プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

11月ネット句会

こんにちは、むつきの会ブログ管理人のさとうです。
ネット句会を行います。

選句のやりかたとしては
うちの会員の作った俳句が
誰が作った俳句かわからないよう無記名で
リストに並んでます。

リストを見て、いいと思った句を5句選んで
このブログのコメント欄に直接書き込んでください。
投句した方は自分の作品は絶対に選ばないでください。

その中で一番いいと思った句を特選句として
特選句のみその句を何故選んだか、どこがいいと思ったか感想を書いてください。

あとの4句はその句のみ書いてください。
ですが、全部の句を感想を書きたかったら書いてもかまいません。

パソコンでこのページを見ている方は
気に入った句をコピー&ペーストするとやりやすいと思います。
携帯電話から見ている人は
メモ用紙を用意してメモして最後にコメント欄に書きこむのがいいと思います。

会員以外の方の書き込みも歓迎です。
気軽に選句してくれると嬉しいです。

締め切りは11月30日(土)です。
締めきり過ぎても選句は出来ますが
なるべく締め切りまでに選句してください。
締め切りが過ぎたらここで作者名を発表します
みなさんの選句をおまちしてます。

【俳句リスト】
新米を食し味わう心から
手土産の柿が集まる我が家かな 
ほどほどに紅葉賑わう山蘆かな 
山茶花の身を乗り出して蕾かな 
ふつふつと苦笑噛み殺す牡蠣フライ
閃いた俳句忘れて冬に入る 
冬蜜柑妻が欲せし数を買ふ 
定番のように編みたくなる毛糸 
ミニフィギュア賑わう居間の聖夜劇 
天高く永久に響かむレクイエム 
すす払い今年1年感謝する 
西友の灯せば灯る青リンゴ
見上げれば雲なき空に秋想う 
大盛りを好む女や冬隣 
バーベキュー滴り落ちる脂汗 
星の死を今知るごとく虫の闇
空の青透かす欅の冬近し 
リモコンを探す習慣冬隣 
フラッシュもゴールに集う運動会 
いつ来るの私のもとに春の日は 
白菜のとろけて冬の飯支度 
実を抱き風に揺れたる蕎麦の茎 
胴上げに一人涙の自棄ビール 
寒風に葉を赤らめた花水木 
ふくふくの橙野鳥の宴かな 
パンジーの色とりどりに凍てしかな
古(いにしえ)の魂秋思(しうし)国分寺 
仕事辞め毛糸編む君一日かな 
出遅れし初物秋刀魚骨残り 
クリスマスカードに見合う友の数 
遠き日の返事をしたる焚き火かな
菊見ると中学時代思い出す 
花梨の実母によしなしごとありや 
おおきいがちいさくみえて冬の空 
セロテープびういと伸ばし秋高し
子が泣いて叱る母店にポインセチア 
はらはらと涙のように桜散る 
人生に無駄使いあり木の葉髪 
枯葉舞う不在の人をまた思う 
スポンサーサイト

11月ネット句会作者名発表

ネット句会の選句ありがとうございました。
作者名を発表します。
各自、自分が選んだ俳句の作者が誰なのか
確認しておいてくださいね。

新米を食し味わう心から 雪子
手土産の柿が集まる我が家かな じゅんこ
ほどほどに紅葉賑わう山蘆かな クリーム
山茶花の身を乗り出して蕾かな ユッコ
ふつふつと苦笑噛み殺す牡蠣フライ たかゆき
閃いた俳句忘れて冬に入る さとう
冬蜜柑妻が欲せし数を買ふ たかゆき
定番のように編みたくなる毛糸 ユッコ
ミニフィギュア賑わう居間の聖夜劇 マウス
天高く永久に響かむレクイエム マウス
すす払い今年1年感謝する 雪子
西友の灯せば灯る青リンゴ やまねぇ
見上げれば雲なき空に秋想う じゅんこ
大盛りを好む女や冬隣 さとう
バーベキュー滴り落ちる脂汗 マウス
星の死を今知るごとく虫の闇 やまねぇ
空の青透かす欅の冬近し クリーム
リモコンを探す習慣冬隣 さとう
フラッシュもゴールに集う運動会 じゅんこ
いつ来るの私のもとに春の日は 雪子
白菜のとろけて冬の飯支度 たかゆき
実を抱き風に揺れたる蕎麦の茎 ユッコ
胴上げに一人涙の自棄ビール じゅんこ
寒風に葉を赤らめた花水木 ユッコ
ふくふくの橙野鳥の宴かな クリーム
パンジーの色とりどりに凍てしかな マウス
古(いにしえ)の魂秋思(しうし)国分寺 クリーム
仕事辞め毛糸編む君一日かな たかゆき
出遅れし初物秋刀魚骨残り じゅんこ
クリスマスカードに見合う友の数 マウス
遠き日の返事をしたる焚き火かな やまねぇ
菊見ると中学時代思い出す 雪子
花梨の実母によしなしごとありや やまねぇ
おおきいがちいさくみえて冬の空 さとう
セロテープびういと伸ばし秋高し やまねぇ
子が泣いて叱る母店にポインセチア たかゆき
はらはらと涙のように桜散る 雪子
人生に無駄使いあり木の葉髪 さとう
枯葉舞う不在の人をまた思う ユッコ

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

| ホーム |


 BLOG TOP