プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月ネット句会

こんにちは、むつきの会ブログ管理人のさとうです。
ネット句会を行います。

やりかたとしては
うちの会員の作った俳句が30句並んでます。
リストを見て、いいと思った句を5句選んで
このブログのコメント欄に直接書き込んでください。
投句した方は自分以外の作品を選んでください。

その中で一番いいと思った句を特選句として
特選句のみその句を何故選んだか、どこがいいと思ったか感想を書いてください。

あとの4句はその句のみ書いてください。
あとの4句の感想を書きたかったら書いてもかまいません。

パソコンでこのページを見ている方は
気に入った句をコピー&ペーストするとやりやすいと思います。
携帯電話から見ている人は
メモ用紙を用意してメモして最後にコメント欄に書きこむのがいいと思います。

会員以外の方の書き込みも歓迎します。
選句するのも俳句の実力アップにつながりますよ。

12月10日追記。
ネット句会への参加ありがとうございました。
おかげで今回も盛りあがり、なによりでした。

作者名を下の記事(ブログの一つ手前の記事)にアップしました。
各自、自分の選んだ俳句の作者が誰か確認しておいてくださいね。

このページはこのままにしておきますので
締め切りは過ぎましたが、選句はいつでも受け付けます。
いつでもコメント欄に書き込んでください。


早朝の悴む指や冬近し 
おとうとの引っ越し遠く冬隣
年波かインナー変わる冬隣
秋刀魚喰ふ故郷思ふ涙拭く
腰痛の義母も背伸びる紅葉かな 
読みかけの本あちこちに冬待てり 
呆けたらとんぼう我に止まりくる 
冬木立夜行列車の音もなく 
砂埃舞うは学校冬近し 
参道に泣きべその子や七五三 
両親に手を引かれいて七五三
密会に相応しと踏む落葉かな
木枯らしさん財布の中はご勘弁
深入りはするなと囁く落葉かな
鉄器さへ必要だと言ふ冬支度 
バスを待つ靴にまさりし落ち葉かな 
鏡見ておすまし顔や初化粧 
君戻る車の音や冬隣
七五三あの頃何を思ふたらう
新しき家にちひさき紅葉かな 
蟷螂の短距離走者真似るごと 
サンリオを手放さぬ子の七五三 
未来への決意のやうな色紅葉
冬服や動詞活用唱えをり 
笑み溢れ姪と我が娘(こ)の晴れ姿 
この恋の終わる予感や冬薔薇(ふゆそうび)
七五三鳥居の赤は赤いまま 
冬近しいつも一言足らぬ父 
冬隣手帳売り場の三、四人 
七五三下りし坂の歩道かな 
スポンサーサイト

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

11月ネット句会作者発表

ネット句会への投句および選句ありがとうございました。
ネット句会の作者をここに発表します。
各自、自分が選んだ俳句が誰の俳句か確認しておいてくださいね。

早朝の悴む指や冬近し じゅんこ
おとうとの引っ越し遠く冬隣 たかゆき
年波かインナー変わる冬隣 杜柚
秋刀魚喰ふ故郷思ふ涙拭く 杜柚
腰痛の義母も背伸びる紅葉かな じゅんこ
読みかけの本あちこちに冬待てり たかゆき
呆けたらとんぼう我に止まりくる さとう
冬木立夜行列車の音もなく りこ
砂埃舞うは学校冬近し さとう
参道に泣きべその子や七五三 りこ
両親に手を引かれいて七五三 ゆうこ
密会に相応しと踏む落葉かな ゆうこ
木枯らしさん財布の中はご勘弁 杜柚
深入りはするなと囁く落葉かな ゆうこ
鉄器さへ必要だと言ふ冬支度 たかゆき
バスを待つ靴にまさりし落ち葉かな じゅんこ
鏡見ておすまし顔や初化粧 じゅんこ
君戻る車の音や冬隣 ゆうこ
七五三あの頃何を思ふたらう 杜柚
新しき家にちひさき紅葉かな りこ
蟷螂の短距離走者真似るごと さとう
サンリオを手放さぬ子の七五三 さとう
未来への決意のやうな色紅葉 杜柚
冬服や動詞活用唱えをり りこ
笑み溢れ姪と我が娘(こ)の晴れ姿 じゅんこ
この恋の終わる予感や冬薔薇(ふゆそうび)ゆうこ
七五三鳥居の赤は赤いまま たかゆき
冬近しいつも一言足らぬ父 さとう
冬隣手帳売り場の三、四人 りこ
七五三下りし坂の歩道かな たかゆき

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。