プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月夢の島公園吟行選句結果

アップが遅くなってごめんなさい
3月の夢の島公園の吟行の選句結果です

俳句サークルむつきの会夢の島公園吟行
2017年3月12日
参加:村蛙、空、クリーム、蛙、兎、若菜、さとう

村蛙
どこまでも走れ地球を木の芽風 ○さ、若、兎
麗らかや第五福竜丸静か 空


若柴や風の始まるグラウンド ○村、○蛙、若
紅白の椿に空の高さかな 蛙
白梅や離れ小島の償却場 有

クリーム
愛犬も春のショールの若夫婦 ○若、空、蛙、
目移りは女性の性(さが)と黄水仙 兎
暖かさかき寄せ集め夢の島 さ


日常を裏からなぞる春の風 ○ク、村、兎
早春や服一枚を脱ぎ捨てて ク


春ぐずむ薄薔薇色(うすばらいろ)の雲の下 ク
苦吟見たら扇芭蕉よ風送れ 若
夢の島バナナを植えて庵せむ さ

若菜
幅合わぬ歩み揃へて春ぬくし 村、ク
春の空飛行機雲の分かちけり 空
シャボン玉吹く子の頬のピンク色 空
蟻ん子は仕事始めや長閑なり 蛙
遊ぶ子も背くらべたる花菜かな さ

さとう
約束をひとつ忘れて春寒し ○空、○兎、村、ク、蛙、若
一輪の欠けもなかりて胡蝶蘭 村
口説く隙なき女なり胡蝶蘭 兎
スポンサーサイト

16年定例句会選句結果

2016年11月27日 定例句会 兼題なし(自由)
参加者:村蛙、兎、蛙、若菜、さとう
ネット投句&選句 たかゆき、やまねぇ、ユッコ

村蛙
天鵞絨(びろうど)の猫の手に似て柿落葉 蛙
枯野行く青年の皆太宰めき ◎や


秋空や補助輪はずす日の来たる 若、た
端ちぎれ虚空にはためく安全旗 た、ユ


秋雨や道行く人の肩細く 若、兎
これよりは後ろ振り向く師走かな ◎た、若、兎、さ
遠き日やむかご皮剥く母の指 た、や
霜月や柱の陰に太る月 貴

若菜
マフラーの中に呟く名前かな ◎蛙、◎村、◎さ、ユ
蜜柑の香里は達者と知らせけり ◎兎
寒晴れや行列長きバーガー屋 さ、や
冬晴れやメール使えぬ父の文 さ

さとう
忘年会家の都合で拒みます 若
家事やれと家族揉めあう寒日和 蛙

たかゆき
ミニSL乗る子も動く紅葉川 や

やまねぇ
誰も知らぬ野良猫の歳ひなたぼこ ◎若、蛙、村
逆上がりできるまでやるカーディガン ◎ユ、蛙
日向ぼこ涙に少しとろみある 村、ユ
水鳥のなくて映れる空の鳥 ユ

ユッコ
毛糸編む健気な女にはならず 兎、村
掌の菓子を溶かして眠しハロウィーン 兎
襟巻の色確かめる鏡の中 さ、や
突然に心波立つ虎落笛 た

16年四月小石川後楽園吟行

こんにちは、さとうです。
アップが遅くなってしまいごめんなさい
4月の吟行の選句結果をここに記します

2016年4月3日小石川後楽園吟行
参加:村蛙、兎、蛙、彩、楽喜、まつざわ、さとう

村蛙
カフェオレを片手にふらり花見とす ○さ
春の鯉貪欲なるは生きるため ○兎、彩
花巡りレフ板となる曇り空 蛙
各国の言葉飛び交う春うらら 有


押しかけて家の中から花見かな 蛙
風流の初めのはじめ田の返し ま、村
春(はる)の湖(うみ)突き出す水戸の一つ松 さ
桜花枝垂れて地への恵みかな 楽


雨上がり次第に温む春の息 兎、村
水に映え苔に花咲く山桜 彩、楽

大平彩
名を知らぬ小さき赤に風が吹く 兎
新緑や時の流れか幹太し ま、さ、楽
雨上がり花の薄紅絵の如し ○楽、ま
名を知らぬ小さき赤に風が吹く ま、楽

楽喜
ドーンと建つ東京ドーム桜かな ○彩

まつざわ
靴の音(ね)に帚(ははき)混じりし花の塵 兎、蛙、村
春雨に鏡曇りし大泉水 蛙、村、さ

さとう
人嫌う道のありけり春の泥 ○村○蛙、○松、兎
韓国語らしき言語に桜かな 彩
ビルあって人集

2014年10月旧古河庭園吟行選句結果

2014年10月19日
むつきの会旧古河庭園吟行
参加 彩、村蛙、あさこ、雨宮
蛙、横山、柳、楽喜、さとう

投句のみで参加
宮川、福島


銀杏の葉手にし浮ぶは幼き日 ○柳、村
白バラや花待つ君を見守りて 村、雨

村蛙
秋高しスポットライト浴びる亀 ○さ、○蛙、彩
秋薔薇ハートの女王探す庭 横
草の花古き祠はがらんどう さ、蛙

あさこ
風炉名残茶の湯求めて姿消ゆ ○彩
祝事あり友の目力秋日和 彩
秋澄むや茶菓子囲みて笑い声 柳、蛙

雨宮
風立ちてどんぐりぽとり秋便り 柳、楽

鈴木蛙
平等に皆赤くなれ山紅葉 村、さ、楽
甲羅干しはや冬支度池の亀 彩、雨、あ
秋晴れや老いた夫婦の散歩道 ○雨
木漏れ陽にホッと一息秋のバラ 雨
秋風や歩き疲れて庭の裏 柳


行く人の長袖暑し秋麗 愛
秋風にゆれる花びらミニローズ 彩
天高し帰らぬ人の面影を 雨、あ、愛

楽喜
バラの花何を想うか人々に さ
秋庭に威厳たたずむ石燈籠 ○あ、柳
陽光に我咲き誇るバラの花 あ

みやかわ
秋の薔薇見られ撮られて人の波 ○楽、さ
蝶よりも人を集めて秋薔薇 ○村、あ、横、蛙、楽
秋薔薇カメラ疲れの日曜日 横
おしゃべりとそぞろ歩き秋薔薇 楽

さとう
独り身の老人のあり秋の蝶 村、蛙



牧野記念庭園吟行選句結果

こんにちは、むつきの会管理人の佐藤です。
先日の牧野記念庭園の吟行に参加してくれたみんな、ありがとう。
選句結果をここに記します。

牧野記念庭園吟行 2014.4.13
参加者 彩(いろは)、村蛙、はら、あめみや、さとう
154.jpg

彩(いろは)
葉に隠れそっと一輪花を待つ ◎あ
曇天(どんてん)や灯台(どうだん)つつじ白が映え あ

村蛙
選挙カー留まってをり春の蝿 ◎さ
春風のロードバイクに伴走す は
麗らかや人まばらなる教習所 は
ついてきた甘えん坊の桜蕊 あ
壁紙にしたき満天星(どうだん)つつじかな は

はら
春の日の小さき花の名も知らず さ、彩、あ
花曇影さえうすき独りかな さ、村
時を得てしたり顔なるやえざくら 村

あめみや
ひと休み足もとにっこりクローバー 彩
風そよぎ若葉きらめく初夏の午後 彩

さとう
銅像の眉間のシワあり春日差 ◎村、は、彩
山吹や腰をかがめし老夫婦 ◎は、村

テーマ : 俳句 - ジャンル : 小説・文学

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。