プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

1月ネット句会

1月のネット句会に投稿された句です。
1月31日までに、いつものとおり五句選句で、特選にはコメントお願いいたします。
今回投句されていない方も、選句していただけるとうれしいです。


自転車に飛び散って舞う初雀  まちこ
子の寝息初雀の声と交じる朝  まちこ
忙しき職場に小さき松の内  まちこ
社食のメニューで気付く七草粥  まちこ
会えぬ友手書きに込める賀状かな  まちこ

初雀車道のまんなか歩み行く あけみ
挨拶に歩み進まぬ松の内 あけみ
初富士や夕日に淡く霞みたる あけみ
凪ぎ渡るお台場の海淑気満つ あけみ
仕事始め年に一度のスーツ着て あけみ

去年今年貫く負けた犬の道 さとう
初雀どこでも遊ぶこどもたち さとう
息白し馬は人乗せ鞭打たれ さとう
出かけ先いつもコンビニ松の内 さとう
赤茶けた雲に乗り翔ぶ初枕 さとう

鳥居より風と飛び来る初雀  ゆきえ
過ぎるもの眼に次々と松の内  ゆきえ
陽当たりし斜面にぽつんと冬すみれ  ゆきえ
風花や自転車を漕ぐ間にも  ゆきえ
新春や山より雪の降りしきる  ゆきえ

松の内せわしくハガキ書き終わり  まりこ
松の内笑顔で挨拶しあう町  まりこ
松の内飲み過ぎOK皆笑う  まりこ
汁粉食う鏡開きの母の味  まりこ
歌いつつ七草粥を炊く老母  まりこ



スポンサーサイト

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

うちの会について

うちの会について書きます。

うちの会は10年程前に中野を句会場所として、
むつきの会の前身である会が発足しました。

当時はメンバーを雑誌等で募りました。
01年から現在のメンバーで活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句を全くやった事のない方でも
やる気さえあればOKです。
共に学びましょう。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。

興味のある方は
ameboss14@yahoo.co.jp(さとう)までメールください。
よろしくお願いします。

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

07年10月横浜こどもの国吟行選句結果

10月に横浜の
こどもの国へ吟行に行った時の選句結果です。
この時は季節外れの台風で大変でした。

■ゆうこ
銀杏散るヒロインめける気分かな た・さ
敗荷に寄れかかりおり敗荷が た・○さ・ま  敗荷=やれはす
近付けば傷数多あり秋薔薇    ○ま
濡れそぼつ団栗踏める小気味良さ ま

■たかゆき
ぽってりと唇に熱花カンナ    ゆ・ま
嗄れし往年の歌手花カンナ    ゆ・さ   嗄れし=しわがれし  
雨降る地毒を清めよ金魚草    ゆ・さ

■さとう
温室の雨漏りいつも羊歯のうえ ○ゆ・た
どんぐりを蹴ったが木などみつからず ま

■まりこ
秋雨や傘にハートの葉を落とし  ゆ・さ
秋雨を子守歌にす子牛かな    た
秋雨に濡れる遊具も寂しかろ  ○た

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

07年9月等々力渓谷吟行選句結果

07年9月に等々力渓谷に吟行に行った時の選句結果です。
台風一過で残暑真っ盛りで
渓谷の涼しさがとても気持ちよかったのが思い出されます。

参加者 ゆうこ、まりこ、たかゆき、さとう

ゆうこ
青き葉も沈む川底野分あと ○ま、さ
行く人も我もまみれる蝉時雨 ○さ、ま
細き滝震わすように蝉がなく ま、た
「ラムネあり□(ます)」筆で書かれしお品書き た
※ます、は四角に斜め線

まりこ
登り来て「氷」ののれん眩しけり さ
風渡る今を限りと蝉ら鳴く さ、ゆ
吹流し秋風に身を任せけり た

たかゆき
岩清水美しいほど底透けり ま
渓谷の闇深きほど蝉鳴けり ま、ゆ
麦わら帽長き階段掃き終わる さ
夏団扇泳がぬ風を撫でにけり ゆ

さとう
蝉時雨歩いてゆけば遠ざかる ○た、○ゆ
時々にないてるカラス蝉時雨 た
夏帽と煙草愛用休憩中 ゆ

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

07年6月豊島園吟行選句結果

昨年6月に豊島園で紫陽花を見に
吟行に行ったときの選句結果です。

豊島園というと遊園地ですが
紫陽花も見れるんですよ
園内では紫陽花の販売も行ってました。

けんじ
野人としてひそと生きたし山紫陽花 ○さ、ゆ
紫陽花のてまりの中の静けさよ さ
色あせてより薔薇の匂ひを強めけり ゆ

たかゆき
出会った日いくつ数える額の花 ○ゆ
野球帽紫陽花の中繕い歩く さ、け、ゆ
機関車の線路遠かり紫陽花よ さ

ゆうこ
それぞれの青を持ち寄る四葩かな ○け、た
緑陰の菓子を分け合う姉妹かな た
紫陽花や今は寂れた遊園地 た
盛り過ぐ四葩を避けるカメラかな さ

さとう
山あじさい枯れて蜘蛛の子散るごとく ○た
白靴や二周五分のメリーゴーランド た、け、ゆ
涼み台真顔くずさぬ父と母 け
どくだみの花穂のままで枯れており け

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

07年6月定例句会選句結果

07年6月に都内の喫茶店で定例句会を行った時の選句結果です。
5句投句5句選句
○は特選です。

けんじ
傾いて船沈むごと金魚死す ○た、さ
ひそやかな華やぎもあり通夜の鮨 ○ま
枇杷剥けば座席に風の満ちてくる ま
言の葉も水したゝるや梅雨深む ま

たかゆき
白服の彼女手に持つ枇杷のあり ま
尋問の終わりなき朝枇杷匂ふ け

まりこ
大将と一騎打ちのごと鮨を食う ○さ
昆布〆めの鮨の旨さを父教え さ
ひび割れし田んぼうらめし梅雨を待つ け

さとう
夏の夜に回送列車の灯かな ○け、た
待ち人は方向音痴夏の空 た、ま
波打てば下がりて進む裸の子 た

あけみ
朴の花大日如来結跏趺座 さ、け
路地の枇杷袋の中で時を待つ け

ゆうこ
スーパーに枇杷並びおり曇り空 た

まちこ
ミッキーに手を振る吾子の汗光る さ

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

07年3月六義園吟行選句結果

こんにちは。さとうです。

過去の吟行の選句結果を載せます。
昨年の3月に六義園で吟行
(景色を見ながら即興で句を作る)を行った時のものです。
5句投句5句選句
○が特選句です。

けんじ
きぶし咲いていにしゑの空恋しかり た
料峭や都会の森に杲つる音た
暗きより出でて急がず春の水 ゆ、ま、さ
東屋の見晴らしのよく冴え返る ま、さ

ゆうこ
飢え知らぬ庭園の鯉 花の冷え ○た、け
さっきまで人いたベンチ 春浅し ○ま、け、さ
水底の 春の落ち葉に 波の影 た、ま
気にかかる 物の芽の名は 分からねど ま

まりこ
砂利を踏む 音軽やかに 春日向 さ

たかゆき
不器用な 道しかあらず 三椏の花 ○さ、○け
鬨の声 挙げたりみどり 木五倍子咲く け
腰元の 銭重たけり 五倍子咲く ゆ

さとう
椿落つ色恋沙汰に ある懺悔 ○ゆ、た
竹の秋 なんでも燃やす 焼却炉 け、ゆ
馬酔木咲く 食べたくなるは クリームシチュー ゆ

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

はじめまして

はじめまして
俳句サークルむつきの会のさとうです。

うちの会は
01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。

句会は東京を中心に首都圏で行ってますが
ネット選句会や名句の鑑賞会など
ネットでのイベントも行いますので
俳句に興味のある方ならどなたでも歓迎します。

ミクシィでもコミュもってます。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2747971

よろしくお願いします。

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

| ホーム |


 BLOG TOP