の鍋すする鼻水騒ぐ妻 
木枯らしや人が付けたる我があだ名 
ネットでの買い物終わる冬林檎 
地団駄を覚え披露の小春かな 
寒くない顔して師走の町を行く 
寄せ鍋や宝石(たから)の在所(ありか)探しけり
結婚だ出産だのと蜜柑剥く 
湯豆腐の昆布の味をめでている 
銀杏踏む五輪の街は暮れ泥み 
「落葉」が好きだといった人がいた 
小春の子泣くやゼッケンだぶだぶし 
光る道滑る銀杏に鼻緒もげ 
小春日の光まばらに地に届く 
時折は一人となりて落葉踏む
落ち葉たき会話も弾む隣組 
寄せ鍋の野菜を好む齢となる 
風花や絵本返しに来る親子 
頼まれたちり鍋2つ子が覗く 


リスト
スポンサーサイト

12月ネット句会作者名発表

ネット句会への多くの選句ありがとうございました
特に、通りすがりで選句してくれて方には
本当に感謝です

作者名を発表します
各自自分が選んだ作品が誰か確認しておいてください


雨上がり子等も喜ぶ小春かな 彩
小春日やソロチェロ奏者の優しき手 若菜
熱燗のもう一本が十本に さとう
湯豆腐のポン酢が嫌い父怒る さとう
そこだけは小春日和の猫の腹 ユッコ
猫のように君が喜ぶ小春かな 裕子
大根を齧り熱燗舐めるなり 蛙
屋台酒メガネ曇らす煮大根 蛙
死に飽きて大部屋役者着ぶくれぬ  やまねぇ
引退の時近づきて小春なり 兎
ガラス越し向かう落ち葉が魚に見え 彩
落ち葉なる天のふみ読む小道かな 兎
ふろふきやお銚子白木のカウンター 蛙
鱈の身は豆腐に隠れ鍋の底 兎
水炊きや昼の諍い何処へと 村蛙
すき焼きが牛丼用の肉であり さとう
鍋奉行講釈はよい葱入れよ 兎
ねんねこに青き目ありて司祭めく やまねぇ
枯葉飛ぶ飛ぶいよよ絹玉めける犬  やまねぇ
曇天に冬ごもりせり古き家 若菜
牡蠣鍋や別れ際にもほかほかと 裕子
まだ子犬散歩も落葉蹴散らして 村蛙
ふうふうと君が鍋吹くやわき音 若菜
小春日や日々の怠けも休業日 彩
小さき手に重ねる落ち葉冷たけり たかゆき
白菜の茎シャクシャクと朝の卓 蛙
陽だまりを猫を取り合ふ小春かな 村蛙
息白し帰路窓ごとに暮らしあり 若菜
有馬記念絶対買います君は言う さとう
いびつなる手捻りのカップ冬隣 裕子
名勝の滝を抱えて冬紅葉 村蛙
湯豆腐の揺れやみ友の恋人来  やまねぇ
冬の鍋すする鼻水騒ぐ妻 たかゆき
木枯らしや人が付けたる我があだな さとう
ネットでの買い物終わる冬林檎 たかゆき
地団駄を覚え披露の小春かな たかゆき
寒くない顔して師走の町を行く ユッコ
寄せ鍋や宝石(たから)の在所(ありか)探しけり 彩
結婚だ出産だのと蜜柑剥く村蛙

湯豆腐の昆布の味をめでている ユッコ
銀杏踏む五輪の街は暮れ泥み 若菜
「落葉」が好きだといった人がいた ユッコ
小春の子泣くやゼッケンだぶだぶし やまねぇ
光る道滑る銀杏に鼻緒もげ 蛙
小春日の光まばらに地に届く 兎
時折は一人となりて落葉踏む 裕子
落ち葉たき会話も弾む隣組 彩
寄せ鍋の野菜を好む齢となる ユッコ
風花や絵本返しに来る親子 裕子
頼まれたちり鍋2つ子が覗く たかゆき

11月戸山公園吟行 9月行船公園吟行

むつきの会戸山公園吟行15.11.1

参加者:村蛙、蛙、兎、さとう

村蛙
富士山も都心も隠せ薄紅葉 ○兎
返り花ひとりでもいい本当は ○有
本心も粧(よそろ)えるなりハロウィン 兎
鳥渡るスーツのままで箱根山 蛙
暮の秋太鼓も混じるカルテット さ


頂きに花無く彷徨うシジミ蝶 兎
肩越しに脆い光や秋の薔薇 兎、村
紅葉(こうよう)は柿の実一つ葉が数枚 さ
渓流にまだ彩(あや)見せぬ紅葉かな さ


どんぐりの実を拾いつつ箱根講 ○村、蛙、兎
付き合いの少なき薄(すすき)五、六株 蛙
現し(うつ)世の名は忘れたり女郎花(おみなえし) 蛙、さ、村
水澄むや鯉も寒気を待つばかり 蛙

さとう
日々作る駄句のありけり日々草 村
名ばかりの山登りきて鰯雲 兎、村

むつきの会行船公園吟行2015.9.20行船公園

参加者兎、クリーム、ひで、若菜、村蛙、さとう


蟷螂の斧まぎらせる草緑 ○村
オオアリクイ母校の蟻も食ってくれ ○さ
秋風に青柳の糸もつれけり ひ

クリーム
蟷螂(たうらう)の背負う誇りの重さかな ひ
律義さが唯一のとりえ曼珠沙華 さ

ひで
松の上幅を利かせる椋の群れ 兎、ク
葉を透かし見える先には秋の空 ○ク
椋鳥と張り合う子供の泣きの声 ク、さ
群れ外れおひとり様なる彼岸花 ク、さ

若菜
東屋に居眠る人や秋の庭 ○ひ
秋高し少年野球背そろわず ひ、村
百日紅布団干したる若き家 村 さ
新涼やつがいの猿の安らぎて 村、ク
秋知らず半袖の子のはしゃぎぶり 兎

村蛙
秋彼岸檻の外にも小猿かな 若
穴惑い迷子案内アナウンス 若
水澄むやペンギンの仔の名はつみれ ○兎、若
木犀の香に陸亀と欠伸する 兎

さとう
リスザルの人見て去りし暑さかな 若 兎
同じことする子待つ親秋日和 ○若、ひ
家光公献上の碑や竹の春 村


| ホーム |


 BLOG TOP