プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

5月ネット句会

こんにちは、むつきの会ブログ管理人のさとうです。
ネット句会を行います。

選句のやりかたとしては
うちの会員の作った俳句が
誰が作った俳句かわからないよう無記名で
リストに並んでます。

リストを見て、いいと思った句を5句選んで
このブログのコメント欄に直接書き込んでください。
投句した方は自分の作品は絶対に選ばないでください。

その中で一番いいと思った句を特選句として
特選句のみその句を何故選んだか、どこがいいと思ったか感想を書いてください。

あとの4句はその句のみ書いてください。
ですが、全部の句を感想を書きたかったら書いてもかまいません。

パソコンでこのページを見ている方は
気に入った句をコピー&ペーストするとやりやすいと思います。
携帯電話から見ている人は
メモ用紙を用意してメモして最後にコメント欄に書きこむのがいいと思います。

会員以外の方の書き込みも歓迎です。
気軽に選句してくれると嬉しいです。

締め切りは5月31日(土)です。
締めきり過ぎても選句は出来ますが
なるべく締め切りまでに選句してください。
締め切りが過ぎたらここで作者名を発表します
みなさんの選句をおまちしてます。

リスト
ジュリエットになれず崩れし薔薇拾ふ
青葉ゆれ窓をながめる私なり
孫笑い祖母は涙のカーネーション
阿舎に猫の眼の青葉冷え 
ネクタイの赤のきりっと復活祭
惜春の尋ね猫似や痩せてをり
雨やんで揺れる青葉は反射鏡 
桜舞う君の柔き手触れたくて
別れなら出逢えた事に感謝して
酒満ちて笑みがこぼれる石畳 
春惜しむ君のメールを読み返し 
昼下がり遊具を囲む青葉かな 
チェロに似し声の男や青葉 
母の日に綺麗な嘘を送ります
新入生おたおたおたおた新入生
失敗は取り返しましょ目に青葉 
青葉冷え具沢山なるカレーかな
母の日の善き人多き花屋かな 
肩車小旗ぱたぱた労働祭 
春便り新しい花の切手買う 
イクメンのパパの火傷や夏に入る
母の日や豪速球の山なりに
笑ふたかやにわに怒るる初夏の空 
行く春や機嫌麗し猫の声 
後足の追ひ付きさうな毛虫かな
ハーバービュー微睡むふたり春朧
大根を刻むお義母さん青葉光 
春惜しむ出窓ほこりのうっすらと  
妻と義母弾む会話に春惜しむ 
神楽坂気づけば今宵も落語酒 
麦畑(む ぎはた)や優しき人の魂(たま)ぞ渡る 
尺取りさん布団の中で春惜しむ
白ツツジ二人でともに終の路
注意され化粧が取れて隈が出て
褒め言葉受け取れぬきみ夏近し 
春惜しむ日差しが次を予感する 
よだれかけ青葉とともに映えており 
稚児の歯の覗く笑顔の青葉かな 
写生する絵の具の中の青葉色 
母の日の酔って帰宅でありにけり 
五月晴れ微笑む君の指震え 
通り雨青葉溶かして匂い立つ 
春惜しむ気温はすでに初夏である 
峠越え手招く虹は道しるべ 
桜花すっかり落ちて青葉出る 
乳飲み子の沐浴難し青葉風 
遠く聞く春雷の空光る路 
乳飲み子のミルクの温度春惜しむ
ガスの火を弱める午後や青葉冷え
新しいあだ名うれしき青葉かな 
閉店のレジカーネーション買う男 
春の空未来へ届け鐘が鳴る 
稚児の眼に色新しき青葉かな
吹く風に急かされるよに桜舞う 
惜春やくしゃみの数の減りにけり 
母の日にメールで不在を詫びにけり
母であり娘でもある母の日か 
成るようになるしかないの藤の花 
母の日に母になる我が娘 
亡き父の形見身に付け春惜しむ 
惜春やしなびた檸檬の切り易し
寝転がるごと芝の上てんと虫 
似顔絵や初母の日の涙かな 
春惜しむ気にかかるのは美白記事
母の日の小言響きし母在りて 
行かないで言葉飲み込み春惜しむ 
大木や散る潔さ春惜しむ 
囀ずりに耳を傾け春惜しむ 
麦笛や兎の堀りし恋の穴
青葉かなコントラバスの首掴み
スポンサーサイト

5月ネット句会作者名発表

こんにちは、むつきの会管理人のさとうです。
ネット句会の作者名を発表します
各自自分の選んだ句の作者が誰か
確認しておいてください

ジュリエットになれず崩れし薔薇拾ふ 村蛙
青葉ゆれ窓をながめる私なり よしだ
孫笑い祖母は涙のカーネーション 彩
阿舎に猫の眼の青葉冷え やまねぇ
ネクタイの赤のきりっと復活祭 クリーム
惜春の尋ね猫似や痩せてをり やまねぇ
雨やんで 揺れる青葉は 反射鏡 さちこ
桜舞う君の柔き手触れたくて まりこ
別れなら出逢えた事に感謝して よしだ
酒満ちて 笑みがこぼれる 石畳 さちこ
春惜しむ君のメールを読み返し 村蛙
昼下がり遊具を囲む青葉かな 彩 
チェロに似し声の男や青葉 村蛙
母の日に綺麗な嘘を送ります 村蛙
新入生おたおたおたおた新入生 よしだ
失敗は取り返しましょ目に青葉 さとう
青葉冷え具沢山なるカレーかな ゆうこ
母の日の善き人多き花屋かな 青舟
肩車小旗ぱたぱた労働祭 クリーム
春便り新しい花の切手買う ユッコ
イクメンのパパの火傷や夏に入る さとう
母の日や豪速球の山なりに やまねぇ
笑ふたかやにわに怒るる初夏の空 蛙
行く春や機嫌麗し猫の声 蛙
後足の追ひ付きさうな毛虫かな やまねぇ
ハーバービュー微睡むふたり春朧 まりこ
大根を刻むお義母さん青葉光 たかゆき
春惜しむ出窓ほこりのうっすらと マウス 
妻と義母弾む会話に春惜しむ たかゆき
神楽坂 気づけば今宵も 落語酒 さちこ
麦畑(む ぎはた)や優しき人の魂(たま)ぞ渡る 青舟
尺取りさん 布団の中で 春惜しむ さちこ
白ツツジ二人でともに終の路 蛙
注意され化粧が取れて隈が出て よしだ
褒め言葉受け取れぬきみ夏近し さとう
春惜しむ日差しが次を予感する 雪子
よだれかけ青葉とともに映えており たかゆき
稚児の歯の覗く笑顔の青葉かな マウス
写生する絵の具の中の青葉色 マウス
母の日の酔って帰宅でありにけり さとう
五月晴れ微笑む君の指震え 蛙
通り雨青葉溶かして匂い立つ 青舟
春惜しむ気温はすでに初夏である ユッコ
峠越え 手招く虹は 道しるべ さちこ
桜花すっかり落ちて青葉出る ユッコ
乳飲み子の沐浴難し青葉風 たかゆき
遠く聞く春雷の空光る路 蛙
乳飲み子のミルクの温度春惜しむ たかゆき
ガスの火を弱める午後や青葉冷え ゆうこ
新しいあだ名うれしき青葉かな 青舟
閉店のレジカーネーション買う男 ユッコ
春の空未来へ届け鐘が鳴る まりこ
稚児の眼に色新しき青葉かな 青舟
吹く風に急かされるよに桜舞う まりこ
惜春やくしゃみの数の減りにけり マウス
母の日にメールで不在を詫びにけり ゆうこ
母であり娘でもある母の日か ユッコ
成るようになるしかないの藤の花 クリーム
母の日に母になる我が娘 雪子
亡き父の形見身に付け春惜しむ クリーム
惜春やしなびた檸檬の切り易し ゆうこ
寝転がるごと芝の上てんと虫 さとう
似顔絵や初母の日の涙かな 彩
春惜しむ気にかかるのは美白記事 ゆうこ
母の日の小言響きし母在りて マウス
行かないで言葉飲み込み春惜しむ まりこ
大木や散る潔さ春惜しむ 彩
囀ずりに耳を傾け春惜しむ 彩
麦笛や兎の堀りし恋の穴 村蛙
青葉かなコントラバスの首掴み やまねぇ

| ホーム |


 BLOG TOP