プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月ネット句会

こんにちは、むつきの会ブログ管理人のさとうです。
ネット句会を行います。

選句のやりかたとしては
うちの会員の作った俳句がリストに並んでます。
リストを見て、いいと思った句を5句選んで
このブログのコメント欄に直接書き込んでください。
投句した方は自分以外の作品を選んでください。

その中で一番いいと思った句を特選句として
特選句のみその句を何故選んだか、どこがいいと思ったか感想を書いてください。

あとの4句はその句のみ書いてください。
あとの4句の感想を書きたかったら書いてもかまいません。

パソコンでこのページを見ている方は
気に入った句をコピー&ペーストするとやりやすいと思います。
携帯電話から見ている人は
メモ用紙を用意してメモして最後にコメント欄に書きこむのがいいと思います。

会員以外の方の書き込みも歓迎します。
気軽に選句してみてください。

締め切りは12月2日(日)です。
締め切りが過ぎたらここで作者名を発表します
みなさんの選句をおまちしてます。

リスト
ふるふると茶碗蒸しから栗ひとつ
赤似合う美魔女と言われ曼珠沙華 
賜りし金木犀も花添えて 
手にとりし秋刀魚と目あい笑う子等 
母方はみんな長生き墓洗う 
真すぐとは不器用さんまよく焼けり 
介護する母の背中に金木犀 
食卓に煙舞い立つ秋刀魚かな 
木犀や人が恋しき四十路前 
木犀の誘ふ杖の白きかな
芋栗の甘さもまして秋惜しむ 
玄関や色香華やぐ金木犀 
行く秋のベンチの鳩を膨らます
叱られる隣の社員火の恋し 
雨に消ゆ十一月の街の色 
秋惜しむ夜咄(よばなし)の声子守唄 
ウキキキキ鳥鳴く音や金木犀 
秋深しなんでも母に任す父 
新しき職場の上司秋刀魚どき 
七輪にはみ出し秋刀魚日和かな
少年の会釈小さく秋行けり
毎朝の体温測る金木犀 
父親の好み優先さんま焼く 
幼子のしゃがみて紅葉拾いけり 
秋惜しむ温泉旅行できぬとは 
木犀や母の背中を追いかける 
爽やかや仕事忘るる午後の土手 
百円の秋刀魚の眼(まなこ)赤くなり  
秋刀魚より鯖しか知らぬ異国人 
金木犀言ふに言われぬ恋心 
スポンサーサイト

テーマ : 小説・俳句・短歌・川柳 - ジャンル : 小説・文学

11月ネット句会作者名アップ

ネット句会への投句と選句ありがとうございました。
作者名を発表しますね
各自、自分の選んだ俳句の作者が誰か、確認しておいてくださいね。

ふるふると茶碗蒸しから栗ひとつ りょうこ
赤似合う美魔女と言われ曼珠沙華 クリーム
賜りし金木犀も花添えて じゅんこ
手にとりし秋刀魚と目あい笑う子等 じゅんこ
母方はみんな長生き墓洗う さとう
真すぐとは不器用さんまよく焼けり やまねぇ
介護する母の背中に金木犀 クリーム
食卓に煙舞い立つ秋刀魚かな じゅんこ
木犀や人が恋しき四十路前 さとう
木犀の誘ふ杖の白きかな やまねぇ
芋栗の甘さもまして秋惜しむ じゅんこ
玄関や色香華やぐ金木犀 じゅんこ
行く秋のベンチの鳩を膨らます やまねぇ
叱られる隣の社員火の恋し さとう
雨に消ゆ十一月の街の色 りょうこ
秋惜しむ夜咄(よばなし)の声子守唄 クリーム
ウキキキキ鳥鳴く音や金木犀 たかゆき
秋深しなんでも母に任す父 さとう
新しき職場の上司秋刀魚どき たかゆき
七輪にはみ出し秋刀魚日和かな やまねぇ
少年の会釈小さく秋行けり やまねぇ
毎朝の体温測る金木犀 たかゆき
父親の好み優先さんま焼く さとう
幼子のしゃがみて紅葉拾いけり りょうこ
秋惜しむ温泉旅行できぬとは たかゆき
木犀や母の背中を追いかける りょうこ
爽やかや仕事忘るる午後の土手 りょうこ
百円の秋刀魚の眼(まなこ)赤くなり クリーム 
秋刀魚より鯖しか知らぬ異国人 たかゆき
金木犀言ふに言われぬ恋心 クリーム

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。