プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月ネット句会

こんにちは、佐藤です。
夏負けして遅れてしまいましたm(__)m
こんにちは、さとうです。
ネット句会を行います
自分の選んだ句以外から5句選んで
うち、一番いいと思った句の1句を特選として
特選のみ感想を述べてください

コメント欄に直接書き込んでください
5句全部感想書きたい人は
5句全部感想書いても構いません

締め切りは9月15日(金)です。
締め切り後もコメントできるようにしてありますが
なるべく締め切りまでにコメントしてください

通りすがりの方の選句も大歓迎です!
一人でも多く選句してくれると嬉しいです。
よろしくお願いします

リスト
髪洗ふ当直勤務明けの朝
声高く「一、二のぴょん」で海水浴
向日葵やカメラ向ければモデルめき 
蒼に映え寺屋根飾り大暑かな 
地獄なら始まっている熱帯夜
飛べば影荒るる炎暑の烏かな 
向日葵の迷路で引き返せないまま 
雨上がり 爺ィのトマト 色付きて 
向日葵や手庇に待つバス遅し 
荒れた庭 向日葵三輪 緑毛玉 
南極の氷山を割りし酷暑過ぐ 
かなたより夜汽車の響き熱帯夜 
人鳥のごとくに迷ひビアホール
着物にて営業もする暑さかな 
暑がりの連れ合いといてこちらまで 
炎天下犬はケンカの最中かな
向日葵や手荷物はみな衝動買い 
闘球の人間きなこ餅夏合宿 
月光や思ひ出したるパスワード 
ガラス越し子らの瞳に大暑かな 
恐竜展尾からは晩夏帰路は雨 
進まざるダウンロードや熱帯夜 
雨上がり空にも滲む四葩かな
蝉なくや 犬にひかれて 池の端 
湯上がりや子はすっぽんぽんの洗い髪 
二枚ある不在票かな夜の秋
子のひまはりクレヨンをつぶさむばかり 
自らにやつあたりする髪洗う 
向日葵に映る戦火の隅の聲 
齢六十親子旅行と夏の雲 
ソーダ水はや機上の人なる師
汗止まる 痛み 夏の光の矢 
キューピーにアトムにもして髪洗ふ 
蝉しぐれ真夜に聞いてるひとりかな 
向日葵や君走り来る地平線 
我が肩に凭れてきたり洗ひ髪 
向日葵や三人笑顔納まらず 
一段抜かしで上るきざはし涼新た 
水平線入道雲を押し返す 
向日葵のごと半袖の女子高生 
竹林や 暑さ緩まし 抜ける風 
向日葵のにっこり顔の天下なり
向日葵に恋する君はカメラマン
また一人歴史と逝くや夏の雹
天変に耐え地に出ずる素数蝉 
厚物の夜濯ぎをして空仰ぐ 
老いたるや 髪あらふたび 鏡見て 
髪洗い夜風に任せ歩きたり 
髪洗う心変わりを告げし夜
夏負けの母の食べ物父喰らう 
夕焼けや素を使わぬ麻婆豆腐 
スポンサーサイト

8月ネット句会作者名発表

こんにちは、さとうです。
投句や選句してくれたみんなありがとう
作者名を発表します

髪洗ふ当直勤務明けの朝 空
声高く「一、二のぴょん」で海水浴 空
向日葵やカメラ向ければモデルめき 遊草
蒼に映え寺屋根飾り大暑かな たかゆき
地獄なら始まっている熱帯夜 村蛙
向日葵の迷路で引き返せないまま 村蛙
雨上がり 爺ィのトマト 色付きて 蛙
荒れた庭 向日葵三輪 緑毛玉 蛙
南極の氷山を割りし酷暑過ぐ 兎
かなたより夜汽車の響き熱帯夜 ユッコ
着物にて営業もする暑さかな さとう
暑がりの連れ合いといてこちらまで ユッコ
炎天下犬はケンカの最中かな 裕子
向日葵や手荷物はみな衝動買い さとう
闘球の人間きなこ餅夏合宿 兎
月光や思ひ出したるパスワード 遊草
ガラス越し子らの瞳に大暑かな たかゆき
恐竜展尾からは晩夏帰路は雨 空
進まざるダウンロードや熱帯夜 遊草
雨上がり空にも滲む四葩かな 村蛙
蝉なくや 犬にひかれて 池の端 蛙
湯上がりや子はすっぽんぽんの洗い髪 兎
二枚ある不在票かな夜の秋 裕子
炎天下犬はケンカの最中かな やまねぇ
自らにやつあたりする髪洗う さとう
向日葵に映る戦火の隅の聲 空
齢六十親子旅行と夏の雲 たかゆき
ソーダ水はや機上の人なる師 村蛙
汗止まる 痛み 夏の光の矢 蛙
蝉しぐれ真夜に聞いてるひとりかな 裕子
向日葵や君走り来る地平線 空
我が肩に凭れてきたり洗ひ髪 遊草
向日葵や三人笑顔納まらず たかゆき
一段抜かしで上るきざはし涼新た 遊草
水平線入道雲を押し返す たかゆき
向日葵のごと半袖の女子高生 ユッコ
竹林や 暑さ緩まし 抜ける風 蛙
向日葵のにっこり顔の天下なり 兎
向日葵に恋する君はカメラマン 裕子
また一人歴史と逝くや夏の雹 村蛙
天変に耐え地に出ずる素数蝉 兎
厚物の夜濯ぎをして空仰ぐ ユッコ
老いたるや 髪あらふたび 鏡見て 蛙
髪洗い夜風に任せ歩きたり ユッコ
髪洗う心変わりを告げし夜 裕子
夏負けの母の食べ物父喰らう さとう
夕焼けや素を使わぬ麻婆豆腐 さとう

16年夏ネット句会

こんにちは、さとうです。
ネット句会を行います
自分の選んだ句以外から5句選んで
うち、一番いいと思った句の1句を特選として
特選のみ感想を述べてください

コメント欄に直接書き込んでください
5句全部感想書きたい人は
5句全部感想書いても構いません

締め切りは8月26日(金)です。
締め切り後もコメントできるようにしてありますが
なるべく締め切りまでにコメントしてください

通りすがりの方の選句も大歓迎です!
一人でも多く選句してくれると嬉しいです。
よろしくお願いします

リスト
夏帽子転がる先に君がいる
幼稚園選びもせわしメロン食ふ 
ニュートンに蛍力学聞きたき夜 
罪であり罰である愛遠花火 
夏の夜大三角形を指で引く 
カラコロと音高くたて夏の夜 
熱風に揺れて小洒落て凌霄花(のうぜんか) 
滝割れて人が連なる道で待つ 
刈られけりわずか二輪の野朝顔 
暁に旅が惜しむる露天風呂 
砂遊び友達が増え夏帽子 
夏の夜や夢の主役は誰なのか
取り合いし人懐かしきメロン食ふ 
夏帽のピンク眩しき君がいて 
向日葵の中にまぎれて夏帽子
指先のメロンに濡れて電話出ぬ
木下闇鳥の音やがて聞こえ来し 
メールにて訃報届きぬ蝉時雨
だっこひも中に埋もれる夏帽子 
ダンボール香り漂いメロンかな 
箱入りのプライド高ひマンゴ食ふ 
成長と一寸きつめの夏帽子 
半分こメロンを囲うスプーンかな 
初デートメロンのように甘い夏 
親の手も我が手も知らず仔蟷螂 
園庭の砂ただ夏の夜を待てり 
路地裏に暮らし聞こゆる夏の夜 
夏帽子結ぶリボンで彼を呼ぶ 
叶わぬこと溶かして青きソーダ水 
ドンと鳴り華やぐ空や夏の夜 
夏の夜や細切れるごと時計見て 
夏の夜の最後にするは水仕事 
去年より背丈伸びけり夏帽子 
風鈴が知らせる風や夕嵐 
妹待てばアガパンサスの首伸びる 
夏帽子青草一面駆け巡る 
うそつきがまこと言うなりスイカ割り 
夏帽子世界見たしと駆け出す子 
夏の夜心弾みし子等はしゃぐ 
夏帽子被れば吾も金田一 
ずんずんと砂利道行きて夏帽子 
夏の夜オーボエ吹くは雨男 
休日やメロンと聞きて姉に会い 
大川に拳銃捨てる夏の夜 
バーベキュー群れを離れて河光る 
虫たちが井戸端会議夏の夜 
そっちのけメロンよりスマホの子かな 
唐黍を並んで囓る投票日 
新月の如く切られしメロンかな
足指のこんなに自由夏の風邪
スカート押さへるか夏帽子押さへるか
肌焼くか髪潰れるか夏ぼうし 
網目から等しく香るメロンかな 
縁側に脱ぎ捨てたまま夏帽子 
そうめんのつゆなみなみと竹の節
お笑いの声は高らか夏の夜 
食べごろを聞いて購う(あがなう)メロンかな
絵団扇の笑ふ女を配らるる 
生意気が服着て坐せるメロン喰ふ
夏帽子九州男児に嫁ぐ友 
言い募るほどにメロンの網目かな
メロンよりスイカ食べやす子供説く 
メロン食い片付けをせぬ親であり 
無傷ではいられぬ世かなメロン切る
星へ鎌架けたるままや蝉の殻

2016夏ネット句会作者名発表

こんにちは、佐藤です
ネット句会への選句有難うございました
作者名を発表します

夏帽子転がる先に君がいる ゆうこ
幼稚園選びもせわしメロン食ふ たかゆき
ニュートンに蛍力学聞きたき夜 りてぃー
罪であり罰である愛遠花火 村蛙
夏の夜大三角形を指で引く ユッコ
カラコロと音高くたて夏の夜 ユッコ
熱風に揺れて小洒落て凌霄花(のうぜんか) クリーム  
滝割れて人が連なる道で待つ さとう
刈られけりわずか二輪の野朝顔 兎
暁に旅が惜しむる露天風呂 まつざわ
砂遊び友達が増え夏帽子 たかゆき
夏の夜や夢の主役は誰なのか ゆうこ
取り合いし人懐かしきメロン食ふ 若菜
夏帽のピンク眩しき君がいて さとう
向日葵の中にまぎれて夏帽子 ユッコ
指先のメロンに濡れて電話出ぬ まつざわ
木下闇鳥の音やがて聞こえ来し りてぃー
メールにて訃報届きぬ蝉時雨 ゆうこ
だっこひも中に埋もれる夏帽子 クリーム
ダンボール香り漂いメロンかな 彩
箱入りのプライド高ひマンゴ食ふ クリーム
成長と一寸きつめの夏帽子 彩
半分こメロンを囲うスプーンかな 彩
初デートメロンのように甘い夏 只野変哲
親の手も我が手も知らず仔蟷螂 りてぃー
園庭の砂ただ夏の夜を待てり たかゆき
路地裏に暮らし聞こゆる夏の夜 若菜
夏帽子結ぶリボンで彼を呼ぶ ユッコ
叶わぬこと溶かして青きソーダ水 若菜
ドンと鳴り華やぐ空や夏の夜 彩
夏の夜や細切れるごと時計見て まつざわ
夏の夜の最後にするは水仕事 さとう
去年より背丈伸びけり夏帽子 若菜
風鈴が知らせる風や夕嵐 只野変哲
妹待てばアガパンサスの首伸びる 兎
夏帽子青草一面駆け巡る たかゆき
うそつきがまこと言うなりスイカ割り さとう
夏帽子世界見たしと駆け出す子 若菜
夏の夜心弾みし子等はしゃぐ 彩
夏帽子被れば吾も金田一 兎
ずんずんと砂利道行きて夏帽子 りてぃー
夏の夜オーボエ吹くは雨男 村蛙
休日やメロンと聞きて姉に会い りてぃー
大川に拳銃捨てる夏の夜 兎
バーベキュー群れを離れて河光る まつざわ
虫たちが井戸端会議夏の夜 只野変哲
そっちのけメロンよりスマホの子かな 村蛙
唐黍を並んで囓る投票日 村蛙
新月の如く切られしメロンかな 兎
足指のこんなに自由夏の風邪 やまねぇ
スカート押さへるか夏帽子押さへるか やまねぇ
肌焼くか髪潰れるか夏ぼうし まつざわ
網目から等しく香るメロンかな クリーム
縁側に脱ぎ捨てたまま夏帽子 只野変哲
そうめんのつゆなみなみと竹の節 只野変哲
お笑いの声は高らか夏の夜 クリーム
食べごろを聞いて購う(あがなう)メロンかな ユッコ
絵団扇の笑ふ女を配らるる やまねぇ
生意気が服着て坐せるメロン喰ふ やまねぇ
夏帽子九州男児に嫁ぐ友 村蛙
言い募るほどにメロンの網目かな ゆうこ
メロンよりスイカ食べやす子供説く たかゆき
星へ鎌架けたるままや蝉の殻 やまねぇ
メロン食い片付けをせぬ親であり さとう
無傷ではいられぬ世かなメロン切る ゆうこ
星へ鎌架けたるままや蝉の殻 やまねぇ

12月ネット句会作者名発表

ネット句会への多くの選句ありがとうございました
特に、通りすがりで選句してくれて方には
本当に感謝です

作者名を発表します
各自自分が選んだ作品が誰か確認しておいてください


雨上がり子等も喜ぶ小春かな 彩
小春日やソロチェロ奏者の優しき手 若菜
熱燗のもう一本が十本に さとう
湯豆腐のポン酢が嫌い父怒る さとう
そこだけは小春日和の猫の腹 ユッコ
猫のように君が喜ぶ小春かな 裕子
大根を齧り熱燗舐めるなり 蛙
屋台酒メガネ曇らす煮大根 蛙
死に飽きて大部屋役者着ぶくれぬ  やまねぇ
引退の時近づきて小春なり 兎
ガラス越し向かう落ち葉が魚に見え 彩
落ち葉なる天のふみ読む小道かな 兎
ふろふきやお銚子白木のカウンター 蛙
鱈の身は豆腐に隠れ鍋の底 兎
水炊きや昼の諍い何処へと 村蛙
すき焼きが牛丼用の肉であり さとう
鍋奉行講釈はよい葱入れよ 兎
ねんねこに青き目ありて司祭めく やまねぇ
枯葉飛ぶ飛ぶいよよ絹玉めける犬  やまねぇ
曇天に冬ごもりせり古き家 若菜
牡蠣鍋や別れ際にもほかほかと 裕子
まだ子犬散歩も落葉蹴散らして 村蛙
ふうふうと君が鍋吹くやわき音 若菜
小春日や日々の怠けも休業日 彩
小さき手に重ねる落ち葉冷たけり たかゆき
白菜の茎シャクシャクと朝の卓 蛙
陽だまりを猫を取り合ふ小春かな 村蛙
息白し帰路窓ごとに暮らしあり 若菜
有馬記念絶対買います君は言う さとう
いびつなる手捻りのカップ冬隣 裕子
名勝の滝を抱えて冬紅葉 村蛙
湯豆腐の揺れやみ友の恋人来  やまねぇ
冬の鍋すする鼻水騒ぐ妻 たかゆき
木枯らしや人が付けたる我があだな さとう
ネットでの買い物終わる冬林檎 たかゆき
地団駄を覚え披露の小春かな たかゆき
寒くない顔して師走の町を行く ユッコ
寄せ鍋や宝石(たから)の在所(ありか)探しけり 彩
結婚だ出産だのと蜜柑剥く村蛙

湯豆腐の昆布の味をめでている ユッコ
銀杏踏む五輪の街は暮れ泥み 若菜
「落葉」が好きだといった人がいた ユッコ
小春の子泣くやゼッケンだぶだぶし やまねぇ
光る道滑る銀杏に鼻緒もげ 蛙
小春日の光まばらに地に届く 兎
時折は一人となりて落葉踏む 裕子
落ち葉たき会話も弾む隣組 彩
寄せ鍋の野菜を好む齢となる ユッコ
風花や絵本返しに来る親子 裕子
頼まれたちり鍋2つ子が覗く たかゆき

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。