プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月ネット句会

こんにちは、むつきの会ブログ管理人のさとうです。
ネット句会を行います。

やりかたとしては
うちの会員の作った俳句がリストに並んでます。
リストを見て、いいと思った句を5句選んで
このブログのコメント欄に直接書き込んでください。
投句した方は自分以外の作品を選んでください。

その中で一番いいと思った句を特選句として
特選句のみその句を何故選んだか、どこがいいと思ったか感想を書いてください。

あとの4句はその句のみ書いてください。
あとの4句の感想を書きたかったら書いてもかまいません。

パソコンでこのページを見ている方は
気に入った句をコピー&ペーストするとやりやすいと思います。
携帯電話から見ている人は
メモ用紙を用意してメモして最後にコメント欄に書きこむのがいいと思います。

会員以外の方の書き込みも歓迎します。
気軽に選句してみてください。

締め切りは9月2日(日)です。
締め切りが過ぎたらここで作者名を発表します
みなさんの選句をおまちしてます。


赤黒の金魚抱えて終電車
醤油またしまい忘れる冷奴 
扇もて繁くあおぐもぬるき風 
見つめられ姿赤らむ金魚かな 
空色の日傘かざして白きシャツ 
分譲の住宅チラシ冷奴
お互いに扇を持ちしヘボ将棋 
いまは幸せと君にいいたい金魚かな 
帰るなりステテコ履いて冷奴 
柔道の礼を説くきみ冷奴 
寝技冴え金魚はゆうらり泳ぎいる
扇持つ姿も凛々しサラリーマン 
足指の一本ずつが笑う海 
食欲のなくて頼みの冷奴 
この街の水の味する冷奴 
ひすい色した池じゅうに金魚かな 
旗三本白も上がるる冷奴 
冷奴 塩ひとつまみネギはらり
お手伝い手より大きし豆腐かな 
扇子持ちはしゃぎ踊るや童たち 
冷奴大中小と切り分ける 
金メダル語りしわれら秋扇 
割れなくて等分に切るスイカ割り 
冷奴昼間の疲れ癒しけり 
BURBERRYをブルベリとよむ暑さかな 
日は西にいま合歓の花ほどきつつ 
朝に灯を消したる如き金魚ゐて 
黒服に握りしめたる扇子かな 
先人の扇あまたに学び小屋 
父に似て骨ばりし手や冷奴
絵はがきのきりん届いて夏の雲 
鉢の中 泳ぐ金魚に 涼感ず 
縁日の土産話の金魚すくい

9月8日追記
作者名を下記にアップします。
各自、自分が選んだ作品の作者が誰か確認しておいてくださいね。

 赤黒の金魚抱えて終電車 りこ
醤油またしまい忘れる冷奴 さとう
扇もて繁くあおぐもぬるき風 ひろの
見つめられ姿赤らむ金魚かな じゅんこ
空色の日傘かざして白きシャツ さとう
分譲の住宅チラシ冷奴 やまねぇ
お互いに扇を持ちしヘボ将棋 さとう
いまは幸せと君にいいたい金魚かな やまねぇ
帰るなりステテコ履いて 冷奴 ひろの
柔道の礼を説くきみ冷奴 たかゆき
寝技冴え金魚はゆうらり泳ぎいる たかゆき
扇持つ姿も凛々しサラリーマン じゅんこ
足指の一本ずつが笑う海 りこ
食欲のなくて頼みの冷奴 るん
この街の水の味する冷奴 りこ
ひすい色した池じゅうに金魚かな るん
旗三本白も上がるる冷奴 たかゆき
冷奴 塩ひとつまみネギはらり るん
お手伝い手より大きし豆腐かな じゅんこ
扇子持ちはしゃぎ踊るや童たち るん
冷奴大中小と切り分ける りこ
金メダル語りしわれら秋扇 たかゆき
割れなくて等分に切るスイカ割り さとう
冷奴昼間の疲れ癒しけり じゅんこ
BURBERRYをブルベリとよむ暑さかな さとう
日は西にいま合歓の花ほどきつつ やまねぇ
朝に灯を消したる如き金魚ゐて やまねぇ
黒服に握りしめたる扇子かな るん
先人の扇あまたに学び小屋 たかゆき
父に似て骨ばりし手や冷奴 やまねぇ
絵はがきのきりん届いて夏の雲 りこ
鉢の中 泳ぐ金魚に 涼感ず ひろの
縁日の土産話の金魚すくい じゅんこ



スポンサーサイト

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。