プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

むつきの会俳句入門講座

こんばんは。さとうです。

俳句を作った事のない人や俳句初心者から
俳句を作るにはどうすればいいか聞かれる事があります。
私なりにコツをまとめてみました。
よければみてくださいませ。

うちの会では吟行(みんなで景色のいい場所に行って解散して各自で句を作り、その後集合して句会を行う)と定例句会(あらかじめ作った句を持ち寄る会)があります。
俳句を作るのに必要なものは
歳時記、筆記具、メモ帳。これだけです。歳時記を見て、書く。
句会には他にも必要なものも出てきますが、それは句会に参加するときに教えますね。
趣味によっては初期投資がかかる趣味もありますが、
これだけで行える趣味って、そうそうないでしょ?

さて、俳句の作り方ですが
俳句は季語を入れて、5,7,5で作ります。
無季俳句、というものもございますが、まずは季語を入れて作ってみてください。
歳時記を開いてみてください。その時期、その時期で色々な季語がありますよね。
歳時記がない場合でも、例えば、夏の場合
夏、暑い、夏めく、水着、サングラス、噴水、冷房、扇風機、風鈴、花火、日焼け、日傘、ビール、冷酒、麦茶、ラムネ、かき氷、心太
これらは日常会話でも使う言葉ですよね。そういう言葉を思い浮かべてください。
「ゃ」、「ゅ」、「ょ」はゼロ文字、「っ」は1文字、伸ばす(ー)も1文字として数えます。
では作ってみましょう。
いきなり575は難しいかもしれません、では、最初は575のうち、真ん中の7は必ず7にする事を心がけてください。上5下5は最悪4とか6でも構いません。
いきなり巧くつくろうと思わないで下さい。
後は、自分の言葉で詠む事を心がけてください。
花を見たら美しい、とか、誰もがいいそうな言葉、ありますよね。そういう言葉はなるべく使わないこと。ちょっと捻ってみて下さい。

例えば
最近、空き家になった家、そこにも燕の巣があった。人がいなくてもかわらぬ光景
という情景は
買い手なき新しき家に燕の巣 ゆうこ

秋の候、通り雨(時雨)が降り続いている。歩き続けると洋館が見えたが、その洋館はしっかり鍵がかかっていて静寂に包まれている。そんな光景は
洋館の固き施錠や秋時雨 さとう

いつものように髪を洗っているが、心に気がかりなことがあって、振り払うように髪を洗う自分に気付いた。そんな情景は
気がつけば無心になりて髪洗う あけみ

というふうに作ります。575にまとめるために余計な事は言わない。
言うべき事は言って、言わないことを省略することで読者に想像させる。
また、余韻を出すために直接言わないのがコツです。


また切れ字を使う俳句もあります。

うきくさや転地に慣れし頃となり ゆきえ
浮き草と夫の転勤で今の地にやっとなれた自分は全く違うことがらだけど
や、できることで余韻が生まれ、作者の中に自分はうきくさのごときもの、と思っている節がつたわります。
如月や親友だから言えぬ事 さとう
如月は2月。どんな時期でもいえないことはあるが、「や」で切ったことで余韻が生まれ、
2月、ではなく如月、ということで句に緊張感のようなものが出てくる。

これは私の考え方ですが
俳句が作れない時、誰しもあると思います。
そんな時、私は俳句の575のうち、57、もしくは75だけ考える
そしてその57もしくは75に合いそうな今の時期の季語を持ってくる
つなげてもいいし、つながらないなら、切れ字の「や」を使う。
これだけで結構出来てしまうものです。
あまりいいやり方ではないかもしれないけど、そういうやり方もあります

逆に、吟行などで俳句を作らないと、と考えていると、頭の中がプレッシャーで白紙状態になってしまいます。そんなときにはリラックス、リラックス
また、俳句が出来ない時には動くもの、人間を観察するといいと思います。
特に子供は動きがあって、その動きを詠むだけで句になるものですよ。
俳句は出来ましたか?出来たらそれでよしとするのではなく
時間に余裕があったら見直してみてください。

どうしても、できあがったものがベストだと思ってしまいますが
575の順番を入れ替えるだけで、よりよい句になるケースもあります。
まぁ、初心のうちはどうなおしていいかわからないだろうから
見直してみて、それで自分がいい、と思ったらOKです。

いかがでしょうか。この文章は全く俳句を作った事のない人向けに書いてみました。
句の捻り方、というのは無意識のうちに出てくる部分があって
文章にしずらい部分もありました。その辺は我流で書いてしまいましたが

わかりにくいところがあれば遠慮なく言ってください。コメント大歓迎です。
私としてもどうすれば上手く教える事が出来るか学びたいのです。
一緒に考えてゆきましょう。

スポンサーサイト

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

名句鑑賞会橋本多佳子

こんにちは。さとうです。
句会と共に名句鑑賞会を行いました。
どういうことを行っているかは下記をご覧下さい。
http://mutukinokai.blog4.fc2.com/blog-entry-21.html

今回は橋本多佳子の俳句を学びました。
4人で行いましたが
面白かったのは4人全員が好きか嫌いかどちらかに投票した句があったということです。
どんなことでも、好みは人それぞれ。
もちろん、どれに投票したからいい悪いということは全くありません。
ただ、自分の反対の意見の人の感想を聞くことで、
感性が豊かになります。

各自の選んだ橋本多佳子の好きな句を発表します。

ゆうこ
万緑やおどろきやすき小鹿ゐて
万緑のみずみずしさと仔鹿のいたいけなさがよく通じ合っています。

たかゆき
紫蘇しぼりしぼりて母の恋ひしかり
紫蘇を搾っていたら母が恋しくなった。それだけのことですが
まず、紫蘇と母のとりあわせがよいです。
また同じ言葉をくりかえすことでじわーっと母への恋しさがにじみでている。
逆にもし自分が母への恋しさを詠むとしたら、取り合わせが難しいと思うのですが
紫蘇という言葉に小さい頃思い出が蘇り、共感を誘います。

らいなす
おとろえて生あざやかや桜八重
満開の盛りを過ぎて散り際の八重桜の美しさを情感ある言葉で詠んでいると思う。
最後の命の輝きやほとばしりも感じる

さとう
万緑やわが額(ぬか)にある鉄格子
杉田久女の最期の地での作句。確かに久女の最後を思わせる名句だが
仮に弔句でなく、例えば罪人が牢獄で詠んだものだとしても
伝わるものがある。
万緑と額の鉄格子。それだけ配置しただけで全体が浮かんでくる
まさに俳句、とはこう作るものだという句

次回は未定ですが
予定では、9月に杉田久女の句を勉強します。
どういうことをしているか、
興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)までメールくださいね。

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

7月定例句会選句結果

こんばんは。さとうです。
定例句会に参加の皆様、お疲れ様でした
選句結果をここに記します。

むつきの会定例句会 09.7.12(日)神田ルノアール
参加者:ゆうこ、たかゆき、らいなす、さとう

ゆうこ
たっぷりとひと日を生きて髪洗ふ ○た、○ら
夏帽子つばを横切る樹影(じゅえい)かな さ

たかゆき
花嫁の汗ばむところ拭きにけり ○さ
夏衣運ぶや白き新幹線 ら
手のひらの櫛を数えり髪洗う ら
羅(うすもの)の着るは好みど風邪引きぬ さ
洗い髪寝息とともに休まりぬ ゆ

らいなす
髪洗う逢瀬のたびに長くなり ○ゆ、た
いさぎよく飲み干す君と夕涼み さ
君のよな朝顔鉢を抱えゆく さ
朝顔市車掌の声も弾みけり た

さとう
デコ広くなった気がする髪洗う ゆ、ら
運勢はいつから落ち目ソーダ水 ゆ、ら
文月やまた履歴書を書き損ず ゆ、た
網の目の広がっている扇風機 た

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

本土寺紫陽花吟行選句結果

本土寺

こんにちは。さとうです
6月の本土寺の紫陽花吟行の選句結果を発表します。
写真数枚だけとって、
その後撮るの忘れていてあまりいい写真が残ってなかった。失敗。


まちこ

紫陽花を両手にそっと載せてみる  さ
紫陽花を一花ずつ分け吾子の手や  さ
紫陽花は吾子の王子チューをする  ○ゆ


さとう

紫陽花や夫(つま)はてぶらの老夫婦  ま・ゆ
ぶつかってかとは尻っぽを振り続け   ま
紫陽花を背に永遠の愛誓う       ゆ



ゆうこ
石段を下れば溢るる四ひらかな  ○ま
紫陽花に埋もれて携帯かけており ○さ

以上です。

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

| ホーム |


 BLOG TOP