プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

4月ネット句会

こんにちは、むつきの会ブログ管理人のさとうです。
ネット句会を行います。

選句のやりかたとしては
うちの会員の作った俳句がリストに並んでます。
リストを見て、いいと思った句を5句選んで
このブログのコメント欄に直接書き込んでください。
投句した方は自分の作品は絶対に選ばないでください。

その中で一番いいと思った句を特選句として
特選句のみその句を何故選んだか、どこがいいと思ったか感想を書いてください。

あとの4句はその句のみ書いてください。
ですが、感想を書きたかったら書いてもかまいません。

パソコンでこのページを見ている方は
気に入った句をコピー&ペーストするとやりやすいと思います。
携帯電話から見ている人は
メモ用紙を用意してメモして最後にコメント欄に書きこむのがいいと思います。

会員以外の方の書き込みも歓迎です。
気軽に選句してくれると嬉しいです。

締め切りは4月30日(火)です。
締めきり過ぎても選句は出来ますが
なるべく締め切りまでに選句してください。
締め切りが過ぎたらここで作者名を発表します
みなさんの選句をおまちしてます。

リスト
ぶらんこや空を蹴りたき日のありて 
靴紐を縛らないひと春の闇 
夜桜は蒼いばかりに真白なり 
スカートのひだ音をたてふらここに 
真摯なる質問がよし新社員 
長雨や桜吹雪も川流れ 
新任のほくろ親しき四月かな 
会いたさや四月の水をくぐりつつ 
人事異動心新たな卯月なり 
メイク箱出番も増えて桜いま 
挨拶も終わりし舞台ぶらんこ
二条城護る椿の疲たるかな 
花冷えに身を擦り寄せる猫二匹 
夜桜や薄紅色の自己主張
戦没の御霊寄り添う桃の華 
海外へ行くという君ぶうらんこ 
ブランコや空に届けと靴を投げ 
満開や宴の前の一仕事 
さよならは春のはじまり沈丁花 
春の夜初恋の人家来る
ふらここやおほかみのこになれるまで 
ルンルンと卯月の空にカーディガン 
再会の言葉はやさし夕桜
野宮(ののみや)の良縁結ぶ春ショール  
ぶらんこの高さを競う青い空 
ひらひらと桜の花はもやの中 
残酷な勝負の女神桜散る 
桜餅西との違い感じいる 
盛りすぎなが抜け落ちる花見かな 
春風に揺れるブランコのんびりと 
涅槃吹く石庭の謎龍安寺 
桜湯や夢叶ふことの疲れあり 
太極拳の振り揃ひゆく桜かな 
待ちに待つ春がはじける白木蓮 
これも良し葉桜愛でる気の余裕 
しばし待て見頃の姿花見まで  
とも白髪など桜散るんじやないの 
春の闇村神社に妊婦あり
冴えかえる帰り支度に手を擦って 
陽光の吾子ブランコで空を漕ぐ
セーラーの吾子のものの芽出づる時
牧歌聞くげんげ食む日の牛の耳 
思い出がブランコの背を押している 
持ち帰るアラレなんとか初桜 
おたまじやくしわいわい雲を喰ひつくす
両親の手前建前入学式 
うららかや祝ふことなき日の肴 
姿より香りが先に沈丁花
ブランコや地面にうつる僕の影 
桜花飽和状態散り惜しみ 
桜咲き心も踊る新入生 
誕生会四月生まれの友人と 
涙線の緩みし歳か桜散る 
真新し気分漂う卯月かな 
手を擦って春に長雨濡れ鼠
ブランコの子の背一押し花吹雪 
スポンサーサイト

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

4月ネット句会作者名発表

こんにちは、むつきの会管理人のさとうです。
作者名をアップします。
各自自分の選んだ俳句の作者が誰か確認しておいてください

ぶらんこや空を蹴りたき日のありて 朔
靴紐を縛らないひと春の闇 さとう
夜桜は蒼いばかりに真白なり ユッコ
スカートのひだ音をたてふらここに たかゆき
真摯なる質問がよし新社員 さとう
長雨や桜吹雪も川流れ 蛙
新任のほくろ親しき四月かな やまねぇ
会いたさや四月の水をくぐりつつ 朔
人事異動心新たな卯月なり まきこ
メイク箱出番も増えて桜いま たかゆき
挨拶も終わりし舞台ぶらんこ たかゆき
二条城護る椿の疲たるかな クリーム
花冷えに身を擦り寄せる猫二匹 蛙
夜桜や薄紅色の自己主張 クリーム
戦没の御霊寄り添う桃の華 クリーム
海外へ行くという君ぶうらんこ たかゆき
ブランコや空に届けと靴を投げ じゅんこ
満開や宴の前の一仕事 じゅんこ
さよならは春のはじまり沈丁花 まきこ
春の夜初恋の人家来る ぼぶ
ふらここやおほかみのこになれるまで やまねぇ
ルンルンと卯月の空にカーディガン じゅんこ
再会の言葉はやさし夕桜 朔
野宮(ののみや)の良縁結ぶ春ショール クリーム 
ぶらんこの高さを競う青い空 ユッコ
ひらひらと桜の花はもやの中 まきこ
残酷な勝負の女神桜散る さとう
桜餅西との違い感じいる ひろの
盛りすぎなが抜け落ちる花見かな 蛙
春風に揺れるブランコのんびりと ひろの
涅槃吹く石庭の謎龍安寺 クリーム
桜湯や夢叶ふことの疲れあり 朔
太極拳の振り揃ひゆく桜かな やまねぇ
待ちに待つ春がはじける白木蓮 まきこ
これも良し葉桜愛でる気の余裕 ひろの
しばし待て見頃の姿花見まで ひろの 
とも白髪など桜散るんじやないの やまねぇ
春の闇村神社に妊婦あり ぼぶ
冴えかえる帰り支度に手を擦って 蛙
陽光の吾子ブランコで空を漕ぐ ぼぶ
セーラーの吾子のものの芽出づる時 ぼぶ
牧歌聞くげんげ食む日の牛の耳 ぼぶ
思い出がブランコの背を押している まきこ
持ち帰るアラレなんとか初桜 たかゆき
おたまじやくしわいわい雲を喰ひつくす やまねぇ
両親の手前建前入学式 さとう
うららかや祝ふことなき日の肴 朔
姿より香りが先に沈丁花 ユッコ
ブランコや地面にうつる僕の影 じゅんこ
桜花飽和状態散り惜しみ ユッコ
桜咲き心も踊る新入生 じゅんこ
誕生会四月生まれの友人と ユッコ
涙線の緩みし歳か桜散る さとう
真新し気分漂う卯月かな ひろの
手を擦って春に長雨濡れ鼠 蛙
ブランコの子の背一押し花吹雪 クリーム

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

| ホーム |


 BLOG TOP