プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

8月ネット句会


こんにちは、むつきの会ブログ管理人のさとうです。
ネット句会を行います。

選句のやりかたとしては
うちの会員の作った俳句が
誰が作った俳句かわからないよう無記名で
リストに並んでます。

リストを見て、いいと思った句を5句選んで
このブログのコメント欄に直接書き込んでください。
投句した方は自分の作品は絶対に選ばないでください。

その中で一番いいと思った句を特選句として
特選句のみその句を何故選んだか、どこがいいと思ったか感想を書いてください。

あとの4句はその句のみ書いてください。
ですが、全部の句を感想を書きたかったら書いてもかまいません。

パソコンでこのページを見ている方は
気に入った句をコピー&ペーストするとやりやすいと思います。
携帯電話から見ている人は
メモ用紙を用意してメモして最後にコメント欄に書きこむのがいいと思います。

会員以外の方の書き込みも歓迎です。
気軽に選句してくれると嬉しいです。

締め切りは8月31日(土)です。
締めきり過ぎても選句は出来ますが
なるべく締め切りまでに選句してください。
締め切りが過ぎたらここで作者名を発表します
みなさんの選句をおまちしてます。

【俳句リスト】
生ビール口元刺さるフローズン 
繋ぐ手に祭りばやしは聞こえない
アパートに歓声上がる朝の虹
手短な報告ありてビール飲む 
日焼けした顔も土産にあぁビール 
切なさと哀しみの違い黒ビール 
缶ピール頬は対照義兄弟
要はそこ虹に遅れて来るところ
イタリアの麦酒ネクタイ緩めつつ 
波頭ビールの泡と重なりて
夏祭り暑さしのぎの出店かな 
フレミングそれは違うと虹の丘 
行き着けぬ場所もあるかな子らの虹
河童忌や少し温んだ麦酒飲む
誰にでも得手不得手あり夏の空 
虹立ちて七色数える吾子の指
キャラ弁も今日は国旗と独立祭 
初夏の風毛虫ぶらぶら並木道 
高速道降りるもまた良し夏の虹
凜として建雷(たけいかずち)の宮の森 
饅頭が名物のまち夏祭り 
豪雨明けキラリ架け橋道飾る 
炎昼や大企業なる派遣先 
蒸し暑き事もなさげに川の鯉 
熱風に乗って気まぐれ凌霄花(のうぜんか) 
雲のたいやき追いかけ虹は残される 
落雷の余韻草木の碧さかな 
我なりにお疲れ様と昼ビール
星の祭一人に一つ星降らす
ビール星人おつぱい星人我が友よ
祭り前やぐら囲いし男衆 
先客の金魚フェンスに鼻緒擦れ
出目金のかきわけてゆく祭り波 
雲流る咲き誇れるや梨の花 
軒下で猫と空見る雨宿り 
登山道話題は湧水味較べ 
虹ひとつ空に見つけて歩を進む
出どころはおそらく虹の根のあたり
ゴミ出しは私のしごと雲の峰 
スポンサーサイト

8月ネット句会選句結果発表

ネット句会の選句ありがとうございました。
作者名を載せます。
各自、自分の選んだ句が誰の句か
確認しておいてください

生ビール口元刺さるフローズン じゅんこ
繋ぐ手に祭りばやしは聞こえない ユッコ
アパートに歓声上がる朝の虹 ぼぶ
手短な報告ありてビール飲む さとう
日焼けした顔も土産にあぁビール たかゆき
切なさと哀しみの違い黒ビール ユッコ
缶ピール頬は対照義兄弟 じゅんこ
要はそこ虹に遅れて来るところ やまねぇ
イタリアの麦酒ネクタイ緩めつつ ぼぶ
波頭ビールの泡と重なりて ユッコ

夏祭り暑さしのぎの出店かな じゅんこ
フレミングそれは違うと虹の丘 たかゆき
行き着けぬ場所もあるかな子らの虹 ぼぶ
河童忌や少し温んだ麦酒飲む ぼぶ
誰にでも得手不得手あり夏の空 さとう
虹立ちて七色数える吾子の指 おの
キャラ弁も今日は国旗と独立祭 たかゆき
初夏の風毛虫ぶらぶら並木道 蛙
高速道降りるもまた良し夏の虹 たかゆき
凜として建雷(たけいかずち)の宮の森 蛙
饅頭が名物のまち夏祭り さとう
豪雨明けキラリ架け橋道飾る じゅんこ
炎昼や大企業なる派遣先 さとう
蒸し暑き事もなさげに川の鯉 蛙
熱風に乗って気まぐれ凌霄花(のうぜんか) おの
雲のたいやき追いかけ虹は残される たかゆき
落雷の余韻草木の碧さかな おの
我なりにお疲れ様と昼ビール ユッコ
星の祭一人に一つ星降らす ぼぶ
ビール星人おつぱい星人我が友よ やまねぇ
祭り前やぐら囲いし男衆 じゅんこ
先客の金魚フェンスに鼻緒擦れ やまねぇ
出目金のかきわけてゆく祭り波 やまねぇ
雲流る咲き誇れるや梨の花 蛙
軒下で猫と空見る雨宿り 蛙
登山道話題は湧水味較べ おの
虹ひとつ空に見つけて歩を進む ユッコ
出どころはおそらく虹の根のあたり やまねぇ
ゴミ出しは私のしごと雲の峰 さとう

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

| ホーム |


 BLOG TOP