プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16年定例句会選句結果

2016年11月27日 定例句会 兼題なし(自由)
参加者:村蛙、兎、蛙、若菜、さとう
ネット投句&選句 たかゆき、やまねぇ、ユッコ

村蛙
天鵞絨(びろうど)の猫の手に似て柿落葉 蛙
枯野行く青年の皆太宰めき ◎や


秋空や補助輪はずす日の来たる 若、た
端ちぎれ虚空にはためく安全旗 た、ユ


秋雨や道行く人の肩細く 若、兎
これよりは後ろ振り向く師走かな ◎た、若、兎、さ
遠き日やむかご皮剥く母の指 た、や
霜月や柱の陰に太る月 貴

若菜
マフラーの中に呟く名前かな ◎蛙、◎村、◎さ、ユ
蜜柑の香里は達者と知らせけり ◎兎
寒晴れや行列長きバーガー屋 さ、や
冬晴れやメール使えぬ父の文 さ

さとう
忘年会家の都合で拒みます 若
家事やれと家族揉めあう寒日和 蛙

たかゆき
ミニSL乗る子も動く紅葉川 や

やまねぇ
誰も知らぬ野良猫の歳ひなたぼこ ◎若、蛙、村
逆上がりできるまでやるカーディガン ◎ユ、蛙
日向ぼこ涙に少しとろみある 村、ユ
水鳥のなくて映れる空の鳥 ユ

ユッコ
毛糸編む健気な女にはならず 兎、村
掌の菓子を溶かして眠しハロウィーン 兎
襟巻の色確かめる鏡の中 さ、や
突然に心波立つ虎落笛 た
スポンサーサイト

16年夏ネット句会

こんにちは、さとうです。
ネット句会を行います
自分の選んだ句以外から5句選んで
うち、一番いいと思った句の1句を特選として
特選のみ感想を述べてください

コメント欄に直接書き込んでください
5句全部感想書きたい人は
5句全部感想書いても構いません

締め切りは8月26日(金)です。
締め切り後もコメントできるようにしてありますが
なるべく締め切りまでにコメントしてください

通りすがりの方の選句も大歓迎です!
一人でも多く選句してくれると嬉しいです。
よろしくお願いします

リスト
夏帽子転がる先に君がいる
幼稚園選びもせわしメロン食ふ 
ニュートンに蛍力学聞きたき夜 
罪であり罰である愛遠花火 
夏の夜大三角形を指で引く 
カラコロと音高くたて夏の夜 
熱風に揺れて小洒落て凌霄花(のうぜんか) 
滝割れて人が連なる道で待つ 
刈られけりわずか二輪の野朝顔 
暁に旅が惜しむる露天風呂 
砂遊び友達が増え夏帽子 
夏の夜や夢の主役は誰なのか
取り合いし人懐かしきメロン食ふ 
夏帽のピンク眩しき君がいて 
向日葵の中にまぎれて夏帽子
指先のメロンに濡れて電話出ぬ
木下闇鳥の音やがて聞こえ来し 
メールにて訃報届きぬ蝉時雨
だっこひも中に埋もれる夏帽子 
ダンボール香り漂いメロンかな 
箱入りのプライド高ひマンゴ食ふ 
成長と一寸きつめの夏帽子 
半分こメロンを囲うスプーンかな 
初デートメロンのように甘い夏 
親の手も我が手も知らず仔蟷螂 
園庭の砂ただ夏の夜を待てり 
路地裏に暮らし聞こゆる夏の夜 
夏帽子結ぶリボンで彼を呼ぶ 
叶わぬこと溶かして青きソーダ水 
ドンと鳴り華やぐ空や夏の夜 
夏の夜や細切れるごと時計見て 
夏の夜の最後にするは水仕事 
去年より背丈伸びけり夏帽子 
風鈴が知らせる風や夕嵐 
妹待てばアガパンサスの首伸びる 
夏帽子青草一面駆け巡る 
うそつきがまこと言うなりスイカ割り 
夏帽子世界見たしと駆け出す子 
夏の夜心弾みし子等はしゃぐ 
夏帽子被れば吾も金田一 
ずんずんと砂利道行きて夏帽子 
夏の夜オーボエ吹くは雨男 
休日やメロンと聞きて姉に会い 
大川に拳銃捨てる夏の夜 
バーベキュー群れを離れて河光る 
虫たちが井戸端会議夏の夜 
そっちのけメロンよりスマホの子かな 
唐黍を並んで囓る投票日 
新月の如く切られしメロンかな
足指のこんなに自由夏の風邪
スカート押さへるか夏帽子押さへるか
肌焼くか髪潰れるか夏ぼうし 
網目から等しく香るメロンかな 
縁側に脱ぎ捨てたまま夏帽子 
そうめんのつゆなみなみと竹の節
お笑いの声は高らか夏の夜 
食べごろを聞いて購う(あがなう)メロンかな
絵団扇の笑ふ女を配らるる 
生意気が服着て坐せるメロン喰ふ
夏帽子九州男児に嫁ぐ友 
言い募るほどにメロンの網目かな
メロンよりスイカ食べやす子供説く 
メロン食い片付けをせぬ親であり 
無傷ではいられぬ世かなメロン切る
星へ鎌架けたるままや蝉の殻

2016夏ネット句会作者名発表

こんにちは、佐藤です
ネット句会への選句有難うございました
作者名を発表します

夏帽子転がる先に君がいる ゆうこ
幼稚園選びもせわしメロン食ふ たかゆき
ニュートンに蛍力学聞きたき夜 りてぃー
罪であり罰である愛遠花火 村蛙
夏の夜大三角形を指で引く ユッコ
カラコロと音高くたて夏の夜 ユッコ
熱風に揺れて小洒落て凌霄花(のうぜんか) クリーム  
滝割れて人が連なる道で待つ さとう
刈られけりわずか二輪の野朝顔 兎
暁に旅が惜しむる露天風呂 まつざわ
砂遊び友達が増え夏帽子 たかゆき
夏の夜や夢の主役は誰なのか ゆうこ
取り合いし人懐かしきメロン食ふ 若菜
夏帽のピンク眩しき君がいて さとう
向日葵の中にまぎれて夏帽子 ユッコ
指先のメロンに濡れて電話出ぬ まつざわ
木下闇鳥の音やがて聞こえ来し りてぃー
メールにて訃報届きぬ蝉時雨 ゆうこ
だっこひも中に埋もれる夏帽子 クリーム
ダンボール香り漂いメロンかな 彩
箱入りのプライド高ひマンゴ食ふ クリーム
成長と一寸きつめの夏帽子 彩
半分こメロンを囲うスプーンかな 彩
初デートメロンのように甘い夏 只野変哲
親の手も我が手も知らず仔蟷螂 りてぃー
園庭の砂ただ夏の夜を待てり たかゆき
路地裏に暮らし聞こゆる夏の夜 若菜
夏帽子結ぶリボンで彼を呼ぶ ユッコ
叶わぬこと溶かして青きソーダ水 若菜
ドンと鳴り華やぐ空や夏の夜 彩
夏の夜や細切れるごと時計見て まつざわ
夏の夜の最後にするは水仕事 さとう
去年より背丈伸びけり夏帽子 若菜
風鈴が知らせる風や夕嵐 只野変哲
妹待てばアガパンサスの首伸びる 兎
夏帽子青草一面駆け巡る たかゆき
うそつきがまこと言うなりスイカ割り さとう
夏帽子世界見たしと駆け出す子 若菜
夏の夜心弾みし子等はしゃぐ 彩
夏帽子被れば吾も金田一 兎
ずんずんと砂利道行きて夏帽子 りてぃー
夏の夜オーボエ吹くは雨男 村蛙
休日やメロンと聞きて姉に会い りてぃー
大川に拳銃捨てる夏の夜 兎
バーベキュー群れを離れて河光る まつざわ
虫たちが井戸端会議夏の夜 只野変哲
そっちのけメロンよりスマホの子かな 村蛙
唐黍を並んで囓る投票日 村蛙
新月の如く切られしメロンかな 兎
足指のこんなに自由夏の風邪 やまねぇ
スカート押さへるか夏帽子押さへるか やまねぇ
肌焼くか髪潰れるか夏ぼうし まつざわ
網目から等しく香るメロンかな クリーム
縁側に脱ぎ捨てたまま夏帽子 只野変哲
そうめんのつゆなみなみと竹の節 只野変哲
お笑いの声は高らか夏の夜 クリーム
食べごろを聞いて購う(あがなう)メロンかな ユッコ
絵団扇の笑ふ女を配らるる やまねぇ
生意気が服着て坐せるメロン喰ふ やまねぇ
夏帽子九州男児に嫁ぐ友 村蛙
言い募るほどにメロンの網目かな ゆうこ
メロンよりスイカ食べやす子供説く たかゆき
星へ鎌架けたるままや蝉の殻 やまねぇ
メロン食い片付けをせぬ親であり さとう
無傷ではいられぬ世かなメロン切る ゆうこ
星へ鎌架けたるままや蝉の殻 やまねぇ

2016年6月浮間船渡吟行

こんにちは、さとうです。
先日の吟行に参加してくれたみんなありがとう
選句結果をここに記します

むつきの会浮間公園吟行2016年6月12日
参加:村蛙 若菜 兎 あおい、さとう

村蛙
パラソルをずらり並べし太公望 ○さ
太陽をたまさかに恋ふ木下闇(こしたやみ) 若、兎

若菜
釣竿も静けき午後の昼寝かな ○あ、兎
紫陽花やもの言わぬ女(ひと)の風情にて ○兎
緑陰に父追いかくる子の歩み 兎
風も無く臨時休業夏風車 若、有
緑さす新米パパの初仕事 あ、有、若


つましくも額(がく)の飾(かざ)りは白(しろ)木綿(もめん) 若、さ
万緑や探鳥一点レンズ向け 葵、村
微動せぬ風車を吹くや南風 さ

あおい
新緑の浮間船渡で君思う さ

さとう
釣竿も風車も止まる夏はじめ ○若
高層のビル向く風車薄暑光 ○村
手つながず寄り添う二人夏きざす 若、兎、村
釣り人が持病の話旱(ひでり)梅雨(つゆ) 若
紫陽花に月並みダメと叱られる あ

16年四月ネット句会

こんにちは、さとうです。
遅くなってすみませんm(__)m
ネット句会を行います
自分の選んだ句以外から5句選んで
うち、一番いいと思った句の1句を特選として
特選のみ感想を述べてください

コメント欄に直接書き込んでください
5句全部感想書きたい人は
5句全部感想書いても構いません

締め切りは今月いっぱい、4月30日にします
締め切り後もコメントできるようにしてありますが
なるべく締め切りまでにコメントしてください

通りすがりの方の選句も大歓迎です!
一人でも多く選句してくれると嬉しいです。
よろしくお願いします

春分の日に選びたる夫のシャツ
前髪を切りたがる子や初桜
小旅行河津桜と桜えび 
桃と黄のコントラストに春想う
春寒し前に進める色を着る 
花を待つ木星はまだ月のそば
窓を開け刺さる風かな春寒し 
腕時計どこかに落とし余寒かな 
人麻呂忌水底の恨みこれからも 
人見れば 春一番に 身は一つ 
埋もれ木の桜ひとひら雪に落つ 
居酒屋のメニューは変わる冴え返る 
カルピスを温めてみる余寒かな
春寒しはよ仕舞いたし厚き服 
桜木の中に満ちている桜 
洗剤はミントの香り春めきぬ
春ショール鶴光のする浮気論  
二羽合わせ四十四(よよし)と囀る鳥の声 
春分も過ぎて辺りは暗くなる 
水の色鯉より深き余寒かな
僻地行くバス発車せり冴え返る 
桜追い水筒を空にして歩く 
囀りとつつく米つぶ絵におさめ 
囀りを集めて次の稚児世話に 
病院へ今年は行かぬ桜道 
亀鳴くや結婚記念日訪れる 
死に場所の桜求めて吉野山 
擦り切れた詩情の在り処桜餅
君居るや桜散る道土の下 
春寒しはよ仕舞いたし厚き服 
桜木の中に満ちている桜 
春寒し前に進める色を着る 
梅の香も知らずに猫はうずくまる 
地球儀の剥がれさうなりさへづれり 
囀りやおんなの騎手にひとだかり 
ふくらんだ蕾も縮む余寒かな
サンダルの履き違いある花見かな
囀りの中なる午後の駅舎かな
囀りが目覚まし時計日曜日 
囀りをカーテンの外あまた聞く 
役所行く道まっすぐや四月馬鹿 
落第か迷子になりし娘得る 
囀りや今静かなる洗濯機 
ホルマリンに揺るるものあり花の雨 
駆け出でて神隠しの子桜狩
風船と戯れ廻る娘声 
桜追い水筒を空にして歩く 
囀りをカーテンの外あまた聞く 
さへづりやクレパスは色移しあふ
花冷えや母の謝罪に妥協案 

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。