プロフィール

むつきの会

Author:むつきの会
俳句サークルむつきの会のブログ管理人のさとうです。
会のメンバー全員でパスワードを共有して活動しています。
俳句サークルむつきの会とは・・・

01年から活動している
30代が中心の俳句サークルです。
上級者もいますが、
どちらかというと初心者向けのサークルだと思います。

俳句という趣味は定年後にやる方が多く
その中で30代中心の会は貴重だとよく言われます。

二ヶ月に一回、日曜に神田にて定例句会と
年数回、首都圏の景色のいい場所で
吟行(景色を見て即興で句を作る)をしています。
ホームページもってます。
http://mutukinokai.jimdo.com/

興味のある方はameboss14@yahoo.co.jp(さとう)か
メールフォームhttp://form1.fc2.com/form/?id=493510まで
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

6月都電荒川線沿線吟行

都電荒川線吟行(荒川自然公園、荒川遊園、皇子山公園)
2017.6.18(日)
参加:兎、蛙、彩、空、遊草、よしなが、さとう
選句のみ参加:タケ


子らさみし回転木馬の止まる時 空


花も無き水は天から洩(も)れ落(お)つる タ
梅雨時は何処に眠る王子(おうじ)の弧(こ) ○兎、空
雨降るも一心不乱の太公望 タ


SLに燥ぐ夫を傘と待つ ○空、○蛙、兎、よ、さ
梅雨空に女王の名持つ赤一輪 ○遊、よ
曇天を照らす七色七変化 遊、蛙
ボス猿や皆も恐れるザ眼力 空


梅雨空へレトロ七色観覧車 遊、兎、よ
一時発都電あじさい行きの窓 ○よ、兎
紫陽花や汽車残りたる飛鳥山 タ
浮世絵を行く人ぞ知る茶屋の屋根 蛙

遊草
乗車券いつ買えるやら梅雨曇り ○さ、タ
巡り巡りて待ち人と合う山青葉 彩、さ
からっぽのプール潤い梅雨の雨 彩
土産屋のなき遊園地梅雨じめり 空
薔薇の駅降車ボタンを押しましょう さ

よしなが
梅雨空に浮ぶ紫陽花シャボン玉 ○タ、蛙
太陽へ届け歓声梅雨超えて ○彩
紫陽花とテニスボールがシャワー中 さ

さとう
滑り台ひとのいなくて梅雨に入る 遊
梅雨寒やカピバラみんな寄り添って 彩、兎、誠
一輪の凛としている桔梗かな 彩
梅雨寒や待ち人ついに現れて 蛙

スポンサーサイト

3月夢の島公園吟行選句結果

アップが遅くなってごめんなさい
3月の夢の島公園の吟行の選句結果です

俳句サークルむつきの会夢の島公園吟行
2017年3月12日
参加:村蛙、空、クリーム、蛙、兎、若菜、さとう

村蛙
どこまでも走れ地球を木の芽風 ○さ、若、兎
麗らかや第五福竜丸静か 空


若柴や風の始まるグラウンド ○村、○蛙、若
紅白の椿に空の高さかな 蛙
白梅や離れ小島の償却場 有

クリーム
愛犬も春のショールの若夫婦 ○若、空、蛙、
目移りは女性の性(さが)と黄水仙 兎
暖かさかき寄せ集め夢の島 さ


日常を裏からなぞる春の風 ○ク、村、兎
早春や服一枚を脱ぎ捨てて ク


春ぐずむ薄薔薇色(うすばらいろ)の雲の下 ク
苦吟見たら扇芭蕉よ風送れ 若
夢の島バナナを植えて庵せむ さ

若菜
幅合わぬ歩み揃へて春ぬくし 村、ク
春の空飛行機雲の分かちけり 空
シャボン玉吹く子の頬のピンク色 空
蟻ん子は仕事始めや長閑なり 蛙
遊ぶ子も背くらべたる花菜かな さ

さとう
約束をひとつ忘れて春寒し ○空、○兎、村、ク、蛙、若
一輪の欠けもなかりて胡蝶蘭 村
口説く隙なき女なり胡蝶蘭 兎

16年定例句会選句結果

2016年11月27日 定例句会 兼題なし(自由)
参加者:村蛙、兎、蛙、若菜、さとう
ネット投句&選句 たかゆき、やまねぇ、ユッコ

村蛙
天鵞絨(びろうど)の猫の手に似て柿落葉 蛙
枯野行く青年の皆太宰めき ◎や


秋空や補助輪はずす日の来たる 若、た
端ちぎれ虚空にはためく安全旗 た、ユ


秋雨や道行く人の肩細く 若、兎
これよりは後ろ振り向く師走かな ◎た、若、兎、さ
遠き日やむかご皮剥く母の指 た、や
霜月や柱の陰に太る月 貴

若菜
マフラーの中に呟く名前かな ◎蛙、◎村、◎さ、ユ
蜜柑の香里は達者と知らせけり ◎兎
寒晴れや行列長きバーガー屋 さ、や
冬晴れやメール使えぬ父の文 さ

さとう
忘年会家の都合で拒みます 若
家事やれと家族揉めあう寒日和 蛙

たかゆき
ミニSL乗る子も動く紅葉川 や

やまねぇ
誰も知らぬ野良猫の歳ひなたぼこ ◎若、蛙、村
逆上がりできるまでやるカーディガン ◎ユ、蛙
日向ぼこ涙に少しとろみある 村、ユ
水鳥のなくて映れる空の鳥 ユ

ユッコ
毛糸編む健気な女にはならず 兎、村
掌の菓子を溶かして眠しハロウィーン 兎
襟巻の色確かめる鏡の中 さ、や
突然に心波立つ虎落笛 た

16年夏ネット句会

こんにちは、さとうです。
ネット句会を行います
自分の選んだ句以外から5句選んで
うち、一番いいと思った句の1句を特選として
特選のみ感想を述べてください

コメント欄に直接書き込んでください
5句全部感想書きたい人は
5句全部感想書いても構いません

締め切りは8月26日(金)です。
締め切り後もコメントできるようにしてありますが
なるべく締め切りまでにコメントしてください

通りすがりの方の選句も大歓迎です!
一人でも多く選句してくれると嬉しいです。
よろしくお願いします

リスト
夏帽子転がる先に君がいる
幼稚園選びもせわしメロン食ふ 
ニュートンに蛍力学聞きたき夜 
罪であり罰である愛遠花火 
夏の夜大三角形を指で引く 
カラコロと音高くたて夏の夜 
熱風に揺れて小洒落て凌霄花(のうぜんか) 
滝割れて人が連なる道で待つ 
刈られけりわずか二輪の野朝顔 
暁に旅が惜しむる露天風呂 
砂遊び友達が増え夏帽子 
夏の夜や夢の主役は誰なのか
取り合いし人懐かしきメロン食ふ 
夏帽のピンク眩しき君がいて 
向日葵の中にまぎれて夏帽子
指先のメロンに濡れて電話出ぬ
木下闇鳥の音やがて聞こえ来し 
メールにて訃報届きぬ蝉時雨
だっこひも中に埋もれる夏帽子 
ダンボール香り漂いメロンかな 
箱入りのプライド高ひマンゴ食ふ 
成長と一寸きつめの夏帽子 
半分こメロンを囲うスプーンかな 
初デートメロンのように甘い夏 
親の手も我が手も知らず仔蟷螂 
園庭の砂ただ夏の夜を待てり 
路地裏に暮らし聞こゆる夏の夜 
夏帽子結ぶリボンで彼を呼ぶ 
叶わぬこと溶かして青きソーダ水 
ドンと鳴り華やぐ空や夏の夜 
夏の夜や細切れるごと時計見て 
夏の夜の最後にするは水仕事 
去年より背丈伸びけり夏帽子 
風鈴が知らせる風や夕嵐 
妹待てばアガパンサスの首伸びる 
夏帽子青草一面駆け巡る 
うそつきがまこと言うなりスイカ割り 
夏帽子世界見たしと駆け出す子 
夏の夜心弾みし子等はしゃぐ 
夏帽子被れば吾も金田一 
ずんずんと砂利道行きて夏帽子 
夏の夜オーボエ吹くは雨男 
休日やメロンと聞きて姉に会い 
大川に拳銃捨てる夏の夜 
バーベキュー群れを離れて河光る 
虫たちが井戸端会議夏の夜 
そっちのけメロンよりスマホの子かな 
唐黍を並んで囓る投票日 
新月の如く切られしメロンかな
足指のこんなに自由夏の風邪
スカート押さへるか夏帽子押さへるか
肌焼くか髪潰れるか夏ぼうし 
網目から等しく香るメロンかな 
縁側に脱ぎ捨てたまま夏帽子 
そうめんのつゆなみなみと竹の節
お笑いの声は高らか夏の夜 
食べごろを聞いて購う(あがなう)メロンかな
絵団扇の笑ふ女を配らるる 
生意気が服着て坐せるメロン喰ふ
夏帽子九州男児に嫁ぐ友 
言い募るほどにメロンの網目かな
メロンよりスイカ食べやす子供説く 
メロン食い片付けをせぬ親であり 
無傷ではいられぬ世かなメロン切る
星へ鎌架けたるままや蝉の殻

2016夏ネット句会作者名発表

こんにちは、佐藤です
ネット句会への選句有難うございました
作者名を発表します

夏帽子転がる先に君がいる ゆうこ
幼稚園選びもせわしメロン食ふ たかゆき
ニュートンに蛍力学聞きたき夜 りてぃー
罪であり罰である愛遠花火 村蛙
夏の夜大三角形を指で引く ユッコ
カラコロと音高くたて夏の夜 ユッコ
熱風に揺れて小洒落て凌霄花(のうぜんか) クリーム  
滝割れて人が連なる道で待つ さとう
刈られけりわずか二輪の野朝顔 兎
暁に旅が惜しむる露天風呂 まつざわ
砂遊び友達が増え夏帽子 たかゆき
夏の夜や夢の主役は誰なのか ゆうこ
取り合いし人懐かしきメロン食ふ 若菜
夏帽のピンク眩しき君がいて さとう
向日葵の中にまぎれて夏帽子 ユッコ
指先のメロンに濡れて電話出ぬ まつざわ
木下闇鳥の音やがて聞こえ来し りてぃー
メールにて訃報届きぬ蝉時雨 ゆうこ
だっこひも中に埋もれる夏帽子 クリーム
ダンボール香り漂いメロンかな 彩
箱入りのプライド高ひマンゴ食ふ クリーム
成長と一寸きつめの夏帽子 彩
半分こメロンを囲うスプーンかな 彩
初デートメロンのように甘い夏 只野変哲
親の手も我が手も知らず仔蟷螂 りてぃー
園庭の砂ただ夏の夜を待てり たかゆき
路地裏に暮らし聞こゆる夏の夜 若菜
夏帽子結ぶリボンで彼を呼ぶ ユッコ
叶わぬこと溶かして青きソーダ水 若菜
ドンと鳴り華やぐ空や夏の夜 彩
夏の夜や細切れるごと時計見て まつざわ
夏の夜の最後にするは水仕事 さとう
去年より背丈伸びけり夏帽子 若菜
風鈴が知らせる風や夕嵐 只野変哲
妹待てばアガパンサスの首伸びる 兎
夏帽子青草一面駆け巡る たかゆき
うそつきがまこと言うなりスイカ割り さとう
夏帽子世界見たしと駆け出す子 若菜
夏の夜心弾みし子等はしゃぐ 彩
夏帽子被れば吾も金田一 兎
ずんずんと砂利道行きて夏帽子 りてぃー
夏の夜オーボエ吹くは雨男 村蛙
休日やメロンと聞きて姉に会い りてぃー
大川に拳銃捨てる夏の夜 兎
バーベキュー群れを離れて河光る まつざわ
虫たちが井戸端会議夏の夜 只野変哲
そっちのけメロンよりスマホの子かな 村蛙
唐黍を並んで囓る投票日 村蛙
新月の如く切られしメロンかな 兎
足指のこんなに自由夏の風邪 やまねぇ
スカート押さへるか夏帽子押さへるか やまねぇ
肌焼くか髪潰れるか夏ぼうし まつざわ
網目から等しく香るメロンかな クリーム
縁側に脱ぎ捨てたまま夏帽子 只野変哲
そうめんのつゆなみなみと竹の節 只野変哲
お笑いの声は高らか夏の夜 クリーム
食べごろを聞いて購う(あがなう)メロンかな ユッコ
絵団扇の笑ふ女を配らるる やまねぇ
生意気が服着て坐せるメロン喰ふ やまねぇ
夏帽子九州男児に嫁ぐ友 村蛙
言い募るほどにメロンの網目かな ゆうこ
メロンよりスイカ食べやす子供説く たかゆき
星へ鎌架けたるままや蝉の殻 やまねぇ
メロン食い片付けをせぬ親であり さとう
無傷ではいられぬ世かなメロン切る ゆうこ
星へ鎌架けたるままや蝉の殻 やまねぇ

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE