プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16年夏ネット句会

こんにちは、さとうです。
ネット句会を行います
自分の選んだ句以外から5句選んで
うち、一番いいと思った句の1句を特選として
特選のみ感想を述べてください

コメント欄に直接書き込んでください
5句全部感想書きたい人は
5句全部感想書いても構いません

締め切りは8月26日(金)です。
締め切り後もコメントできるようにしてありますが
なるべく締め切りまでにコメントしてください

通りすがりの方の選句も大歓迎です!
一人でも多く選句してくれると嬉しいです。
よろしくお願いします

リスト
夏帽子転がる先に君がいる
幼稚園選びもせわしメロン食ふ 
ニュートンに蛍力学聞きたき夜 
罪であり罰である愛遠花火 
夏の夜大三角形を指で引く 
カラコロと音高くたて夏の夜 
熱風に揺れて小洒落て凌霄花(のうぜんか) 
滝割れて人が連なる道で待つ 
刈られけりわずか二輪の野朝顔 
暁に旅が惜しむる露天風呂 
砂遊び友達が増え夏帽子 
夏の夜や夢の主役は誰なのか
取り合いし人懐かしきメロン食ふ 
夏帽のピンク眩しき君がいて 
向日葵の中にまぎれて夏帽子
指先のメロンに濡れて電話出ぬ
木下闇鳥の音やがて聞こえ来し 
メールにて訃報届きぬ蝉時雨
だっこひも中に埋もれる夏帽子 
ダンボール香り漂いメロンかな 
箱入りのプライド高ひマンゴ食ふ 
成長と一寸きつめの夏帽子 
半分こメロンを囲うスプーンかな 
初デートメロンのように甘い夏 
親の手も我が手も知らず仔蟷螂 
園庭の砂ただ夏の夜を待てり 
路地裏に暮らし聞こゆる夏の夜 
夏帽子結ぶリボンで彼を呼ぶ 
叶わぬこと溶かして青きソーダ水 
ドンと鳴り華やぐ空や夏の夜 
夏の夜や細切れるごと時計見て 
夏の夜の最後にするは水仕事 
去年より背丈伸びけり夏帽子 
風鈴が知らせる風や夕嵐 
妹待てばアガパンサスの首伸びる 
夏帽子青草一面駆け巡る 
うそつきがまこと言うなりスイカ割り 
夏帽子世界見たしと駆け出す子 
夏の夜心弾みし子等はしゃぐ 
夏帽子被れば吾も金田一 
ずんずんと砂利道行きて夏帽子 
夏の夜オーボエ吹くは雨男 
休日やメロンと聞きて姉に会い 
大川に拳銃捨てる夏の夜 
バーベキュー群れを離れて河光る 
虫たちが井戸端会議夏の夜 
そっちのけメロンよりスマホの子かな 
唐黍を並んで囓る投票日 
新月の如く切られしメロンかな
足指のこんなに自由夏の風邪
スカート押さへるか夏帽子押さへるか
肌焼くか髪潰れるか夏ぼうし 
網目から等しく香るメロンかな 
縁側に脱ぎ捨てたまま夏帽子 
そうめんのつゆなみなみと竹の節
お笑いの声は高らか夏の夜 
食べごろを聞いて購う(あがなう)メロンかな
絵団扇の笑ふ女を配らるる 
生意気が服着て坐せるメロン喰ふ
夏帽子九州男児に嫁ぐ友 
言い募るほどにメロンの網目かな
メロンよりスイカ食べやす子供説く 
メロン食い片付けをせぬ親であり 
無傷ではいられぬ世かなメロン切る
星へ鎌架けたるままや蝉の殻
スポンサーサイト

<< 16年定例句会選句結果 | ホーム | 2016夏ネット句会作者名発表 >>


コメント

ネット句会選句

こんにちは、佐藤です。
いい句ばかりで迷いましたが次の5句を選びました

特選
罪であり罰である愛遠花火
ダメだと言うほど燃え上がる愛。当人にとってそれは打ち上げ花火のように大きく、美しく、もしかしたら儚い・・・

箱入りのプライド高ひマンゴ食ふ
木箱に入ってる高級品ありますよね・・・
まるでマンゴにプライドがあるような擬人法が面白い

メロンよりスイカ食べやす子供説く
これは笑ってしまいました。失礼。値段考えると
親としては切実ですよね

取り合いし人懐かしきメロン食ふ
自分は弟がいて、そうだった。あのころは、もめていたけど
今は一人で食うとそれはそれでわびしいもの

指先のメロンに濡れて電話出ぬ
さあ食うぞというところでの電話
電話はこっちの都合は考えない
実は今メロン食うんだ、とは言えない・・・・

以上です
自分は五句全部鑑賞しましたが
特選句のみの鑑賞でも構いませんよ
皆さんの参加をお待ちしてます。

素晴らしい俳句ばかりで、かなり迷いましたが、選句させて頂きました。有難う御座いました。


特選
夏の夜の最後にするは水仕事

花火の後の火消しのことでしょうか、それとも、日中げんなりしてしまった植物への水遣りなのでしょうか、水に触れてから就寝する猛暑の夏の夜を感じさせてくれました。


夏帽子青草一面駆け巡る
子供(達)が元気一杯に裸足でかけっこをする様子を思い浮かべました。麦藁帽子を被った頃の子供時代が懐かしいです。



無傷ではいられぬ世かなメロン切る
この句を詠ませて頂いた時、ドキッとしてしまいました。当たり前のことがそうでは無くなってきている昨今、色々な事に感謝したくなりました。


うそつきがまこと言うなりスイカ割り
子供の本気度が伝わってきますね。スイカ割り大会の想い出が蘇ってきました。


だっこひも中に埋もれる夏帽子
子供の成長を前抱っこしている母の想いが垣間見れました。来年の夏は、きっと、帽子が小さくなっていますね。

投票

叶わぬこと溶かして青きソーダ水

罪であり罰である愛遠花火

向日葵の中にまぎれて夏帽子

ドンと鳴り華やぐ空や夏の夜

夏帽子被れば吾も金田一
※ファンはやると思います(笑)

選句です

今回も大漁ですね。これだけあると10句くらい選びたくなりました。
★カラコロと音高くたて夏の夜
小気味よい感覚からイメージがふくらむ感じで好きです。

・メールにて訃報届きぬ蝉時雨
・妹待てばアガパンサスの首伸びる 
・うそつきがまこと言うなりスイカ割り 
・網目から等しく香るメロンかな 

ネット句会選句

 特選  唐黍を並んで囓る投票日 
     毎日新聞の「万能川柳」の「戦争にならないように投票     す」という句を思い出しました。この平和な光景がずっ     と続きますように。
 
     
     夏の夜大三角形を指で引く   

     ダンボール香り漂いメロンかな    
     
     夏の夜や細切れるごと時計見て

     足指のこんなに自由夏の風邪
     
    

選句について

無傷ではいられぬ世かなメロン切る

果物の中では高級なメロンが切られてしまう、その瞬間に世の中の不条理を思うのが素敵だと思いました。

叶わぬこと溶かして青きソーダ水

うそつきがまこと言うなりスイカ割り

唐黍を並んで齧る投票日

スカート押さへるか夏帽子押さへるか


ネット句会選句

特選 夏の夜大三角形を指で引く

  *夏の夜空に指で星座をなぞっているのでしょう。雄大で美しく、ロマンを感じさせてくれます。
  
   砂遊び友達が増え夏帽子

   取り合いし人懐かしきメロン食う

   叶わぬこと溶かして青きソーダ水

   そうめんのつゆなみなみと竹の節

選句

・熱風に揺れて小洒落て凌霄花
リズムが小気味良くて好き。
・取り合いし人懐かしきメロン食ふ
懐かしい……
・園庭の砂ただ夏の夜を待てり
「夏の夜」の使い方が好き。
・夏帽子結ぶリボンで彼を呼ぶ
のろけてんじゃねーよ! と突っ込みたくなる(笑)、日常を綺麗に切り取った句です。
★無傷ではいられぬ世かなメロン切る
最初「えっ、そんないきなり悟られても……」という印象だったのですが、だんだんメロンがスパッと切れた様子が目に浮かんできて、とうとう特選にしてしまいました。

こんにちは。夏も終わり、不安定な天候が続きますね。皆様におかれましてはお身体どうぞ御自愛ください。

◯メールにて訃報届きぬ蝉時雨
メールの無機質さと蝉時雨が相まって諸行無常を演出していると思います。夏がもっとも死を感じる季節だと思うので。

叶わぬこと溶かして青きソーダ水
切ない感じが好きです。

ずんずんと砂利道行きて夏帽子 
元気な子どもの小さな冒険をしている姿が表れていると思います。

大川に拳銃捨てる夏の夜
小説みたいですごく気になってしまいました。(笑

スカート押さへるか夏帽子押さへるか
女性ならではの夏の悩みがリフレインと共に軽やかに出ています。

次点
夏の夜大三角形を指で引く
すごくいいと思ったのですが、「大三角を指で引く」だともっとすっきりすると思いました。

いつもありがとうございます。
選句させていただきます。

特選
指先のメロンに濡れて電話出ぬ
電話に出れないこと、よくありますね。呼び出し音を聞いていてもシャワーを浴びていたり、食事を作っていたり。今回の句はメロンという、至極個人的な出来事。それだけになにかバツの悪さとともに、詠み手の開き直った言い訳がストンと効いていると思いました。
ありがとうございます。

うそつきがまこと言うなりスイカ割り 
素直に面白い句。とともに風景が広がる句です。詠み手の主張がいやみなく伝わってくるのはうまいですね。

取り合いし人懐かしきメロン食ふ 
メロンというと高嶺の花。子供の頃はそのメロンを前にして兄弟争いをしたものです。
今は離れていても、そんな思い出をふと思い出させてくれる句です。

箱入りのプライド高ひマンゴ食ふ 
私にとって、マンゴーは1年に1度食べるか、食べないかといった果物でした。
だからこそ、なにか特別感が半端なくあります。そのうえ、箱に入っていたらもう
存在感ありまくりですね(笑)。うまくそうした感覚をとらえてくれました。

唐黍を並んで囓る投票日 
われわれ一般庶民を彷彿とさせるとうきび。対比とした投票日がさらにいい味を
醸し出しています。

今回もありがとうございました。
また次回お会いしましょう。
たかゆき


楽しませていただき、ありがとうございました

特選
星へ鎌架けたるままや蝉の殻

蝉の抜け殻のあの形がクローズアップで迫ってきます。
一生懸命脱皮をした様子も浮かんできます。
「星」が良いですね。

刈られけりわずか二輪の野朝顔

夏帽子被れば吾も金田一

罪であり罰である愛遠花火 

ニュートンに蛍力学聞きたき夜

やまねぇ選です

特選
指先のメロンに濡れて電話出ぬ 

メロンは誰かと食べるものでしょう。その会話を抜けて糖分の高い果汁のついた指で摘む受話器。その手つきまで想像出来ます。



刈られけりわずか二輪の野朝顔 

叶わぬこと溶かして青きソーダ水

唐黍を並んで囓る投票日 

そうめんのつゆなみなみと竹の節


遅くなりました

先日の台風すごかったですね
みなさん影響はなかったですか?
ネット句会たくさんの良い句があって
とても悩みましたが以下の5句5句選句しました

特選
幼稚園選びもせわしメロン食ふ

幼稚園選びってほんっと大変なんですよね
ホット一息ついてメロンを食べる
気持ちのわかる句でした

夏の夜大三角形を指で引く

カラコロと音高くたて夏の夜

砂遊び友達が増え夏帽子

唐黍を並んで囓る投票日

楽しませていただきましたありがとうございました

どれも素敵です♡

はじめまして
どれも素敵な句で選ぶのも迷ってしまいました。
選んだのは以下です。

メールにて訃報届きぬ蝉時雨
メールという静かなアイテムに蝉の五月蝿い声との対称に悲しさがより強く伝わってくると思いました。

ダンボール香り漂いメロンかな 
持っているダンボールの中から香るよいメロンの香りにワクワク感まで伝わってきそうです。

箱入りのプライド高ひマンゴ食ふ
箱入り娘のように大切に育てられた気高きマンゴ、それは王様やお姫様みたいな姿を想像させながら実は美味しいマンゴという頭の中での映像、イメージの切り替え方が面白いと思いました。

夏の夜の最後にするは水仕事 
家事での水仕事と言うと水巻き、風呂掃除、洗い物とか?夏の夜の最後と合わせると、どんな事があってどの仕事をしたのか色んな想像をしてしまいとても気になりました。

無傷ではいられぬ世かなメロン切る
どこにも持って行き場のない気持ちをメロンを切ることにぶつけて、ご褒美にメロンを食べる感じがして
行き場のない辛さと前向きさに惹かれました。

いずれも私の勝手なイメージなので、見当違いなイメージならすみません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。