プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月ネット句会

こんにちは、むつきの会ブログ管理人のさとうです。
ネット句会を行います。

やりかたとしては
うちの会員の作った俳句が40句並んでます。
リストを見て、いいと思った句を5句選んでコメント欄に書き込んでください。
投句した方は自分以外の作品を選んでください。
その中で一番いいと思った句を特選句として
特選句のみその句を何故選んだか、どこがいいと思ったか感想を書いてください。
あとの4句はその句のみ書いてください。
4句の感想を書きたかったら書いてもかまいません。

パソコンでこのページを見ている方は
気に入った句をコピー&ペーストするとやりやすいと思います。
携帯電話から見ている人は
メモ用紙を用意してメモして最後にコメント欄に書きこむのがいいと思います。

会員以外の方の書き込みも歓迎します。
選句するのも俳句の実力アップにつながりますよ。

締め切りは9月15日(木)です。
締め切りが過ぎたらその句の作者名を発表します。
気軽に書いてくれると嬉しいです。
皆さんの参加をお待ちしております。
また、9月11日(日)に都内で句会を行います。
5句持ち寄って行う会ですが、見学も歓迎です。
興味のある方はさとうameboss14@yahoo.co.jpまでメールください。



リスト
携帯も汗かき苛め虐められ 
紅きとて誘うつもりもない金魚
冷酒のラベル濡れゆく手酌かな 
柱時計しずまるまでの冷酒かな 
草むしり児らの成長祈るかな
家じゅうの切手集める暑さかな 
彼(か)の元へ路を照らして鬼灯よ 
宿題の朝顔並べ腹這ふ子 
虫の音や肌掴みとる熱風に   
意地張りて金魚掬いに加わらず
過去は過去割り切れぬこと冷し酒 
小さき靴入りまじりたる暑さかな 
扇風機文化も混ざる夜食会  
炎昼や餃子並べる店の奥 
角曲がるそこに広がる青田かな 
たれでせう薊の中を識る人は 
夏祭り宮殿下の屋台かな  
なめくぢら家などいらぬとつっぱって 
波音をアロハシャツより流しけり 
みぎひだりとしか言えないスイカ割り 
割り切れぬこと多かりし遠花火 
冷や酒や漂ふ香(こう)に頬染めて 
秋立つや故人の歌集開きゐし 
ざっくりと西瓜を切れば種こぼれ 
父の背に車のぼらせ夏座敷 
桶の中「休もう」ゆらりトマト呼ぶ 
暑き日の風に当たりて夜読書 
向日葵やトランクを引く人の群れ 
縁日を彩る無数の金魚かな 
平凡な日々の暮らしや韮の花 
スイカ割り犬が見ている走り出す 
余震来て金魚はなにを考える 
アイロンの底の光れる大暑かな
りんりんと暑きを癒す音色かな
摩天楼夜の屋台に光負け  
父からの電話待ちおり夜の秋 
金魚玉ゆく角ごとに揺れてをり
金魚提げふと見上げれば空に花 
冷酒の東北魂もらいけり 
滝壺の深き緑や溢れつつ

11.9.17追記
みんな、選句ありがとう。
作者名をアップします。
各自、自分の選んだ作品の作者が誰か、確認しておいてくださいね。


【作者名一覧】
携帯も汗かき苛め虐められ たかゆき
紅きとて誘うつもりもない金魚 さえこ
冷酒のラベル濡れゆく手酌かな さとう
柱時計しずまるまでの冷酒かな りこ
草むしり児らの成長祈るかな ケニー
家じゅうの切手集める暑さかな さとう
彼(か)の元へ路を照らして鬼灯よ さえこ
宿題の朝顔並べ腹這ふ子 りこ
虫の音や肌掴みとる熱風に   たかゆき
意地張りて金魚掬いに加わらず ゆうこ
過去は過去割り切れぬこと冷し酒 ゆきえ
小さき靴入りまじりたる暑さかな ケニー
扇風機文化も混ざる夜食会  たかゆき
炎昼や餃子並べる店の奥 りこ
角曲がるそこに広がる青田かな ゆうこ
たれでせう薊の中を識る人は さえこ
夏祭り宮殿下の屋台かな  たかゆき
なめくぢら家などいらぬとつっぱって さえこ
波音をアロハシャツより流しけり ケニー
みぎひだりとしか言えないスイカ割り さとう
割り切れぬこと多かりし遠花火 ゆきえ
冷や酒や漂ふ香(こう)に頬染めて じゅんこ
秋立つや故人の歌集開きゐし ゆきえ
ざっくりと西瓜を切れば種こぼれ ゆうこ
父の背に車のぼらせ夏座敷 りこ
桶の中「休もう」ゆらりトマト呼ぶ さえこ
暑き日の風に当たりて夜読書 じゅんこ
向日葵やトランクを引く人の群れ さとう
縁日を彩る無数の金魚かな じゅんこ
平凡な日々の暮らしや韮の花 ゆきえ
スイカ割り犬が見ている走り出す さとう
余震来て金魚はなにを考える ケニー
アイロンの底の光れる大暑かな ゆうこ
りんりんと暑きを癒す音色かな じゅんこ
摩天楼夜の屋台に光負け  たかゆき
父からの電話待ちおり夜の秋 ゆうこ
金魚玉ゆく角ごとに揺れてをり りこ
金魚提げふと見上げれば空に花 じゅんこ
冷酒の東北魂もらいけり ケニー
滝壺の深き緑や溢れつつ ゆきえ


スポンサーサイト

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。